« 青い空に映えて | トップページ | 様子見の河津桜 »

2017年1月20日 (金)

ふっくら

Img_0060


寒さに耐えるため毛を膨らませて体温を逃がさないようにしている雀をフクラスズメという。

このスズメの形に似せて、両側に羽のように飛び出しを作り、わかい娘盛りを初々しくみせた帯の締めかたを福良雀と、縁起のよい文字を当てて呼んでいる。

今日は大寒、一番寒さの厳しい時期と言うが、その言葉を裏切ることなく冷え込んでいた。

畑にやってきたツグミも寒かったようで、雀に似せて羽を立てて寒さをしのいでいたのだが、普段のすっきりした細身の体つきと違って、愛らしく見えたのは体系のせいであろう。

個人の好みと言ってしまえばそれまでだが、やはり、いまどきの痩せてばかりいる娘さんより、ふっくらぽんとした人のほうが可愛らしい。

なんていうと「○○ハラスメント」だなんて言われるのだろうか。

|

« 青い空に映えて | トップページ | 様子見の河津桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/64787932

この記事へのトラックバック一覧です: ふっくら:

« 青い空に映えて | トップページ | 様子見の河津桜 »