« 雨を通して | トップページ | 春一番 »

2017年2月15日 (水)

カルガモのカップル

Img_2337


春の繁殖期を前にして、カルガモのカップルが出来つつある。

幸いにして雌の心を射止めたオスは、ほかのオスに取られまいとして後ろから離れようとはしない。

どこがどう良かったのかカメラから覗いていても、ほぼ同じ顔つきのニ羽。

最近は人間でもモノセックス化していて、どうしてあんななよなよした男がいいのか年寄りにはわからない。

男はかくあるべし、女は、、、と言う既成観念はもう通用しないようだ。

.

.

a今日のニュースによると、北朝鮮の元総書記の長男が白昼空港で暗殺されたとのことであった。

そして、その暗殺者は北朝鮮の金正恩総書記の指令を受けた人ではないかということだった。

かの国のことは、分からないことが多いが、金正恩はかって義叔父を死刑にしたこともあり、今回の義兄を殺害したとすれば、自分の今の座を誰にも渡したくないという強い意志の元に実行させたことになる。

人は強大な権力を得ると、周りがみんなその権力を奪取しようとする人のように見え始めるのは洋の東西を問わずむかしから見られてきたことである。

特に全体主義の国でおおくみられ、最近ではソ連のスターリンや中国の毛沢東なども、自分の周りの人々を多数殺して自分の地位を守ろうとしてきた。

その道筋に、若くして最高の地位に着いた金正恩がなったのは、不安で不安で疑心暗鬼の生活を送っている独裁者の悲しい性から来ているようだ。

かれは、これから先何人もの側近を殺し、周りが信用できないという孤独の生活から抜け出せない地獄の生活を死ぬまで続けなければならない”無間地獄”迷い込んでいくことになるだろう。

それにしても、スパイ大作戦みたいなことが、みんなの目の前で起きるというのはどういうこっちゃ。

|

« 雨を通して | トップページ | 春一番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/64898045

この記事へのトラックバック一覧です: カルガモのカップル:

« 雨を通して | トップページ | 春一番 »