« 重いコートが脱げない | トップページ | 春 遠からじ »

2022年1月20日 (木)

透かして見れば

Img_0038-6

”大寒”の言葉にふさわしいような朝を迎えた。

とはいっても静岡の寒さはたかが知れていて、最低気温が零度前後でよその地域と比べるとあったかい。

畠の貯水槽に張った氷も3㎜あるかどうか、それを壊さないように持ち上げ透かして見ると、厚さが不ぞろいなためや氷の出来具合が一様でないためこんな模様の写真が取れた。

一仕事を終え十時半にはきれいに溶けてしまっていた。

 

 

|

« 重いコートが脱げない | トップページ | 春 遠からじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重いコートが脱げない | トップページ | 春 遠からじ »