« ”餓鬼”のころのほうが | トップページ | 小寒に »

2017年1月 4日 (水)

白い山頂だけが

Img_0006


ここしばらく青空の多い天気が続いたためか、はたまた、中国あたりのPM2,5のためかは分からないが、空が霞んできた。

そんな状況のおりから春霞も簡単には喜べない昨今である。

しばらく家にこもっていたので、気晴らしをかねて近場の観光地である日本平に上がってみた。

行って見ると、こちらは正月気分がまだ残っているようで、久能山へ降りる、ロープウエイの駐車場が満杯のようで、入り口に付近だ規制が掛けられ、路上で立ち往生している車の列が見られた。

山頂から見た富士山は、裾のほうが濃い灰青色に染まり、空と同化したなかで、白い山頂だけが微かに浮かび上がると言った状況になっていた。

そして、例のごとく人ごみぎらいのわれわれは、早々に退却してきた。

.

.

Img_0001


朝刊のテレビ番組表の下に、静岡のマスコミ最大手、SBS放送の意見広告が載っていた。

自分が、いつもテレビの内容が面白くないと書いていたが、自分だけでなく多くの人がそう言っていたようで、そんな声が放送局に届いていたようだ。

このなかで、放送界全体の問題であろうが、炎上を恐れ、視聴率を意識するあまりと、と書いているが、自分の見たところそれは性格とはいえないと思う。

本当のところは、放送免許などを持ち出して、圧力をかけている政府自民党の顔を窺って批判的な番組を自主規制しているかでと思う。

NHKの籾井会長がいみじくも言った「政府がしようとしていることに反する放送は出来ない」が民放にも伝播しているのが大きな理由である。

江戸時代になって、発生した落語や歌舞伎は遠まわしながら幕府や権力者を虚仮にして、庶民の溜飲をさげさせてきたが、いまのテレビ番組からは風刺漫才などは一切見ることが出来なくなった。”

”知らしむべし 依らしむべからず”と、庶民を徹底して押さえ込んだ江戸時代においてさえそうだったのに、、、、、、、、、

|

« ”餓鬼”のころのほうが | トップページ | 小寒に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/64720926

この記事へのトラックバック一覧です: 白い山頂だけが:

« ”餓鬼”のころのほうが | トップページ | 小寒に »