« 静々と | トップページ | 無念である »

2022年1月 2日 (日)

爺婆殺し

Img_0019-9

山の畑のそばに実る金柑。

名前のように金色に輝いている。

どんな種類なのかは知らないが、一般のキンカンに比べて一回りも二回りも大きいい。

毎年のようにたわわに実をつけるのだが、今期は特に多いようだ。

 

久しぶりに浜松に住む孫が訪ねてきた。

家による前にうちに来たそうで、「ここが一番落ち着く」なんて言われるとじいじとばあばは喜んでしまってあれも持って行けこれも、、、となんでも差し出してしまう

幼いころから、共働きの両親が忙しく、保育園の送り迎えや入院した時の付き添いなどもし、眠れないときは自動車に乗せて麻機周りを巡回して寝付かせたりなどかかわりが深かったせいもあってのことと思う。

浜津に就職してからは年に何回かしか来れなくなったが、。。。。

 

28歳になったのに見ているだけで目じりが下がる爺婆殺しである。

 

追:福井の大学に行っているもう一人の孫、早くから帰ってくると言っていたが年末の大雪情報で帰るのを断念したと言ってきた。

理由として、北はいいが福井に帰る際車が渋滞して立ち往生するのが怖いからだそうだ。

そういえば、昭和30年代飛騨から名古屋近辺の紡績工場に働きに出ていた子供たちが、正月の豪雪で記者が動かなくなり、職場に帰れなくなったことが度々あったのを思い出した。

今日福井の孫からメールがあり、「こんなんならかえればよかった」といってきたようだが、、、、、後悔先に立たずの典型か。

 

 

|

« 静々と | トップページ | 無念である »

コメント

岡崎在住さま

古い人情を持っている我々には親子兄弟と仲良くできることが一番。

武者小路実篤が書いたと言われる大量生産の皿には「仲良きことは、、、」あったが、だいぶ割れて今では2~3枚しかないように思うけど、、、、、

投稿: オラケタル | 2022年1月 3日 (月) 21時10分

浜松に就職されたお孫さんやったかね~。公務員だったような! ええお孫さんやわね! 羨ましいさな☺

投稿: 岡崎在住 | 2022年1月 2日 (日) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静々と | トップページ | 無念である »