« 青筋を立てて | トップページ | 大判小判が »

2022年5月21日 (土)

ドロップをもらって

P5180966-3

スイカズラの花が上下に大きく口を開けたように咲いていた。

スイカズラは吸葛と書くが、この大きく開いた口の状態から吸うという字があてはめられたとも考えられるが、一般にはこの花の付け根の蜜を吸うことからきている言われている。

咲き始めは花びらを白く開かせるが次第に黄色くなることから金銀花ともまた冬も少なくなってはいるが葉をつけていることから忍冬とも書かれている。

そして、忍冬は漢方薬としての名前でもあり、解毒 痛み止め 筋肉や関節痛などにも良いというが、まだ試したことはない。

とにかくなんにでも巻き付いて成長することから、外国では危険な外来植物としているところもあるそうだ

 

今日は朝から雨が降ったり止んだりの安定しない一日であったが、藤枝で手もみ茶の実演販売があると聞いて出かけてみた。

ここの手もみ茶は、販売価格がお手頃ということもあって、毎年のようにいっていたのだが、今朝からの雨でお茶摘みができなかったので中止となってしまった。

代わりに、大手の生命保険会社が血管年齢測定会をやっており、雨で客足の少なくなった人の呼び込みに精を出していた。

先日いつもコメントをしてくれる岡崎在住さんがやったというの聞いて、自分も試しにと思い席に座るとアンケート用紙に今の健康状態や住所などを書かされた後指を挟んで測定されたのだが、周りを若い女性に囲まれて散々もてはやされたこともあってか、血管年齢は実年齢より18歳若いという検査結果を示された。

18歳若いといっても、60代の血管年齢であり決して万全ではないことは分かっているが、周りの女性から「すごい すごい 」と連発されるとつい浮かれてしまう。

帰りに今からでもはいれる保険の説明書と缶入りサクマのドロップを景品の中から選んでもらう。

 

ドロップなんてひさしぶり、子供のころはこれを持っている人がうらやましくって、いつかは いつかはと思っていたものだったが、なんだか缶がやけに小さくなったような気がした。

ほんとうに小さくなったのか、こどもの目から見た時大きく見えたのか、

赤い粒を一つ 口に含みながら、、、、、儲けたような気分で帰路に就く。

 

 

|

« 青筋を立てて | トップページ | 大判小判が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青筋を立てて | トップページ | 大判小判が »