« タチアオイ | トップページ | 年寄りは »

2019年6月14日 (金)

合歓の木は

Img_0030_7 Img_0032_5  

ネムの木の花が朝早くから咲いていた。

大木になったネムノキは見ていないので、高さ四~五mのこの木は巨木のうちに入るのだと思うが、ピンクの化粧ブラシのような花をあちこちに咲かせていた。

ネムの木は漢字で合歓と書くのだが、合歓という字の意味は”共に喜ぶ””男女が床をひとつにする”と言う意味があり、どうしてこの字があてられたのか良くわからないところがある。

ただ、この木の葉はオジギソウと違って触られたくらいでは閉じないのだが、夕方になるとゆっくりと葉をたたんでいくところから眠りの木と言う意味でつけられたそうだ。

そうなると、写真の葉は五時過ぎに写したものだが、完全に開いているので、木の葉の目覚めは朝日が上がる四時半ころになるのだろうか。

どうやら、夏になると遅寝早起きで寝不足が続き、、、、、しんどいことだろうな。

 

|

« タチアオイ | トップページ | 年寄りは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タチアオイ | トップページ | 年寄りは »