« ふきのとう 初山菜 | トップページ | 当たりに候 »

2019年1月13日 (日)

陽気がよくて大凧舞わず

Img_0074

Img_0069


空は晴れているのに風はなく、小春日和のような天気は凧揚げには不向きである。

今日は”たこたこあがれIN富士山”の日である。

昨日その話しをしたら「ぜひ行きたい」というので「晴れて天気がよかったら」と言っていた。

朝九時過ぎて外に出てみると西のほうから黒い雲が出ていたので、どうしようかななんて考えていたら、「こちらは曇っていても向こうは分からないよ」というので「一か八かで行ってみるか」と出かけることにした。

富士宮市街地から12~3kmはなれた朝霧高原の一角根原の近くまで山頂部分が見え隠れしていた富士山は会場ではほとんど邪魔にならないくらい横に去って絶好のロケーションが広がっていた。

今日で、この催しを見に来たのは四回目になるが今までで一番過ごしやすい陽気であった。

しかし、主催者はしきりにマイクで「風がなくて、、、」と嘆き節を繰り返す。

子供はいつものように蛸の付いた糸を持って走り回り、恒例のどんどやきと餅を竹の先につけて焼こうとする人はいるが、大凧は舞い上がらず、、、、、痺れを切らして5km先の道の駅まで足を伸ばしたもの、そのまま帰ってきた。

|

« ふきのとう 初山菜 | トップページ | 当たりに候 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽気がよくて大凧舞わず:

« ふきのとう 初山菜 | トップページ | 当たりに候 »