« 運動代わりに | トップページ | うそさむい »

2021年12月17日 (金)

風花かと

Img_0054_20211217211101

昨夜来の雨もやみ、温かい日差しが戻ってきたのもつかの間だった。

午後になって買い物に出た帰り、風花かと思えるような白いものが強い風にあおられて飛び散った。

風花なら自動車のフロントなどにぶつかると溶けだして視界が悪くなるのだが、当たった瞬間すぐに飛び去って行く。

この白いものが直径3センチほどのものあってようやく気が付いたのは、葦の穂が風に吹きちぎられて舞いだしたものであることだった。

それにしてもこの風の強さは最近にないものなので、木枯らし一号だったのだろうか。

アメリカの竜巻には及ぶべきもないものだが、最近50年 100年に一度なんて災害があ起きているだけに、ちょっとしたことにも気になってしまう。

 

気になるといえば、「オミクロン株がすでに市中感染を引き起こしているのではないか!!」ということ。

国内的には今日の静岡県は感染者ゼロとなっているが、空港では21人の新規感染者が出ているという。

いま日本に入ってくる人は人数制限をしているはずであり、その数は3,500と思っているが、21/3500 だとすると相当に濃い数字であり、そのうちのかなりの割合でオミクロン株を持った人が入ってきていることになる。

おまけに、自宅待機中の人の中には友達などと接触する人もいて、それからの感染拡大はどこかで一気に噴出さないでもない。

イギリスやアメリカなどのように万単位新規患者が出ても苦にしない国もあるが、日本は第五波の時のでさえ大騒ぎをする国だから、、、、、、、、

 

 

 

|

« 運動代わりに | トップページ | うそさむい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動代わりに | トップページ | うそさむい »