« 大は兼ねない | トップページ | 一日も早く »

2021年10月12日 (火)

みんな靄の中

Img_0035-5_20211012202001

佐久平の朝はすべて霧の海にのみこまれて何も見えない。

昨日とまったビジネスホテルの七階からはその前日見えた浅間山の方向にカメラを向けてみたが、朝日がその霧を溶かすまですべては靄の中。

 

義弟の病気が思わしくなくなったのだが手術での治療ができないと言われ、これから二週間化学療法による治療のため入院するとのことだったので見舞いを兼ね入院まで付き添って行くため行ってきたのだが、入院前の検査に時間がかかり、暗闇での帰宅をあきらめ泊まることにした。

飛騨でも、飛騨市古川から高山にかけての盆地は、初冬になると毎日のように霧に飲み込まれるのだが、それに比べると、佐久の霧は早いように思う。

やはり気候の変化が影響しているのだろうか。

この霧を見ていたら、政治をはじめ新型コロナなど、いま日本は深い霧の中にとじこまれているのによく似ているような気がする。

とにかく、温かい太陽が霧を消し去るように、将来が見通せるといいんだが、、、、、はてさて!と

 

 

|

« 大は兼ねない | トップページ | 一日も早く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大は兼ねない | トップページ | 一日も早く »