« 吾亦紅 | トップページ | 義理堅く十三夜 »

2021年10月17日 (日)

荒れほうだい

Img_0051-6

あさから細かい雨が降っていた。

本当に細かい雨で顔に掛かってようやく気付くくらいの雨なので濡れるというところまでいかない感じ。

山を歩いていて霧の中で遭遇するくらいだから、”湿度が強い”と言った位の感じだったので、傘も持たず散歩に出かけた。

資金家の周りでは遊水地の工事や水道管の漏水漏れに加えて大規模な地下排水管工事が行われており、あちこちの道路で通行止めが発生している。

そんな中での散歩だから勢い田んぼの中の農業用道路を歩くしかない。

こちらに来た40数年前はまだ麻畑は田んぼだらけだった。

しかし、次第にコメ余りもあって減反政策は年々厳しくなり、追い打ちをかけるように農家の高齢化もあって耕作地は放棄され荒れ始めた。

自分たちが畑にしている場所もそういうところだが、人に貸すことを嫌う農家もあって年々その面積が増えてきている。

写真の場所も3年前までは米が植えられていたが、いったん止めると田んぼはセイタカアワダチソウで埋め尽くされたちまちにして原野に戻ってしまう。

戦後の食糧難のころ、この土地を田んぼにしようと百姓の人が鋸や鎌で開き鍬で少しづつ切り開いて作ったそうだが、コメ余りに加えて泥炭化している土地の米は味がよくない。

いろいろと試したそうだが、、、、、、、、

 

 

|

« 吾亦紅 | トップページ | 義理堅く十三夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾亦紅 | トップページ | 義理堅く十三夜 »