« 「こころ旅」を見て | トップページ | 窮屈 »

2020年5月 6日 (水)

レモンの花も咲いて

Img_3076-3

「レモンを摘んで行ってよ」と言われたので「そんじゃ二~三個もらっていくよ」と言って木のところに行ったら、すでに次の年のレモンの花が咲き出していた。

ハッサクや甘夏などの柑橘類の白い花が多い中でレモンは明るい紫の蕾が奇麗な花である。

五弁の花びらをそっくり返して大きな蕊から甘い香りを漂わせてミツバチを誘っている。

レモンはまだ五~六十個はついているが使い道を知らないので我が家の分二個とおすそ分けに三個もらってちっとも減ったようには見えない木を後にした。

 

昨日の立夏は暑かった。

夏日を上回ったそうで、家の中では肌着一枚で過ごした。

その影響で、夜は寝床の窓を少し開けて寝たが寝苦しかったのは、急激な暑さにまたしても身体がびっくりしていたためのようだ。

今年のゴールデンウイークは天気に恵まれ穏やかに晴れ上がった日が続いたが、こんなのを「無駄な日和」とでいうしかない。

ふるさとの同級生から久しぶりの電話があったが、「こっちはコロナ感染者が全然いないのに外出自粛とかで身動きが取れないので退屈のしっぱなしよ」と嘆き節。

見通しのきかない前途はそれ以上に長く感じるものだ。

 

|

« 「こころ旅」を見て | トップページ | 窮屈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「こころ旅」を見て | トップページ | 窮屈 »