« ようやく梅雨明け | トップページ | できない »

2017年7月21日 (金)

とにかく暑かった

016


”梅雨明け十日”とはよく言ったもので、今が一番太陽を厳しいと思う時期なのかもしれない。

先日種をまいた夏レタスを裏の畑へ移植し、寒冷紗を上にかけて日よけとし、毎日水遣りをしているがなかなか元気を回復しないでいる。

そんななか、そばの庭ではデュランタの青い花が太陽の光を真っ向に受けて輝いている。さすがに南国生まれだけあって、こんな季節が好きなんだろうな。

.

.

小学校のほうは夏休みに入ったようで、テレビが報じていた。

こちとらは、この暑さに負けて、畑に一時間程度行ってくるだけで、引きこもっている。

この夏に入ってすでに熱中症で死者まで出ていると聞くと、山の集会にもおちおちと出かけて入られない。

先日床屋でも「子供のころは静岡でも三十度越えの日はあんましなかった」と言っていたが、寒暖計を見たわけでもないのではっきりしたことは分からない、と言う結論になった。

ただ、海から10kmくらい離れたこのあたりからでも、自転車をこいで海水浴に行ったものだと聞くと、今ほど暑くてはいくら子供でも行く気がしないだろう、と思う。

そして、”海水浴”ときくと、はじめて、富山の岩瀬浜に言ったことが思い出された。

山の中腹にある鉱山の社宅から、朝早く起きて、一里の道を歩いて降りてロコに乗り、高山線で富山駅までは順調だったが、それから海へ向かう岩瀬線が超満員、座るどこではもちろんなかったが一番の苦痛は大人の尻の間にはまって、押されるやら暑いやらで焦熱地獄を経験した。

浜について、高山の海の家で支度し、海岸までの砂浜がまた暑く草履で鍛えた足でも我慢がならなかった。

その後どうしたかは覚えていない。あの時何歳だったかも憶えていないが、とにかく暑かったのだけ、、、、、、

|

« ようやく梅雨明け | トップページ | できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/65563662

この記事へのトラックバック一覧です: とにかく暑かった:

« ようやく梅雨明け | トップページ | できない »