« 鴻巣 | トップページ | 蛙の膝に »

2019年9月 9日 (月)

再度ジャガイモ掘り

Img_0024_20190910173101

金水引の花が咲いていた。

黄色い梅のように五弁の花びらとよく映える雌しべの形はいかにも日本人好みの花である。

ただ困ったことには、花のあとの実が引っ付き虫なので、あまり近寄りたくない草でもある。

 

白露を迎えた昨日の朝は自動車のフロントガラスは晴天の青空の下真っ白に露がついていた。

今回は義弟の身体であちこちからずいぶん悪そうだというので本人に電話して聞くとたいした事がないという返事。

一応この目で確かめようと出かけたついでに先日掘り残していたジャガイモを掘り上げようと二股掛けて出かけてみたのが六日だった。

日中は気温も三十度近くになり暑くてたまらないものの、夕方から気温も下がり、朝方の最低気温は十五度と静岡では考えられないほど低かった。

その気温も昼には三十度近くになると言うので、朝七時から畑に入ったものの、今度は先月刈ったとは思えないほど成長した雑草の刈り取りから始めなければならないのに、その雑草が露まみれで作業ズボンがたちまち濡れてしまった。

そんなこんなで、午前中は三時間、午後四時過ぎに再度一時間入って掘り出せたのは三畝でまた二畝を残してしまった。

 

八日、折からの台風情報で静岡直撃の様相もあり、雨量は400mmとかのテロップで、連れは早朝に変えることを希望し、まだ掘り残しに未練のある自分は慌てなくてもよいといったが、、、、、、、、

で、昼過ぎに静岡に着いたがその蒸し暑いこと、空は青空台風は何処にといった状態だった。

夜になっても風も雨量も少ないまま朝を迎えたが、予想より東側を通過した台風は伊豆半島が雨風を遮ってくれたおかげこのような結果になったようで、、、、、、、被災地には悪いがやれやれといったところ

 

それというのも、天気予報は台風15号が静岡直撃すると言う予報をテレビで流しており、連れが「早く帰らないと何処で足止めを食うか分からない」と心配しだしたからである。

15号はコンパクトながら雨風が強くて、東海地方では400mmもと言う予報であり、自分としては案外高をくくっているところもあったが、そこはそれ、”世の常人の常”で急いで帰ることにした。

結果的には台風は、直撃を免れ伊豆半島の東側を通過したそうで、雨風は少なくあっけなく終わってしまった。

 

|

« 鴻巣 | トップページ | 蛙の膝に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鴻巣 | トップページ | 蛙の膝に »