2019年8月 5日 (月)

クマゼミ

Img_0007_20190805205201

突然傍のタラの木の中からクマゼミの声(?)が聞こえ出した。

シャリシャリシャリとすこし難聴の自分の耳にも痛く感じるような音が、、、、、

見れば、タラの鋭い棘のある幹に掴まっていたが、この棘は全然気にしていないようだ。

聞くところによるとクマゼミの分布は東海地方以南の太平洋岸にしかいないそうだが、、、、、、

そういえば、子供のころ聞いたのはミンミンゼミが夏の暑さを感じさせる蝉だったように覚えている、しかし、この蝉も頭の芯まで響かせる声の持ち主である。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

家庭菜園

Img_3730 

今年は日照不足で野菜の値段が高いとのことである。

ほかのものと違って食料品の値上がりは直接体に沁みる。

それを幾分でも補ってくれるのが家庭菜園だが、幸いなことには茄子以外はまずまずの出来でよろこんでいる。

暇つぶしと楽しみを両手に毎日畑に出向いているが、今日の収穫は途中で知り合いにおいてきたものの残りであるが、これだけあれば二人所帯には充分である。

 

最近、警察の不手際が増すk歩実を騒がしている。

容疑者を取り逃がすのはもとより、丸亀では生活安全科の警官が古物商を威嚇したり、東京の自動車道ではパトカーがバイクを意味もなく罵声を浴びせかけるなど、、、、

以前と違って、あちこちに防犯カメラやドライブレコーダーで撮影されているのが克明に映っていることから、以前は訴えてももみ消されるのがテレビ局に持ち込まれてしまう。

これらを集めれば、「警察24時」ならぬ「警察不祥事」で一番組が出来上がるかもしれない。

 

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

ヤマモモの実が落ちて

Img_0034_20190621211501

ヤマモモが真っ赤に熟れていた。

ピンポン玉よりはひと回り小さくイガの生えたような木の実は静岡に来てからの対面であった。

見た目には甘いような感じであるが、すこし渋みのある実で決して美味しいとはいえない。

そのせいもあってか、その木の下は落下した実で足の踏み場も無いほどである。

ヤマモモと言うが、桃の仲間ではなく、ヤマモモ科という独自の蚊を作っていて、花も房状の地味な花で、桃の花とは全然似ていない。

Img_0033_20190621211501

 

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

吹き寄せの富士

Img_0035 

昨夜来の雨も止んだが風が強い一日だった。

あさがた、朝焼けをしていた雲が箒で掃き寄せられるようにして東の空に向かっていった。

その先には富士山があり、雲は掃き寄せられるようにして積み重なり布団をかぶって朝を拒否しているようにも見えた。

.

.

今日の競馬中継は異常だった。

普段なら十頭立て以上で走るはずの馬がどのレースもかなり少なめにしか出走しておらず、寂しいかぎりであった。

何でも飼料の中に禁止薬物が混入していたとかで、百五十六頭とかが出走停止になったためという。

人間世界では、少しでも早く走るためとかで、筋肉増強剤などを取るなどもあったが、中には風邪薬など軽い薬の中にも入っていて、知らずに摂取してしまうこともあると聞く、、、、

今回の場合どうなのか知らないが、配合飼料を作る会社が原因だそうで、フアンもそうだが出走の準備をしていた馬主や厩舎などの被害は大変なものになりそうだ。

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

合歓の木は

Img_0030_7 Img_0032_5  

ネムの木の花が朝早くから咲いていた。

大木になったネムノキは見ていないので、高さ四~五mのこの木は巨木のうちに入るのだと思うが、ピンクの化粧ブラシのような花をあちこちに咲かせていた。

ネムの木は漢字で合歓と書くのだが、合歓という字の意味は”共に喜ぶ””男女が床をひとつにする”と言う意味があり、どうしてこの字があてられたのか良くわからないところがある。

ただ、この木の葉はオジギソウと違って触られたくらいでは閉じないのだが、夕方になるとゆっくりと葉をたたんでいくところから眠りの木と言う意味でつけられたそうだ。

そうなると、写真の葉は五時過ぎに写したものだが、完全に開いているので、木の葉の目覚めは朝日が上がる四時半ころになるのだろうか。

どうやら、夏になると遅寝早起きで寝不足が続き、、、、、しんどいことだろうな。

 

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

小満

Img_0039_1

今日は小満、陽気が良くなって万物の成長する気が天地に満ち始めるころという。

y山の若葉にも緑が濃くなり、季節の変わり目のひとつであるが、それを表すかのように昨夜来激しい雨に見舞われた。

我が家の近辺の降水量は分からないが、安倍川上流部では236mmも降ったそうだから、、、、、、、

裏の川も一気に水かさを増し道路を窺うような気配を見せていたが、道路すれすれまだ来て雨が小降りとなり、昼を境に雨が上がった。

それから三時間後まだ川の水は普段より大目ながら下の写真のように引いていった。

Img_0052_5

.

政府は今年一月から三月までの四半期のGDPが2,1%の増になったとし、昨年九月から連続して延びていると発表した。

その要因は輸入が輸出が減り、設備投資と個人消費が減ったものの輸入が大幅に減ったことが原因だそうだ。

実感なき好景気はこのようにして造られたいるのか。

昨年、厚生労働省のデーター改ざんもあることから、政府に都合の良い資料ばかりを選んだ恣意的なGDPではないのかと疑ってみるのは、なんでも都合の悪いことは隠してしまおうとする今までの姿勢からしようのないことであろう。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

風にゆらゆらと

Img_0127_3

昨日ほどでもなかったが、今日も暑かった。

連日の夏日は、身体に堪える。

そんななか、荒れ地に咲くヒナゲシが心を慰める。

すこしばかしの風になぶられてゆらゆらと薄い花びらをそよがせている様は、浮世の苦労に立ち向かうのではなく右に左にと受け流しているようにも見える。

若いころは、風に立ち向かうのが雄雄しく見えたものだが、雄雄しいとはやせ我慢であり骨身に沁みるものだった。

この歳になれば、足腰も衰え”風吹きゃ倒れるいのの爺”と言う悪態がそっくり自分に帰ってきているようだ。

この花、そんなに見栄えはしないが、中国では虞美人草と呼ばれスペインではアマポーラ、フランスではコクリコと呼ばれているそうだが、同じ名前の花の名がこんなにも使われているのは日本だけなのだろうか。

.

.

今日は、ちょっとした買い物で4kほど離れたホームセンターに行くことになりいつものように国一のバイパスに乗ったところ渋滞にはまってしまった。

これではならじとインターで降りようとしたところ、これまた本線上にまで渋滞がつながっていたため、もうひとつ先のインターで下りて逆戻りをして目的地に入った。

いつもは十分とはかからない目的地に三十分ほど、、、、げに恐ろしきは大型連休か

 

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

花橘も茶の香り

Img_0138_1

駿河路や 花橘も 茶の香り    ばせう

例によって年寄りがあつまる山の畑に一本の甘夏の巨樹があり、これからは暑い日差しを遮ってくれる大事な樹である。

今日五月二日は立春から数えて八十八日目であり、むかしから新茶の出回り始める時期になり、その香りで橘の花の香りをお茶に負けてしまうと言うことなのだろうか。

しかし、高齢化もあって山に植えられている茶の樹の手入れも出来なくなり、この樹の回りの茶の木は放棄されたうえ茶工場も傍にないところから、山の畑は馥郁としたかんきつ類のさわやかな香りが漂うのみである。

この花ももう少しすれば、落花し秋にはピンポン玉からソフトボール以上に育ってくれる。

去年は、裏年で数も少なかったが、今年は付き過ぎるくらいについている。

素人摘果が功をそうすれば、100kgを大きく超える収穫が出来そうだ。

 

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

筋肉痛

Img_2942

先ほどから腕が筋肉痛を起こしているようで痛い。

しばらく考えて、ようやく思い出したのが一昨日の竹の子掘りで20kgほどの竹の子を腕に抱きかかえて山から降りてきたせいであることに気がついた。

歳を取ると筋肉痛の出方が遅くなると言うが、そのとおり忘れたころにやってくる。

”雨後の竹の子”と言う言葉があるが、しばらくぶりに雨が降ったので、その合間に山の畑に集まる例の遊び人仲間がそろそろ出ているだろうから、「あそこへ行ってみよう」と言い出したのをきっかけにそこらにあって鍬を引っさげて竹林に入ると、まさに予想は的中、あちこちにすくすくと、、、、、

遅すぎたきらいはあったが、それぞれが抱えきれないほどの収穫になり、まだあるのだが運べないと言うことで断念し下山した。

それにしても、あの程度の荷物を山の中とはいえ筋肉痛が出るほど体が鈍ってきていることに驚くとともに、情けない思いがつよい。

仕事しているときには、モンケンという76,5kgの鉄の塊りさえ持ち上げたものだが、、、、、、

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

可愛い顔して

Img_0011_1 

 

三月も下旬になると暖かい日が続き、草花も一斉にほほえみだす。

静岡の桜も「開花宣言」と言う言葉も聞かないうちに咲き出したようで、新聞の開花状況を見ると各地で三分咲き、五分咲きなどと書いてあった。

河津桜や寒桜はもう花も散って葉桜になり、上ばかり見て肩こりのしそうな状況なので、下を見たらツタバウンランが咲いていた、差し渡し5ミリほどの小さな花ながら数集まれば目立つ存在になるのは、前にアップした雪柳も同様であるが、この花よく見ると上のほうの二枚の花びらが動物の耳に見えて可愛らしい顔をした犬か兎に見えてくる。

しかし、この草は名前からも分かるようにつる性の茎を持っていてほかの草にまぎれて繁殖範囲を広げる外来種特有の強い生命力を持っていて、なかなか絶えることがない。

ちなみに、花言葉は「遠い夢」と言うことだそうだが、、、、、、

| | コメント (0)

より以前の記事一覧