« いまじゃ~ | トップページ | 弾けるように »

2017年7月 2日 (日)

蜜が流れ出ても

Img_0076


今日もまた暑い一日であった。

しかし、暑いのは二の次であって、一番の脅威は湿気の強さにある。

蒸し蒸しとしたこの暑さは、生まれ故郷にはない気候だったので、極端に弱い。

これから先こうした天気がいつまで続くのかと思うと、まだ始まったばかりなのに憂鬱になってしまう。

今日も今日とて、運動不足解消とボケ防止をかねて、池ヶ谷の山に出かけて老人会談をしに出かけたが、ひとりだけ妙な動きをしているのがいたため話しを聞くと、「昨日の暑さでミツバチの巣箱の蝋が溶けて、蜜が外に流れ出てしまった」とのこと、、、であった。

そのため、今日は専門家を連れてきてどうしたらよいのか聞いているところだと言う。

それで、例の野次馬根性を丸出しにして行って見ると、ミツバチのほうも恐れをなしてか、巣箱の外に避難しているようで、巣箱の外側、特に出入り口付近は真っ黒になって群れていた。

入り口に小さな巣箱ではさぞかし暑いんだろうなってのが、見て取れた。

そこに所属するのかどうかは知らないが、そばの畑のキュウリの花にミツバチが来ていた。

そこの巣箱のミツバチだとすると巣箱がどんな状況になっても、花粉や蜜集めは続けなければならないようだ。

.

.

東京都議会選挙で都民ファストが大勝し、自民党が歴史的大敗を喫しているようだ。

確定ではないが、いままでの自民党都議会議員の横暴と政府の最近の強引さが加算されての不信任かもしれないが、あまりにも大きな変わりように一抹の心配さえしている。

とはいえ、反権力の自分にとっては強いものが負けるのは心地よいのだが、、、、、、、

|

« いまじゃ~ | トップページ | 弾けるように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/65486138

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜が流れ出ても:

« いまじゃ~ | トップページ | 弾けるように »