« てるてる坊主のおかげ | トップページ | 入道雲がグルッと »

2018年6月19日 (火)

明け六つの鐘を聞きながら

Img_0053

明け六つの鐘を聞きながら朝風呂に入っている。

右前方下に北向き観音境内が有り、長湯で火照った身体をベンチにゆだねて、梵鐘の音を聞く、、、、ちょっと罰当たりかななんて考えながら。

昨夜は、別所温泉に”あわせて110歳”と言うコースで泊まったが、年齢を確かめられることが無かったので残念でもあり、当たり前のことなんだと悟らされた。

弟夫婦を含めていずれも150歳を超えているのだから、サバの読みようも無い。

それにしても料理の多さは半端ではない。

あわせて110歳がこんなに健啖家なのだろうか。少なくとも1/3近くは食べ残しそうになり、ここでも、「もったいない、もう少し食べようよ」という戦後の食糧難を経験しているやからは無理して胃の附に収める。

アルコールの量も同様に、、、、、、、、おかげで、眠りにつくまで腹が重かった。

|

« てるてる坊主のおかげ | トップページ | 入道雲がグルッと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/66850969

この記事へのトラックバック一覧です: 明け六つの鐘を聞きながら:

« てるてる坊主のおかげ | トップページ | 入道雲がグルッと »