« 2019年3月 | トップページ

2019年4月15日 (月)

八十八夜が近づいて

Img_0001_4

やっとこの間まで濃い緑だった茶畑も一面萌黄色に染まった。

八十八夜も間近に迫ってその準備に自然も忙しいのだろう。

今年は、すこし生育が遅れているそうだが、それでも、、、、、、、

以前は、遅い霜に見舞われないよう、下が予想される夜は畠のあちこちで古タイヤを燃やすなどして、上空に煙幕を張ったものだが、自動的に換気扇が動くようになってから、農家の人たちもよるゆっくり寝られる日が増えたそうだ。

しかし、油断は禁物。安心に絶対はないのだから、、、、、、

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

名は体を表す?

Img_0002_4

満天星躑躅と書いてドウダンツツジというがいかにも凄い当て字をしたものだ。

スズランなどのように大きく口を開かない蕾のような白い花は可憐であり、秋は葉っぱが赤く色づくことから庭木などに使われ、身近なきである。

この花に、熊ん蜂が蜜を吸いに集まっていたが、この蜂も恐ろしげな名前の割にはおとなしく花蜂といわれる仲間である。

いずれも「名は体を表わす」という言葉とは裏腹の名前に迷惑しているのかも、、、、、そうそう、そういえば今日が誕生日の人、この花が誕生花だそうで可愛がってあげて、、、、、、

きょうは、川根までお土産用のお茶を買いに行ってきた。

有名な桜トンネルも落花盛んを通り越し花も疎ら葉桜の一歩手前という感じがして観光客も疎らとなり、哀れを誘う風景をきたしていた。

お茶屋さんも、改元に便乗し”さよなら平成”と”令和何とか”なんて名前のお茶をつくり、二杯の試飲煎茶を出してくれたが、その違いは薄味と濃い味くらいの差しかわからなかった。

それでも、便乗商法に乗っかって二種類をありがたく購入   

目出度し目出度し。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

おれおれ考

Img_0004

つつじはその美しさゆえか園芸品種にいたっては白から深紅まで数しれず種類が多い。

そのなかで、この花のように淡いピンクの花が好きである。

降らないと思っていた雨が午前中すこしづつ降り続け、花びらはもとより長く突き出た雌しべさえもぬらしていた機の成長に不可欠な葉っぱは良いにしても、花粉は濡れないほうが良い。

はてさて難儀なことである。

.

最近になって、特殊詐欺、いわゆる「オレオレ詐欺」による被害がまた増えていると言う。

高齢者の自分も何時ひっかるか分からない、、、、いや、お金が無いから多分大丈夫とは思っているが、、、、

それにしても、よほど巧妙なのか、手口をたびたび報道機関などで周知されていると思うのだが、それと同じ手口で引っかかっている。

そして、面白いと言ってはなんなんだが、「オレオレ詐欺」と言うように息子がお金のトラブルに巻き込まれたと言う電話に母親が騙される手口がほとんどのようで、娘からの「わたしわたし」と言ってかけてきた電話は聞いた事がない。

これは、電話をかける”カケコ”といわれる連中に女の人がいないせいかもしれないが、女の人はこの手の犯罪に加担しない理由でもあるのだろうか。

それとも、女の人に比べて男はすぐに親元に泣きつく傾向があり、母親が男の子に甘いためなのだろうか。

なんだか、息子が女々しくて、母親が男気があるとすれば、昔の男女関係が逆転してしまったような気がしてしまう。

この辺の回折を心理学者から聞きたいものである。

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

桜に鶯 ホーホケキョ

Img_0010_16

藤枝は朝比奈川端の桜並木のなかでウグイスが歌っていた。

昨日の雨で花びらをふるい落とした木の枝は見通しが良くなっていたので、啼いている場所を探してゆっくりと近づいていく。

ウグイスはまだ練習中と見えてそんなにうまくはないが、練習に熱中しているのか、居場所を突きとめようとしている人間に気がつかないようす。

と、一本の木の枝にいるのを見つけ、慎重に間をつめて写していると、ようやく気が付いた様子で、恥ずかしそうに木の下の藪にもぐりこんでしまった。

ホーホケキョを連発しているが、相手を見つけるころには俗に谷渡りと言われる”ケキョケキョケキョ”を連発できるまでにならなければ、、、と。

「梅に鶯」ならぬ「桜に鶯」はちと絵にならないが、むかし、ウグイスを上手に鳴かせるには傍に上手なウグイスをおいて、その鳴き声を聞かせるという話を聞いたことがある。

このウグイスも、近くで鳴いているウグイスと切磋琢磨しながら憶えていくのだろうか。

こんな小さな身体で、傍を流れるせせらぎに負けない美声をはりあげて、、、、、、

 

 

| | コメント (2)

2019年4月10日 (水)

花散らしの雨

Img_2775

 

各地で雪が降っているとの報道の中、ここ静岡は冷たい雨に打たれて花びららが地面に打ち落とされていた。

雨風が無くても花を散らす時期ではあるが、今日の冷たい雨は無慈悲である。

.

先日の静岡市長選挙は、現職が高齢な対立候補だったこともあってかろうじて当選した。

床や談義の中でその辺の事情を聞くと、生粋の静岡っ子が「よそ者の知事にいじめられて可哀想」と同情している人がかなりいたようだとのこと、、、、

同じよそ者の自分としては、大げさな身振りで話しはするもののまったく中身が無く、ほかの市や町長がまったく知事から文句を言われないのに静岡市長だけが貶されていることからも分かるだろうにと思うのだが、その辺が分からないみたいだ。

これからまた四年間彼がどんなことをするのかしないのか。

選挙演説の中であれこれ施設を作ると公約していたが、桜ヶ丘病院の移転や清水市庁舎などのように民意無視の無駄金を使うようでは、心配にはなる。

花散らしのの雨は、次の植物の芽生えを促す過程だが、、、、、、、、

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

春高楼の花の宴

Img_0010_15

春高楼の花の宴 巡るさかずき かげさして

 

気持ちのよい陽気に誘われて、十年以上くらいぶりに遠州は吉田の城へ行ってきた。

高台に立つこの城は細く曲がりくねった女坂を登らなければいけない場所だが、それだけに天守からの眺望は良い。

そのむかし、武田信玄が徳川家康と遠州を分け合った際、この地を城に改修し最前線の高天神城を支援した。

その後、遠州の支配を巡って高天神城や諏訪原城などを取ったり取れたりした城のひとつである。

そして、写真のような天守閣は当時どうだったのか分からないそうだが、馬場と思われる広場のサクラの下ではいまの人が桜の宴を開いていた。

 

むかしのひかり いまいずこ

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

霞みのかなた

Img_2833

 

急に暑くなって体の調子がいまひとつって感じがする。

気温は二十五度と夏日を示す、山の端は霞んでぼんやりと、、、もちろん富士山も霞のかなた、、、

昨日から始まっている静岡祭り、桜も満開という話しだったが出かける気がせず、山の畑でお茶を濁して帰ってくる。

午後は日課の昼寝をしたが、長寝し過ぎてさらに体がだるくなったので、床屋へ行くと、床屋の主人もだるそうなかおをしていて、いつものような床や談義もなかなか軽やかには行かない。

それでも、短く刈り上げた頭が春模様になり、、、、、、、、、、

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

清明

Img_0025

 

今日は暦の上では「清明」であり、啓蟄も過ぎて桜が咲き春爛漫と言った感じの時期に当たる。

それからぬか、昨日までの寒さも何処かへ去り、昨日まで来ていたパーカーでは暑く感じられ、急遽チョッキを取り出して羽織ってみた。

.

キンクロハジロ、カモの中では比較的小さなほうであるが、オスの白黒のパンダ模様が良く目立つので良く知られているカモである。

この時期になるとシベリヤのほうに帰って子育てをするため次第に数を減らしていく鳥であるが、その前にペアを組む相手を探しておかなくてはならない。

そのお見合いが成功したのかどうか分からないが麻機の遊水地にはこの二羽だけが残り静かに遊弋していた。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

花がまぶしい

Img_0021_1 

 

山吹の花びら。

日の光を跳ねとばし、花芯の存在を分からなくしてしまう。

実のひとつだに 無きぞかなし と言わせたのは、跳ね返した光のまぶしさによるものか??

 

カルロスゴーン氏が今日再逮捕されたと報道された。

人間の金銭欲は、どれだけあればとどまるのか。

報道のとおりだとするとその守銭奴振りには業の深さにおどろくばかりである。

しかし、このようなことに地検特捜部が総力を挙げて取り組んでいるのも異様な感じがする。

本来、特捜部といわれた機関は、政治家や高級官僚など権力の中枢を見張るために置かれた特殊機関では無かったのでは、、、、、。

それが、政治に対する忖度で国際的とはいえ、一企業の経理問題に首を突っ込んでという気がしてならない。

日本の政治家や高級官僚が汚職も裏工作もしない清廉潔白な機関になったとは到底思えないのだが、いつの間にか独裁国家なみにお上に盾つけない国になってしまったような気がしてならない。

 

花の光が強すぎてまぶしい~

 

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

サクラ

Img_0015_1

日本人が愛してやまない桜であるが、古来自然に分布してきた桜は数十種しかないのに対して、人工的に作られた園芸品種は二~三千種にもなるそうだ。

そして、古来から日本にある桜の代表格は山桜であろう。

花と葉っぱが同時に始まり、薄いピンクの花芯と茜色の葉っぱはなんともいえない美しさをかもし出している。

その山桜は、今山を駆け上り始めていて、安倍川上流部真富士の里周辺では標高にして300m以上に達し始めている。

(ちなみに、桜色と言うのは山桜の花びらの色だそうだ(四月四日の朝のテレビから)

 

昨日今日と朝夕底冷えのする花冷えのなか市会議員候補者の宣伝カーが大きな音をたてて演説を始めたが、飛び出してきたのは”サクラ”みたいなご婦人二~三人

                              わびしいね。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

カフェでお汁粉

Img_0008_6

 

静岡市公害の長尾川沿いのカフェからみたさくら。

外観は普通の住宅を改造したらしい雰囲気なので、店の前にある小さな看板に気がつかなけらば入らないと思う。

さくらを同じ高さに見るためか、テーブルは階段を登った二階、六畳間ほどのちいさな一室。

椅子は十脚ほどあるものの、そんなに座ったら身動きも出来ないのではないかと思われる。

娘が、何度も仲間といって顔見知りらしく案内してくれた。

「じいじは何にする?」って聞かれたので「お汁粉」といったら、「本当に?」っていう。

「正月以来だな」なんていいながら、ちいさな角餅が入ったお汁粉を楽しく食べた。

 

春の日差しは柔らかく、冷たい風も心地よく、、、、

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

明けの名月

Img_0002_2

 

まだ明けやらぬ空にかかる月例二十六日の月。

明けの明星ならぬ明けの名月と名付けたくなると思っていたら”有明月”というれっきとした名前がることを気づかされた。

光線の加減もあるのだが、朝日を受けて妙にアカっぽく見えたのでに写真に納めてみた。

.

.

今日四月一日は例年ならエイプリルフールとしてユーモアのある嘘なら付いてもよいことになっている。

それとあらぬか菅官房長官が三十年まえの小渕官房長官のそんぐり真似をしたかのように”永和”と言う額縁をあげて見せた。

来月からの新年号だと言うが、それがなかったら完全なエイプリルフールになってしまっていた、、、、いやそうなのかもしれない。

出典も万葉集からだと言うが、こちらも中国離れを意識したのか、、、それとも

とにかくしばらくは違和感を持って受け入れていくしかないと思うが、昭和十四年生まれの自分は年号では幾つになるのかますます分からなくなってしまう。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ