« 冬至 | トップページ | 寂しい »

2018年12月25日 (火)

群雀

Img_0011


”群雀”雀が群れているさまを言う言葉だけだと思っていたら、そういう名前の花があり春の季語だという。

小鳥のほうから来た言葉なのに、、、、、、、、

午後の麻機田んぼは風もなく耕作放棄地に冬枯れのイネ科の草が茂っていた。

その一角に餌になる種を求めてスズメが数十羽群がっていた。

最近では競争相手のムクドリに体力負けをしてかなり数を減らしているとのことだが、さらに食物が減る時期を前にして少しでも腹を膨らませ体力を保持しておきたいと言う気持ちからであろうか、大集団を作っていた。

用心深い鳥のことだから、こんなに集まらなくても危険を察知する目はあるはずなのだが、人間が近寄るたびに過半数は飛び立って近くの電線まで避難する。

しかし、残りの何羽かは餌に未練があるようで、こちらの様子を窺いながらぎりぎりまで草むらから離れないでいる。

.

.

ジンゴベージンゴベーとクリスマスは去っていき、今年も後わずかになった。

娘たちが学校を卒業してから、クリスマスの行事は我が家から遠ざかっていき、半ば強制的に買わされたクリスマスケーキを捨てるようにして持ってきてくれた人も今ではいなくなって、普通の日になってから早幾年、、、、

今日は、仏壇の掃除を済ませ、正月を迎える準備の第一歩が始まった。

|

« 冬至 | トップページ | 寂しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群雀:

« 冬至 | トップページ | 寂しい »