« はるはあけぼの | トップページ | 柳は緑に »

2019年3月11日 (月)

春の競演

Img_0022


昨夜来の雨をもたらした雲が去ると急速に気温が上がってきた。

例によって山の畑に行くと草木が濡れて山道がまだ滑りやすいのにもかかわらず常連が集まって来て蕎麦の甘夏を食べながらの雑談になる。

足元には畠の邪魔をするオオイヌフグリ、姫踊子草、ホトケノザなどの雑草が一斉に花を咲かせて春の競演をえんじている。

今日ばかりはこちとらも機嫌が良いんでそのまま咲かせておこうか。

.

.

先日、浜岡の中電原子力発電所に視察に来た経団連会長が、「静岡の人は原発と原子爆弾を混同している」と述べたそうだ。

浜岡の原発は八年前福島の原発が津波による影響でメルトダウンを起こし、そのあと起きた水素爆発で放射能が福島県一帯に散らばかしたのを受けて、断層上に建設され、津波被害をもろに受けそうな状況下でストップをかけられていることから再開を望む要請をした中での発言であった。

原子力発電所が一度事故を起こせばその影響は計り知れないのはいまや日本の常識のはずだが、彼らには分かっていないようでいまだに、コマーシャルで原子力の必要性を訴えている。

おりしも、森友学園問題で渦中の人籠池夫妻が訴えていたのに、自分らは長い期間拘留されていたが、財務省の高級官僚はお咎め無しで終わっている。

”泥棒にも三分の利”と言うことわざがあり、籠池夫妻のしたことは悪質ではあることは言うまでもないが、福島原子力発電所の爆発でいまだに故郷を追われている人たちがいる一方で、その原因を作った人はのほほんと過ごしているのとよく似ているような気がする。

まだまだ続けたいがこれ以上いくと、、、、、、、、、

|

« はるはあけぼの | トップページ | 柳は緑に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の競演:

« はるはあけぼの | トップページ | 柳は緑に »