« コナギの花 | トップページ | 嫌われ者だが »

2017年9月 7日 (木)

睨みを利かせて

Img_0032


Img_0035田植えの遅い静岡でも稲の穂が色づいて黄色味を帯びてきた田んぼがあちこちに見受けられるようになってきた。

スズメなどの小鳥も一足先に新米の味見をしようと田んぼに舞い降り始めているようだ。

そんなことをさせじとばかり、従来は案山子を立てていたが無害なものと承知の小鳥には通用しなくなったのは、立てている人間は百も承知のこと、、、、

そこでもって知恵を絞ったのがトンビをまねたようなこの大凧。

羽根を広げた大きさは2mを越しているように見え、風を受けて高く飛び上がったり舞い降りたりを繰り返して小鳥を近づけさせないよう睨みを利かせている。

この方策も何時まで続くのか分からないが、ガスを爆発させるよりよっぽど優雅である。

|

« コナギの花 | トップページ | 嫌われ者だが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/65762903

この記事へのトラックバック一覧です: 睨みを利かせて:

« コナギの花 | トップページ | 嫌われ者だが »