« こんなもんさ | トップページ | 改まらない »

2018年12月 1日 (土)

長寿は平安だから

Img_0006


今日の静岡市内は市対抗、町対抗の駅伝大会で大賑わい。

いつも我々が集まっている山の畑の下を通過するとあって、交通規制が始まるすこし前にでかけた。

ここには毎年応援に来る人の顔ぶれが決まっているので自分も沿道に顔を出して応援することにしている。

予定に時間になるとまず白バイが二台露払いしていき、緊張がたかまりしばらくして、次々とランナーがゆるくカーブしている向こうから現れる。

この区間は最近中学女子の区間になり、カモシカのような足でかけていく、おもわず「贅肉の無い足ばっかり」と仲間内からうらやましそうな声が聞こえる、「おい、気をつけないとセクハラって言われるぜ!」と注意する声も、、、

10分とは立たないうちに全ての走者が走り去り、沿道の応援者それぞれに消え去っていく、、、、、なんだか、鵜飼舟を読んだ句を思い出してしまった。

.

.

今日十二月一日は自分の誕生日。男の平均寿命近くになっても特に悪いところも無く歩き回れるのは最高の幸せである。

高校同級生の2/3はすでに他界しており 便りは無いが何人かは病を抱えているという中で、いまだに特に悪いところが無いというのは 先祖から受け継いだ遺伝子がよかったせいばかりではないようだ。    

その中のひとつに長寿は長らく平安が続いたということであろう。

自分らが子供のころ、、、、昭和二十年代の男の平均寿命は五十歳代だったという。

”人生わずか五十年 下天の内に比ぶれば 夢まぼろしのごとくなり、、、”という謡曲の一節は信長が好んだことで有名だが、若者を大量の殺した戦争は、何百年も時代を遡らせしまった。

いままた、世界では自分の国優先を公言してはばからない指導者が次々と現れている中にあって、日本もその波に乗っかる形で憲法を変えて戦争の出来る国に戻したいという情勢が出来つつある。

長寿がめでたいということはその辺にあるのではないだろうか。

|

« こんなもんさ | トップページ | 改まらない »

コメント

おばさま
もうこの歳になると誕生日がめでたいとはおもえません。
毎年、今年も生き残ったが来年はどうかな?って思いだけです。
と、言って、エンディグノートを作るわけでも無し、ただうだうだと馬齢を重ねるのみ、、、覚悟は出来ていませんが、うだうだとしている間に出発してしまうんでしょうね。
それでもお祝いは素直に受けて、あしたの糧にします。

投稿: オラケタル | 2018年12月 3日 (月) 17時22分

お誕生日おめでとうございました
健康で家族と共に過ごせる時間がなによりだと
思います
年賀状が届くころになると訃報の知らせも・・・
同級生が減っていくのは寂しいものです

投稿: おばさん | 2018年12月 2日 (日) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/67439617

この記事へのトラックバック一覧です: 長寿は平安だから:

« こんなもんさ | トップページ | 改まらない »