« 心身とも疲れて | トップページ | 実るほど »

2016年10月12日 (水)

枯れ鬼灯

枯れ鬼灯(カレホウズキ)を作ってみた。

Img_0016


お盆の飾りに買った鬼灯を軒につるし、枯れたところで外に出して雨に打たせたら、鬼灯の外苞が洗われ繊維だけが残ってかごのようになり、中の赤い実が透けて見えるようになった。

自然界で、こうなるのは早くて十一月末であり、俳句の季語では冬である。

今回出来た枯れ鬼灯は園芸用で時期に合わせて出荷したため、中の赤い実が充分に成長しておらず、すこし味気ないのは仕方ないことである。

子供のころこの赤い実を上手に口の中で転がして、中身を吸出し小さな風船を作る子がいたので、真似をしてみたが一度として成功したことが無かった。

こういうものはかなりの根気とあせらない人でないと出来ないので、男の子にはほとんどいなかったが、良く熟れた赤い実はすこし酸味と甘味があって失敗と決まった瞬間、外の皮ごと噛み潰して食べたものである。

.

.

今年になってりんごの丸かじりが出来なくなった。

以前から歯医者には、「まだ齧られる?無理しなさんな」と言われていた。

それに対して、上の前歯でなく、下の前歯で齧っているからしばらくは大丈夫と言っていたが、ぐらぐらに揺れていた上の前歯がついに二本なくなり、入れ歯になったとたんだめになった。

男がいやおうなしに歳を思い知らされるのは、歯 目 臍下三寸と言われてきた。

筋肉は、最近流行のジムなどで鍛えれば復活するが、目、臍下三寸などは一度落ちればなかなか元には戻ることが出来ない。

特に歯にいたっては、復活と言うことは無理なので入れ歯ということになるが、どうしても紛い物といった感は免れずなかなか慣れないでいる。

「遠い将来オートファジーで再生するなんてことがありそうですかね?」と聞いたら「無いでしょう」とつれない返事。

もっともそれまで生きているわけ無いか。

|

« 心身とも疲れて | トップページ | 実るほど »

コメント

おばさま

まず歯医者にそうしたいと言う気が無いのでしょうね。
歯を抜いて、入れ歯をすれば簡単に金儲けが出来るので、、、
ところで、サメは次から次へと歯が生えてくるそうですが、人間はどこでそんな機能をなくしたのでしょう?
うらやましいかぎりです。

投稿: オラケタル | 2016年10月15日 (土) 21時48分

う ふ ふhappy01
実は私も歯科医院に行った時
先生にお尋ねしましたよ
Q 臓器は再生するのに
どうして歯は駄目なんでしょう
A そうだね  考えたこともなかったよ
それで終わりでしたがあるものを大切に
使わないと駄目だと思いました


投稿: おばさん | 2016年10月13日 (木) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/64339988

この記事へのトラックバック一覧です: 枯れ鬼灯:

« 心身とも疲れて | トップページ | 実るほど »