« あま~い団子 | トップページ | こんなもんさ »

2018年11月29日 (木)

さながらレントゲン写真

Img_0001


浅学のきわみというか八十歳も間近というのにことわざの「葦の髄から天井をのぞく」というのを「葦の髄から天のぞく」とばかり思っていた。

.

..

空の雲というものは、そのとき限りのものであり二度と再び同じ形のものは見ることが出来ない。

昨日、家の軒したから見かけた雲は、まるでレントゲン写真で写した手のひらのように見えた。

高層雲のためか形が崩れることも無くしばらくその状態が続いたので家の戻ってカメラを構えて写したが、そのあと急速に低い雲が入ってきて全てを覆い尽くしてしまった。

家と家との隙間からのぞく巨大なレントゲン写真は、”家の隙間から天のぞく”であり、それを覆い尽くした雲は下層雲は真相を隠すための幕引き雲だったのか、、、、と

|

« あま~い団子 | トップページ | こんなもんさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/67432648

この記事へのトラックバック一覧です: さながらレントゲン写真:

« あま~い団子 | トップページ | こんなもんさ »