« 静岡は田舎 | トップページ | 小正月を前倒し? »

2017年1月 9日 (月)

はるひの陽だまり

Img_0014


真っ赤な椿は古典的な感じがし、ピンクの椿はやさしさを感じさせる。

山茶花と見間違うような咲き方だが、椿の特徴である花びらが全て一緒に落下する。

よく言われているが、江戸時代の武士は首がばっさりと落ちるのに似ていると、嫌ったそうだが、

椿の花が一重から八重になり、花の色もさまざまになったのは、することが無い無役の武家が改良して作り上げたものだといわれているのだから、言い伝えは根拠の無いものであろう。

.

.

今日は、昨日の寒さから一転して気温があがり、風も無いこともあって山の畑に集まったご同輩は、みんな上着を脱ぎ捨てて「暑い 暑い」を繰り返した。

こんな日和をすこし早いと思うが”春日(はるひ)の陽だまり”って言うんだろうな。

集まったメンバーは後期高齢者三名に前期高齢者一名。

今日の話題は、高齢者の区切りの変更であった。

「いまの若い人は気の毒だ、馬の先に人参をぶら下げられているみたいに、もう少しで追いつくかと思うと、人参はそのすこし先に行ってしまって、高齢者にしてくれないもんな、、、」

「そのうちばててしまう」という不安感から、今年金を貰っている高齢者に憎しみを持つのかもしれない。

世界中で問題化している、人種間の対立、宗教観の対立、資産格差の対立など、これからの政治家は緩和するのではなく、対立を煽ることで自分たちの勢力を拡大しようとしてのではないか、、、、、、等々。

およそ、春日の陽だまりに似つかわしくない話しで終始し、結論が出ないまま疲れて山を下る。

|

« 静岡は田舎 | トップページ | 小正月を前倒し? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/64742971

この記事へのトラックバック一覧です: はるひの陽だまり:

« 静岡は田舎 | トップページ | 小正月を前倒し? »