« 足が大きい | トップページ | 瓜田履 梨下冠 »

2017年2月23日 (木)

離れられない絆

Img_0045


鈴かけの実が葉の無い枝先で揺れていた。

寒冷前線が雲を一気に連れ去ったようで、午後になって晴れ上がった空の下、午前中閉じ込められて退屈した身にとって絶好の散歩日和になった。

例によって麻機沼周りの一周コースを歩けば、やはり午前中食べ物にありつけなかったスズメやカラスが水がまだ引かない田んぼに降り立って餌を探して歩き回っている。

そんななか昨夜来の雨風ばかりではないだろうけれど、風に揺すられて枝と実をつなぐ部分をよれよれにさせた鈴かけの実に哀れさを感じさせられた。

なかの種はとっくに弾き飛ばされたのか、まだ中にあるのかは知らないが、枝と実はなかなか離れられ難いようで、、、、、

卒業式も間近になって別れを惜しむ母子といった感じで見るのは、最後の孫が高校を卒業し、三月にどうなるかをすこし離れてみているためだろうか。

.

.

また例によってワイドショーは北朝鮮の暗殺劇を面白おかしく騒ぎ立てている。

どうも聞くところによると、日本が一番興味本位で騒ぎ立てているようで、、、、

もっと大事なことがあるはずなんだけど。と感じさせられるのだが、国民のレベルに合致しているのか、マスコミの意識が偏っているのか。

|

« 足が大きい | トップページ | 瓜田履 梨下冠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/64931148

この記事へのトラックバック一覧です: 離れられない絆:

« 足が大きい | トップページ | 瓜田履 梨下冠 »