« 蜜を巡って | トップページ | 早起きは損 »

2017年2月 9日 (木)

田子の浦ゆ

Img_0049


田子の浦ゆ うちいでて見れば 

真白にぞ 富士の高嶺に雪ぞふりける   万葉集から

.

.

田子の港の入り口西側にある港公園の高台から写した富士山。

眼下にそのむかし、ヘドロ公害で話題になった田子港が静かにおさまっている。

製紙会社から吐き出された汚泥は、港の底に沈殿し昭和四十年代にそのあたりを通過したときには強烈な異臭がしており、よくこの辺りで、ご飯が食べられるものと驚いたものだった。

それから、四十年余、公害問題から環境を取り戻したこと、不況で製紙会社が規模を小さくしたことなどもあって、今では工場の煙突も煙が少なくなり、港も浚渫して往時の姿を取り戻してきたようだ。

|

« 蜜を巡って | トップページ | 早起きは損 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/64872581

この記事へのトラックバック一覧です: 田子の浦ゆ:

« 蜜を巡って | トップページ | 早起きは損 »