« 網戸越しに | トップページ | 花ぞむかしの香に匂いける »

2018年8月20日 (月)

立ち居振る舞い

Img_0039


たぶんオタカラコウと思って見て来た。

富士山麓の小田貫湿原に咲いていた花だが、一本の茎にしたから順に黄色い花を咲きあげていく。

漢字では雄宝香と書き、華やかな花の色を黄金色に見立ててつけたようだ。

金運がつけばよいのだがこの花にはそんなご利益も無いようで、、、、

.

.

「要は歳をとったら立ち居振る舞いに気をつけろってことだよ」と声高にいう御仁がいた。

「歳をとるとね、自分では判らないけんど、足が上がってないんよ。そんでもって畳の縁にまでけつまづいてしまうんよ」

確かにそうだ。しかし、それが立ち居振る舞いとは思ってもいなかった。

「階段なんども上がり降りするときはつま先に目をやって、確かめながら歩かないと、骨を折って寝たきりになってしまうからな。そうなったらもうお仕舞いと思って覚悟することだね」

「歳をとったと感じ出したのは八十近くになってからだに、、、去年までなんとも無かったことが出来なくなり、次の年はもっと出来ない、段々下がりよ」

いちいち心当たりがある。この先段々下がりの階段を降りていくんだろうけれど、転んだらお終い、、、、もっともだ~  もっともだ。

|

« 網戸越しに | トップページ | 花ぞむかしの香に匂いける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/67077623

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち居振る舞い:

« 網戸越しに | トップページ | 花ぞむかしの香に匂いける »