« 朝が来た | トップページ | シシウド »

2020年8月11日 (火)

大外れの一日

P8110734-2

熱帯夜の夜が明け、明けの明星が中天より少し東に残っている時間に散歩に出た。

散歩道から久しぶりに真っ黒な富士が見え、気分的にはすがすがしい夜明けを演出していたが、実際は蒸し暑い夜明けであり、近所をぐるり一周してくると下着は汗で濡れていた。

 

今日は葉物野菜が欲しいというので、ドライブを兼ねて富士宮の方に出かけてみたが、行く先行く先で休業の張り紙が目立つ日であった。

それならばということで、小田貫湿原のハクサンフウロでも寄ってみたがここも希望に反してみることができない。

仕方ないので富士川沿いの蕎麦屋へ  これも外れ。

食事はどうするということになって東名サービスエリアに入ってでもと言ったら、富士宮のミルクランドの駐車場に東京や横浜ナンバーの車があまりにも多かったのでここも関東圏の車が多いからパスしようということになり、由比の桜エビの店へと向かったがここの店先には「おやすみ」でなく「売り物件」の紙。

ここしばらくのサクラエビ不漁が原因なのか、それともコロナの影響で客足が少なくなってのことか、、、

結局のところ我が家の近所の行きつけの店に戻ってきて遅い昼食になった。

午前、標高700mの田貫湖あたりですでに28度に達していたが、静岡に帰ってきた午後二時には車載の温度計は気温39度を示しており、外に出るとむかっ~とした熱気に包まれ風呂にいるのと同じような感覚になっている。

この暑さ、いつまで続くのやら、コロナと熱気の二重苦といったら外で仕事している人には申し訳ないが、暑さに弱い年寄りには堪える。

|

« 朝が来た | トップページ | シシウド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝が来た | トップページ | シシウド »