« 横綱を締めて | トップページ | 止められれば »

2018年4月23日 (月)

自分なりの百選を

Img_0155
山桜と桃が同時に咲く北国の春

桜の花も済んで野山にはいろんな草花が咲き乱れている。

”名花十友”と言う言葉がある。古代中国の曽端白と言う詩人が、沈丁花、蓮、菊、海棠、梅、芍薬など十種類の花に、それぞれに名前をつけて友としたことによる。

しかし、今の自分には沢山ある花から十種類だけに絞るのはとても難しい。それどころか季節ごとに選ぶのさえ、、、、、、である。

よく似たたとえかもしれないが、深田久弥が選んだ日本百名山というのがあるが、こちらのほうは百とまではいかないかもしれないが、自分の周りにもかなりの数の山がある。

そのほかにも、観光地百選や四国八十八箇所などよく似たものがあって、それを回るのを趣味としている人も居るが、ひねくれものの自分には、他人がその主観で決めたものを唯々諾々と従うのではなく、何で自分なりの”何とか百”を作らないのかと思う。

.

.やはり歳だと思い知らされるのは、旅行から帰って来てからの二~三日目である。

身体中がだるくて身の置き所が無い。

あっちへごろり、こっちへごろりとして過ごさなければ平常には戻れない。

耕運機など機械の運転は義弟がするので、鍬をもって畑のあちこちを動きまわるのだが、やはり、普段動いているようで動かさない筋肉があるようだ。

良いのか悪いのか判らないが、二~三日あとに反応が出ると言うのは、帰りの自動車運転がこの疲れのピークからずれていることであり、天はうまくしてくれている。

|

« 横綱を締めて | トップページ | 止められれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/66647092

この記事へのトラックバック一覧です: 自分なりの百選を:

« 横綱を締めて | トップページ | 止められれば »