« 枯れ薄の向こうに | トップページ | 真っ赤に燃えた »

2018年11月23日 (金)

天高く馬肥ゆる

Img_0015


今日十一月二十三日は勤労感謝の日であるが、もともとは宮中で行なわれた新嘗祭をもとにしている。

新嘗祭は、今年収穫された作物に感謝する意味で行なわれたものであり、西洋のハロウィンに匹敵する行事であるが、あんなに馬鹿騒ぎをしないところに日本の良さがある。

いま、自分の周りには山ほどの秋に収穫が集中している。

先日長野から持ち帰ったものとして、新米を始めリンゴや富有柿、キウイ、干し柿、サツマイモなどなど、、、、選り取り見取りといった状況にある。

それが、手の届くところに山ほどあるということは、果物好きの自分にとっては天国のような居心地であり、やみ雲に手を出すと ”天高く 馬肥ゆるの秋”を通り過ぎ、下手をすると糖尿病になりかねない状況かもしれない。

|

« 枯れ薄の向こうに | トップページ | 真っ赤に燃えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/67411492

この記事へのトラックバック一覧です: 天高く馬肥ゆる:

« 枯れ薄の向こうに | トップページ | 真っ赤に燃えた »