« 春の知らせだが | トップページ | 元いたところを見上げて »

2017年3月29日 (水)

入念に化粧して

Img_0005


ひさしぶりに、キセキレイを裏の川で見た。

子供のころはセキレイというとこの鳥だとばかり思っていたが、静岡ではハクセキレイかセグロセキレイがほとんどで、キセキレイを見ることは稀である。

標高の違いか、土地柄の違いなのかよく分からないが、気温が温かくなったためか念入りに化粧をしていた。

セキレイはその尾を振って飛び回るところから、石叩きなんて呼ばれる地方もあるが、飛騨ではチンチンドリで通っており、いじめると「親死ぬ 子死ぬ 鍋も茶碗も割れてしまえ」と鳴いて呪うとか、火事になるとか言ってツバメ同様この鳥に手出しをするものがいなかった。

これは、ほかの土地でも同様な言い伝えがあることから、古来特別な目で見られていたのだろう。

そのためか、人を怖がるという風がなく一定の距離を保ちながら人の身近で飛び回っている。

.

.

自分の周りで、”てるみ”といえば、保育園か美容室にそんな名前のところがある。

今回の新聞記事になるまでそんな旅行会社があるとは知らなんだ。

それにしても、こんな無責任な会社がよくいままで存在していたもんだ。

この旅行会社に申し込んで海外に行っている旅行者が2,500人とか、、、、、帰ってくるのは自分の費用でと言われるとそれだけのお金を持っている人がいるのだろうか、見知らぬ国で言葉が通じるのだろうか、、、

自分も、初めての海外出張では、英語もろくに話せずスペイン語にいたっては挨拶と数を数えるだけしか知らずに、一人で放り出されたのだが現地で同級生が待ち受けていてくれたおかげでその夜の宿にスムースに行けた。

多分この会社の格安料金で行く人は何回か海外旅行を経験していることと思うが、こんなはた迷惑な会社の社長は破産した後、のうのうと暮らしていくのは、いくつかの倒産会社で目にしている。

|

« 春の知らせだが | トップページ | 元いたところを見上げて »

コメント

岡崎在住さま
スクープトラムのチッチャイやつですか、道理で自分には憶えの無い機械です。
STシリーズはたしか、スエーデンか何処かの外国産です。
そして、それを真似して作ったのがM9でしょう。
真似したさんでなくても日本の得意分野ですから、、、

投稿: オラケタル | 2017年4月 4日 (火) 22時02分

オラケタ様
同級生より、以下回答ありました。
<記>
ST=スクープトラムの事です。
写真のSTはST5Bで、ST8よりちょっと小型です。
一番小さいのがM5Nだったと記憶しています。
ST8より大きいのがあった。
それは、多分M9という名前のが一番大きいのだった。
一掬い10トンというやつ、国産だったような気がする、と思ったよ。

投稿: 岡崎在住 | 2017年4月 4日 (火) 20時02分

岡崎在住さま
信用金庫が道路より一段下がっていたのは、よく憶えていませんが、ひょっとしたらそのむかしあの家の下、市山の家のあった辺りに泥沼があったのですが、そこから道路のあった足りの斜面と関係しているのではないでしょうか。
ST8と言うのは、多分スクープトラムという土砂をすくう機械のことでしょう。
自分が見たスクープトラムと写真は一致しないのですが。

投稿: オラケタル | 2017年4月 3日 (月) 16時53分

その通り、本屋さんの隣が信用金庫さんやけど、
少し、一階が少し掘った感じの造りやったね。

写真は昭和60年ではのうて、50年とのことやさ。
ST8とかいう車両。よー判らんさな(笑)

https://www.fastpic.jp/viewer.php?file=0686456045.jpg

投稿: 岡崎在住 | 2017年4月 2日 (日) 22時33分

純さま
私の親父の写真、もう60年位前のものです。
当時は家に帰ると、股引にドテラというのが相場で、これから風呂に行くと言う格好ですね。

投稿: オラケタル | 2017年4月 2日 (日) 22時14分

岡崎在住さま
思い違いでなければ、巣之内本屋と信用金庫は同じ建物の中にありました。
そして、山口さんは隣の家です。鉾木さんのコンクリー土間に陳列棚は昭和32年からそのままです。それ以前は知りませんので、、、、

それから、写真は通称カブタンコと呼ばれた、マイナス370m坑口で写したものですが、機械は多分ジャンボと呼ばれた削岩機が二台付いたものとおもわれます。ただ、昭和60年だとすると、私が退職して六年後ですから、、、

投稿: オラケタル | 2017年4月 2日 (日) 22時11分

オラケタル 様
「余計な事ながら」メール有難うございました。
改めてメールさせて頂きます。

先日、前平T字路さんからメールがありました。
以下メール内容です
彼は岡住家の末っ子として生れましたが、長男は私と同級生でしたので、よく家にも入り込んでいました。
それで、生まれた直ぐの彼を抱いた記憶が有ります。岡住家の二階、黒い板の間の部屋だったような・・。

それに対する返歌でございます。

岡住様は、るいちゃんぱぱのブログに準主役として全精力を費やしておりますが、自身のブログは甚だ精細に欠けるものがあります。
因みに、岡住様の長男は、昭和36年卒ですね。
栃洞校史、役立っております。

この場をお借りしまして、オラケタル様、申し訳ございませんでした。
(追伸)
オラケタル様のお父様の写真いいなーと思いました。
ホロリとさせられました。

投稿: 純 | 2017年4月 2日 (日) 00時36分

そうそう鉾木のオジちゃんは有名やったな(笑)オバチャン共々、おもろい人やった気がするな。中に陳列棚があった気がしたけど、確かに品物の記憶はないな。
信用金庫は本屋さんの右やったかな?ちょっと、道路から下がった記憶があるけど勘違いかな?隣は山口欽也さんやったね。
同級生から、昭和50年初期の写真(鹿間付近)もらったでUPします。
https://www.fastpic.jp/viewer.php?file=2246712885.jpg

投稿: 岡崎在住 | 2017年4月 1日 (土) 22時03分

岡崎在住さま
写真を見ました。巣之内山のところがモルタル塗りの家だったのは、神岡信用金庫の支店になったときと違いますか。
あそこの事務員さん名前は知らなかったけれど美しい人だったように憶えています。
あのころ(昭和30年代はじめ)は栃洞に美人が多くて、思春期の自分にはまぶしい限りでした。
鉾木さんの家は何も商売していなかったように思います。一緒に風呂に入ったことはありませんが、うわさでは立派なものをもっていたとか、奥さんは肝っ玉母さんみたいで山菜採りが得意だったとかで憶えていますが。

投稿: オラケタル | 2017年4月 1日 (土) 16時35分

平成3年頃の前平やさ。
https://www.fastpic.jp/viewer.php?file=8770835339.jpg

巣之内さん宅がコンクリになった時、覚えとるよ。おぼろげやけどな。少年雑誌を買ったな。(笑)オランドコの兄貴は「漫画読みは字を覚えれるでエエんやぞ」とか言っておったな。(笑)

鉾木さんとこ、何かお店をやっとったんかな?セイイチ、セイコとかいうお子さんがおったね。

投稿: 岡崎在住 | 2017年4月 1日 (土) 13時26分

純さま
山〇郁〇さんは知っていますが、職場が違っていたため顔を知っているだけとおもいます。
二言三言交わした気もしていますが、、、、
もちろんその奥様は知らないのですが、その奥様と付き合いがあるということは、あなたの母ちゃんは私かそれ以上の年頃なんでしょうね。

投稿: オラケタル | 2017年3月31日 (金) 16時30分

返事有難うございました。
オランチの母ちゃんは山〇郁〇さんの奥様とも今でも
連絡を取り合っております。ペルーに派遣されたイクさん
ご存知でしょうか。不躾なメール失礼しました。

投稿: 純 | 2017年3月30日 (木) 21時44分

純さま
そうです。
彼とは鉱山高校の同期生であり、昭和42年からはおなじ栃洞坑内で同じボーリングと言う職種でした。
そんな関係で、ペルーへ行った時期、場所も違いますが、、、、

そういえば、昭和40年と41年にお互い結婚しましたが、呼んで呼ばれたのを思い出しました。

投稿: オラケタル | 2017年3月30日 (木) 21時22分

初めまして、るいちゃんぱぱからワープしてきました。
オランチの母ちゃんが、青〇務さんもたしかペルーへ
行ってたはずやよと申しておりました。
同級生とは青〇さんのことですか。

投稿: 純 | 2017年3月30日 (木) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/65082655

この記事へのトラックバック一覧です: 入念に化粧して:

« 春の知らせだが | トップページ | 元いたところを見上げて »