2017年9月20日 (水)

彼岸の入り

Img_0007


Img_0019今日は秋の彼岸の入り、砂糖で作ったお飾りと牡丹餅を仏壇に供えた。

彼岸が近くなると彼岸花が一斉に花開く、例によって畑のご同輩との話しの中で、その話が始まった。

「彼岸花はどうしてこの時期を正確に探り当てるのだろうか?」

その年によって暑かったり寒かったりするのだから、地面の温度はその年によって違うはずなので、地面には関係ないはず、、、、

「彼岸花は、花が咲いてから葉っぱが出てくるのだから、太陽は見ていないはずなんだよな」

どっからアンテナを出しておいて、日照時間が半日になったよって指令が出るんだろうね。

そこで、みんなで咲かせば間違ったって怖くないとこかあ~。

池ヶ谷の山坂にも草刈りの後急速に花を咲かせ畑のように花を咲かせた。

おりしも、一頭のアゲハチョウ。あちこちの花を訪問してじっとしていることが無い。

むかしから、蝶は死や霊ととの関係があるといわれ、土地によっては黒い蝶には仏が乗っているという話しさえある。

となると、花から花へと渡り歩く蝶は死者を弔っているのだろうか。

.

彼岸とはどんなところか、般若心経ではこういっている。

 ギャテーギャテー ハラギャテー ハラソーギャテー ボージソワカー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

三暑四涼

Img_0002


春先の気象を表す言葉に三寒四温というのがあるが、その伝で行くといまの時期は”三暑四涼”と言うべきか。

昨日今日とエアコンを使わずに済んだのだが、使い出したのは何時だったか、そして、朝から晩まで入れていたのはいつだったたか。

なんだかと遠いむかしのように感じてしまうのは老人性ボケの始まりか。

今日も川向の黄花コスモスにナミアゲハが来ていたが、尾羽打ち枯らした様子から老いが見て取れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

安全?

Img_0013


池ヶ谷の山のところどころが花で白くなっていた。

近寄ってみるまでも無く仙人草であることはわかっている。

一つ一つは直径1センチちょっとの大きさだが群れをなして咲いているため、木全体を白くしている。

と言って、仙人草は木ではなくつる草であり、成長の早さから高さ二~三メートル程度の木なら瞬く間に覆いつくしてしまう。

このつる草はクレマチスの仲間だと言うこともありかなり毒の強い草だというが、花は綺麗な上、つるも花のない時期は目だたない存在である。

と言うことで、金柑を覆っていたこの花は写真を写した後、根元はさみを入れて切断してきた。

ちなみに、この花の花言葉は「安全」「無事」だと言うが、どんな根拠を持って付けられたのだろうか。

.

.

Img_0021きょうも、午後からBSの番組を見ていた。

天体写真などを扱った写真が次から次へと出てくる写真であった。

星座さえろくに分からない自分だが、こういう番組は好きでよくみている。

よく天文学的数字といわれているが、太陽系でさえかなり想像を絶する距離であり、先年話題になったすぐ傍の小惑星探査でさえ何年もかかると言うに、一番近くの恒星は光の速さをもってしても4,3光年もかかると言う距離はm法では書ききれないほど0がつく距離である。

その星ぼしの数は近いものは一個一個であるが、遠くで輝くものはそれぞれが無数の星が集まった銀河であるとのこと、、、、、、

ここでむかしから疑問に思っていたのは、今一番遠くの星は135億光年先から光が届いている星であるという。

と言うことは、150億年前にビックバーンで散らばったとき、一気に150億光年ほどの広さに飛び散ったと言うことなるのではないだろうか。

どうしても、そんなに広がれるとは思えないのだが、とにかく天文の話しは、スケールがおきすぎて分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

頭かくして

Img_0001


リュウゼンカズラの花にすっぽりと埋まったようにして蜜を吸っているナミアゲハ。

よほど味が良いのか、頭を差し込んだまま動こうとはしない。

典型的な頭かくして状態である。

もしや、はまり込んだまま抜けなくなってしまったのかと、羽根に触れたらびっくりしたように飛び去ったが、天敵がいないのか、、、

いたとしたら、あまりにも無防備!

.

.

今日国会では加計学園がらみで、注目の人前川前文部次官が、そして、大阪府議会では籠池学園の籠池前理事長が参考人質疑を受けていた。

いずれも、安倍首相がらみの事案であるが、なかなか国民が「そうなんだ」と言って納得するには程遠い受け答えだったようだ。

その原因としては、与野党各党とも自分たちが想定している答えを引き出そうとしているだけという感がまぬかれなく、特に自民党の質問には失望してしてしまった。

そんなにも、安倍一強が怖いのだろうか。

それにしても、籠池前理事長の答弁を見ていて思ったのは、建設しようとした小学校以外にも、保育園などでかなり詐欺のようにして補助金を受け取ったことで刑事事件にまでなっているひとでありながら、前の国会での証人喚問や今回の府議会での応答をみていると、まるで正義の味方ではないかと思えるほどの話し方をしていた。

そんじょそこらの大臣よりよっぽど上手だと感心してしまった。

安倍首相も夫人を通じてお友達にしたかったことであろう。

いや、言ってはいないけれどお友達だった?????

.

.

おりから、安倍首相の御用新聞でさえが、支持率39%まで下がったと世論調査結果をだしたが、どんどん どんどん 転がる石は何処へ行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

そろそろ

Img_0016


もうすこしで親と変わらない大きさになった子供をつれてカルガモが流れを下っていく。

生まれてから二ヶ月に満たない子らをカラスや増水した流れから守り、ほとんど欠けることなくここまで育て上げた親は見ていても誇らしげに先頭を切っていく。

あと何日で子別れをするのか分からないが、子供の大きさから見るとそう先の話ではない。

いったん子別れをしたら、それぞれ赤の他人になるのはこれらの世界であり、人間のように義理だの人情だのとは言わないはず。

人間をはじめ、動物は高等と言われるにしたがってこういうものを身につけるようで、もっとも進化したと言われる人間においては、子離れが出来ない親や、いつまでもすねを齧る子供がいて、、、、、、、、

これが進化というのなら、この先どうなっていくのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

蜜が流れ出ても

Img_0076


今日もまた暑い一日であった。

しかし、暑いのは二の次であって、一番の脅威は湿気の強さにある。

蒸し蒸しとしたこの暑さは、生まれ故郷にはない気候だったので、極端に弱い。

これから先こうした天気がいつまで続くのかと思うと、まだ始まったばかりなのに憂鬱になってしまう。

今日も今日とて、運動不足解消とボケ防止をかねて、池ヶ谷の山に出かけて老人会談をしに出かけたが、ひとりだけ妙な動きをしているのがいたため話しを聞くと、「昨日の暑さでミツバチの巣箱の蝋が溶けて、蜜が外に流れ出てしまった」とのこと、、、であった。

そのため、今日は専門家を連れてきてどうしたらよいのか聞いているところだと言う。

それで、例の野次馬根性を丸出しにして行って見ると、ミツバチのほうも恐れをなしてか、巣箱の外に避難しているようで、巣箱の外側、特に出入り口付近は真っ黒になって群れていた。

入り口に小さな巣箱ではさぞかし暑いんだろうなってのが、見て取れた。

そこに所属するのかどうかは知らないが、そばの畑のキュウリの花にミツバチが来ていた。

そこの巣箱のミツバチだとすると巣箱がどんな状況になっても、花粉や蜜集めは続けなければならないようだ。

.

.

東京都議会選挙で都民ファストが大勝し、自民党が歴史的大敗を喫しているようだ。

確定ではないが、いままでの自民党都議会議員の横暴と政府の最近の強引さが加算されての不信任かもしれないが、あまりにも大きな変わりように一抹の心配さえしている。

とはいえ、反権力の自分にとっては強いものが負けるのは心地よいのだが、、、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

見た目は涼しいが

Img_0011


低く垂れ込めた雲の下、花菖蒲がまだ咲いていた。

縁取りを青くした花びらは涼しげだが湿気が強く、気温はかなり高いようで蒸し暑くてたまらない。

カメラのレンズに付いた水滴も早々にふき取らないとカビの原因にもなるが、汗ばんだ身体洗い流さないとカビてしまいそうな心地がする。

.

.

a昨日の静岡知事選はテレビでは分からなかったが、当選した現職知事は官舎だろうと思うが、地元静岡市では対立候補に敗れた。

原因としては自民党支部の反対候補者の応援もあったと思うが、最大のポイントは、知事が静岡市長をいじめたと言う印象があったことと思う。

そして、当選後そのことを反省したとも取れる発言をしていることから、本人も自覚していたようだ。

しかし、静岡市長は典型的な静岡人であり、自分の目から見るといじられやすい人であり、もし自分も同じ立場ならしているだろうなと思う。

つまり、しぞーか弁で言うなら「しょろしょろしてばっかり」といったところ、、

(だって、ほかの市長や町長でこれほどいじられた人はいないもんね)

とはいえ、知事も住んでいるところで敗れたのはなんとしても後味が悪いことであろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

デンデンムシも

Img_0090


ここしばらく雨らしい雨にあっていなかったのを埋め合わせするかのように大降りになった。

この雨の激しさに、デンデンムシも驚いたのか、タチアオイの花の中に逃げ込んでいた。

.

朝雨の降る中、畑に行ってここ三日間育っていたキュウリやトマトを傘さして収穫し、東海道本線、浜松静岡間が運転見合わせというテロップを見ていたときはまだ他人事だったが、午後になって激しく降り出すと大雨洪水注意報が出て裏の川の水かさが急速に上がってきて、道路が冠水し始めた。

午後二時、天気図からあと一時間以内に雨雲の主力が行き過ぎると見ていたが、念のため近くの高校に自動車を避難させた。

予想はたがわず、二時四十分過ぎに雨は小止みになって収束したが、あちこちで被害が出ているようだ。

人間の英知ぐらいでは、天候を左右することは出来ないが、もう少し柔らかい自然であって欲しいと願う。

おりしもアメリカトランプ大統領は、少しでも気候変動に歯止めをかけようとしたパリ協定から脱退し、アメリカ第一主義を唱えて世界の異端児となっている。

どうやら、人間の未来よりも当面の金儲けにしか目が行かないようだ。

,

,

今日は一日で一番日照時間の長い夏至であったが、空から降る雨は大要を隠してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

七変化ならぬ

P6080104


昨日は33,5度と全国一の気温を経験した静岡市。

その余韻は夜になってもおさまらず寝苦しい夜を迎えたが、野菜も同様だったと見えて、朝から萎れかかったキュウリやナスの水遣りに畑へ出かけなければならなかった。

今年は例年にない空梅雨のようで静岡市を流れる安倍川で瀬切れを起こしている。

瀬切れとは川の地表水がなくなる現象で、一部川床が高くなった場所で、水は川原の砂利の下を流れる現象で、冬の渇水期や八月の夏日照りが続くとおきるものだが、梅雨入りしたこの時期に瀬切れを起こしたことは、古老でも知らないと報道されていた。

こんな減少が続くと、今年の鮎に影響を与えること確実であろう。

近所のアジサイも雨に打たれて瑞々しい色の変化でなく、なんとなくかさかさした感じで七変化ならぬ二変化で終へようとしている。

.

.

おりしも、連れ合いの同級会が小諸で行なわれるのを機に、毎年ジャガイモの草取りと追い肥をしているので、四月に植えたジャガイモの様子を見に行こうと思っている。

体調は本復していると思うのだが、しばらく、身体を動かしていないし炎天下の作業も長時間と言うのはしていないので、試運転のつもりで行ってこようと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

枇杷の当たり年

aImg_0001


今年は枇杷の実の当たり年であった。

いつものように、ご同輩が集まるすぐ脇に枇杷の木が10本ばかしあって、小さいながら鈴なりになっている。

もともとは、カラスか何かが種を咥えてきて落としたものようで、誰も植えたという人がいないため、われわれの共有財産になっている。

無農薬、無肥料、おまけに味が濃い、なんていえば格好いいが、何も手入れすることもない枇杷だから、なりすぎて小粒になっている。

しかし、中には店に出しても良いような木が二~三本あり、これの木だけでも、20kgくらいにはなっていた。

そして、残りはカラスの分け前といってほったらかしにしていたが、時期が来たのかいま盛んに落果している。

カラスやヒヨドリもあまり来ている様子がないところを見ると、いいとこ取りの人間に反感を持っているのだろうか。

.

.

aむかし、家の近くにお菓子屋さんがあった。

それがすこし離れたところに移転して、大きくやっていたので成功しているのかなと思っていた。それが、三日前に突然破産したと新聞に出ていた。

なんでも、一時は十数店舗も店を出すまでに拡大していたそうで、近所にあった店もその支店のひとつだったようだが、わずか、三億円ほどで倒産と言うことになった。

老舗だったと言うが、菓子屋さんと言うのは資本と言うか基盤が脆弱なんだなと言うことを知った気がする。

報道によると、十年ほど前「アマンド娘」と言うヒット商品を出してから、次のものがなかなか開発できなかったことがジリ貧の原因ではないかと言っていた。

自分なりの感想であるが、静岡の人は日本人の特色である「熱しやすく冷めやすい」をさらに輪をかけているところがあるような気がする。

静岡に来た当時、会社の中であまりちやほやされるので仲間内に聞いてみたところ「なあに、次の人が入るまでのこと、、」と言われた。

戦後、みかん成金が生まれるほどヒットしたみかんも最近では活気がない。

お茶しかり、サッカーもJリーグが出来たころは、静岡出身の選手がわんさかといた。

一度成功するとすぐに胡坐をかくような気がするんだが、、、、

おかげで、こちとら楽ができているのかもしれないとおもうと、仇や疎かには出来ないのかも、、、、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧