« そっぽをむいて | トップページ | 紅白黄色の梅林 »

2018年2月 4日 (日)

柿のへた

Img_0001


へた残し 風吹き通す 枯木立

a朝から寒い風が吹きすさむ中、先日まで木の枝に残っていた残り柿が落ちてしまっていたことに気がついた。

柿に限らず蜜柑などもいくつか動物のために残しておくことを習慣にしている国は日本くらいらしい。

.

.

a今日は立春、先日ふるさとのお寺から送ってもらっていた「立秋大吉」のお札を玄関入ったところに貼り足した。

禅寺の風習だというが、なぜ、立春大吉なのか意味を考えたこともなかった。

ともかく、季節は今日を節目にして春に向かっている。

八十八夜も二百十日や二百二十日もこの日を基点にして数えた日なのだから、、、

|

« そっぽをむいて | トップページ | 紅白黄色の梅林 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/66353960

この記事へのトラックバック一覧です: 柿のへた:

« そっぽをむいて | トップページ | 紅白黄色の梅林 »