« 二度あることは | トップページ | みんな靄の中 »

2021年10月 8日 (金)

大は兼ねない

Img_0070-3

「大は小を兼ねる」という言葉があるが世の中そうではないことを証明するかのように二台の重機が並んで土を掘っていた。

大きなショベルはトラックに土砂を積み込むためのものだが、小さな方は防水した川に入って基礎部分の幅1,5m幅ほどの土砂と三面張りをしていたコンクリートブロックを片付けていた。

この幅では大きなショベルではできない仕事である。

この工事は我が家の裏を流れる川の下流に作られている遊水地の拡張工事で、まだ未完成ながら効力を発揮し、以前には年に二~三回は道路まで上がっていた川の水も、ここ二年ほど一回も溢れるどころかかなり降った日でも1mほどしか増水しないでいる。

 

静岡県では、参議院議員の補欠選挙が始まって、三つ巴の戦いを繰り広げている。

投開票は10月24日になるのだが、いま政府は14日に衆議院を解散して総選挙を行うことにほぼ決まっている様子。

そうなると、選挙は10月31日になるそうで、静岡県民は2週続けて国政選挙をすることになりここしばらくはこんがらがって五月蠅い状況が続くことになりそうである。

そして、何よりも選挙費用がぼう大なものになることである。

補欠選挙のもとをただせば、県知事選挙にあるのだが、衆議院選挙が始まればそれこそ霞の彼方にといった負に気になるのかもしれない。

 

今日は寒露、それこそこの暑さの中では季節外れの感が強い一日である。

 

 

|

« 二度あることは | トップページ | みんな靄の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二度あることは | トップページ | みんな靄の中 »