« 加茂荘花鳥園 | トップページ | エゴの木の花 »

2019年5月19日 (日)

手もみの実演

Img_0033

一番茶も一段落した今ごろは各地でお茶祭りを行い手もみ茶の実演即売会がある。

自分たちは、この時期になるといつも旧岡部町の玉露の里に行き、何がしか買ってくることにしている。

行ってみると、一回目を終え二回目の茶もみが始まった所で、蒸し揚げてまだ青々している葉を蒸篭の上でもみ始めていたが、その手つきはちょっと真似のできない手さばきであった。

両手ですくった茶葉を両手で持ち上げ、もやもやっと散らばかしながら撚りをかけていくのだが、その前段から見せてもらい、出来立てを三袋買って兄弟に送ることにした、、、、、、

.

.

最近世間を賑わしているのに各地の交通違反というか危険行為がある。

曰く、松本走り、名古屋走り、伊予の黄走り、山梨ルール、岡山ルールなどなどが有るそうで、それぞれの土地によって危険な走り方があるそうだ。

もともとは、その土地の道路事情や気質に由来するらしいが、ほかの人が走るから自分もということがその土地の習慣になっているようだ。

自分も故郷に帰るときはほとんど松本経由で行っているがまだそんな危険行為を目にしていないので、すべてがそうだとはいえないが、市役所の広報に載るくらいだから、街中ではかなりの頻度であるのだろう。

ただ、これらの走り方をされると他所から来たものには非常に迷惑なので、取締りをやって、少しでも減らしてもらいたいと思うのはよそ者たる由縁か。

そして、静岡はこれらの仲間になっていなかったので静岡ばかりではないのかもしれないが、静岡では方向指示器の出すタイミングが間違っていると言うことがあげられる。

右折、左折などをする前にブレーキーをかけ適度なスピードに落ちてからウインカーを点滅させる。

後ろを走っていたらなんでもない所でブレーキをかけてるので危うくて仕方がない。

ほかの人に理由を聞いたら「あまり早くから方向指示器を出すと田舎者と思われる」と言うことだった。

どうせ静岡なんて田舎ではないかと言ったが、岡山ルールもそれ以上でウインカーをつけないで右左折しないそうで恩何時理由だといっていたのには驚いた。

田舎者なぜ居直れないのか、そんなに都会人ぶってみた所で「俺って無い訛ってないべ」っていやあ、お郷が知れるよ。

|

« 加茂荘花鳥園 | トップページ | エゴの木の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加茂荘花鳥園 | トップページ | エゴの木の花 »