« おしめり | トップページ | 小さい秋 »

2018年8月 7日 (火)

七夕飾りは厄除け?

Img_0008


笹の葉さらさら 軒端に揺れる、、、、

安倍川中流あたりでは、月遅れの七夕を祝うようで道の駅”真富士のさと”では七夕飾りが飾ってあった。

何時のころから丁度一ヶ月遅れになったかは知らないが、一般の七夕と違うのは短冊に願い事が書いてないように見受けたことである。

大人が作ったのでそうなったのかもしれないが、変わっているのは短冊に変わって紙垂れが幾つも付いていたことだった。

紙垂は”しで”と読み、時には四手などとも書かれているが、神を守る結界の意味もあることからこの屋敷を守ると言うことなんだろうか。

祇園祭が夏の疫病退治を祈願したように、このあたりでは七夕がその役目を負っているとしたら、、、、、

これは自分の勝手な解釈であるが、当たらずとも遠からんことと思っている。

.

.

a山の畑の老人会合、みかんの木の下で今日もカンカンガクガクとどうでも良い話に熱中する。

今日の話題にひとつに「県立病院の女医さんはいいねぇ」と言うのが有った。

自分を含めて五人中三人が入院経験があり、いずれも担当医師が女医さんだったことも関係しているのかもしれない。

決してスケベ根性ばかりでないのは、話しをよく聞いてくれる。物腰が柔らかいなどであった。

いま、東京医大で入試問題で女性が減点され、合格が難しくなっている問題があり、ほかの大学でも同様なことが有るやに報道されているが、そうした中で合格し医師免許を手にしたとしたら、男性医師よりもよほど優秀な人だといわざるを得ないことになる。

ときとして、パソコンの画面ばかりを見て患者の顔さえ見ないような男性医師がいる中で、入院を経験したことのない二人は「わしも女医さんに当たりたい」と、、、、、。

|

« おしめり | トップページ | 小さい秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/67031976

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕飾りは厄除け?:

« おしめり | トップページ | 小さい秋 »