2019年11月 2日 (土)

ぼや~っと

Img_0003_20191102205101

霞める空と同化しそうな富士山。

我が家の近所からはぽかぽけとした陽気で寝ぼけたような山々の奥に淡く雪をかぶった富士山が見える。

この方向にあると知っているものでないと気づきにくい。

街中は大道芸が始まって混雑していることと思うが、その喧騒はこちらまで来ないし、連れへの差し入れも遠回りにはなるが三連休ということもあってか、スムースに行くことができる。

へんなもので、普段ならあまり言葉を交わさない夫婦でも、こんなときは案外しゃべるもんだと感心している。

病気のほうも、順調に回復しているようで身体につけられていたものが全て撤去され、トイレまでは行けるようになった。

そうなると、早く帰りたくてたまらないようだが、、、、

帰れば、また自分の身の回りが目に付いて口出しをし、それを「うるさい」とかえすことで口喧嘩が始まり、わが家の平和もつかの間のことになりそうだ。

今日の天気のようにぼや~っとしていれば一番なのだが、、、、、

| | コメント (2)

2019年11月 1日 (金)

ふさわしい

Img_0009_20191101212801

一番下の孫がひさしぶりに福井から帰ってきて、自分の家より先に我が家にやって来た。

「「じいじ これみやげ」と言って差し出したものの包装紙を破ってみたら、桐の箱に入ったいかにも高いぞうって言わんばかりの酒が出てきた。

「おう、ありがとうよ でもこれはどうしたんよ」って言ったら「いつもアルバイトに行っている店においてある酒で旨いいって評判の酒だよ」 んでもって土産にした。

「どんな酒でもよい父さんにはもったいないからね、、、」

じいじ ほろりと来たね。ちかごろ酒はもちろんビールさえ弱くなって飲まないんだけれど、これはガラスの小さなコップに注いで冷酒で飲むことにしよう。

誰にもやらないで、、、、だって、この孫が始めて買ってきてくれた酒なんだから。

連れが入院してがらんとした家、一人で飲むには甘口のこの酒、もっともふさわしい酒だと思ったのは孫馬鹿ちゃんりんかな?。

 

福井永平寺町、 九頭竜川のそばには古い酒造所があり、白龍と黒龍というよく似た名前の酒があるのは知ってたがまさか別のべつべつの酒造所だとは知らなかった。

 

 

 

| | コメント (2)

2019年10月13日 (日)

台風十九号

Img_0021_20191013210701

     増水した裏の川

「年をへし 糸の乱れの苦しさに 衣の館は ほころびにけり」

築五十年を越えた木造家屋はさすがにあちこちが傷んでいる。

昨日朝から降り出した雨は強い風を伴って横殴りにボロ家に襲い掛かり、昨年ここ辺りが怪しいと補修した隙を突いて壁から浸入した水が台所にポツポツと雫をたらす。

新聞を当てたり、タオルを当てたりと雨が収まるまで手当てをした。

雨の量はどのくらいだったのかは分からないが裏の川は清水港が満潮のころピークに達し、あと20センチくらいでコンクリート護岸を超えるくらいまで上がり、床下に水が入るところまできたが、台風の中心が下田に上陸したという七時ころにはピタッと風とともに収まってしまった。

気象庁描くところのコンパスで書いた円ではなく、雨は台風の前面で押されるように北上しているのがよく分かった。

それにしても、今日のテレビで見るように各地で氾濫した泥水から見れば些細なことだが、疲れてしまい早々に寝てしまった。

 

早く寝たせいか、年寄りは朝が早いのか四時半には目が覚め外を見ると雲がほとんど無い星空が見えた。

まさに”台風一過” 畑の野菜を見に行ったり、用心のため設えた台風対策をかたずけたり、雨漏り箇所の拭き掃除など、、、、三十度近い炎天での作業で今日もまた疲れた。

それにしても、泥水に浸った家々を見ると被災した高齢者がこの先どう生活の場を立て直すのかと思うと胸が痛むような気がする。

| | コメント (2)

2019年10月10日 (木)

今年最後の、、、

Img_0006_20191010210901

今年最後であろう月下美人の花が五輪咲いた。

強烈な台風が来る前に今年の総決算をするかのようにして、、、、、、

一昨夜は五輪、昨夜は七輪と名前のとおり月の下で花を開かせたが、今日は一面厚い雲の中に月は隠されている。

 

昨日から台風19号の話しで持ちっきりだったテレビも今朝はノーベル賞のニュースで朝から繰り返し放送され台風も霞んでいるかのような雰囲気であった。

しかし、自分らが住んでいるあたりに上陸しそうな台風は、大型で猛烈に強いそうなので、大きな被害を及ばすであ老ことは予想ができる。

台風が通過する十三日の朝をどんな風に迎えているのだろうか。

そのあとで、ノーベル賞のお祝いをすることにしよう。

| | コメント (2)

2019年9月10日 (火)

蛙の膝に

Img_0033_20190910210901

普通”台風一過”と言えば澄み切った秋の空の下涼風が吹く過ごしやすい一日を想像するが、今回はまったく違っている。

ここ二日の暑さ加減は異常といってよいほど暑い。

なんだか蒸し風呂にといってよいのか、長風呂をしすぎてボーっとしているような気分になっている。

そんなさなか、あまりの暑さに耐えかねてかアマガエルが陶器の蛙の左ひざに朝からじっとしていた。

アマガエルにとっては、陶器の蛙を同類と認識していたわけではなく、陶器の冷たさと膝元が陰になっていたことから選んだのだと思うが、、、、、、、

触って追い出すまでもないと思いそのままそっとしておいた。

 

夕方になって雷が鳴りひびき、七時すぎに雨が降り出したが、文字通り”焼け石に水”

| | コメント (0)

蛙の膝に

Img_0033_20190910210901

Img_0033_20190910210901 Img_0033_20190910210901

普通”台風一過”と言えば澄み切った秋の空の下涼風が吹く過ごしやすい一日を想像するが、今回はまったく違っている。

ここ二日の暑さ加減は異常といってよいほど暑い。

なんだか蒸し風呂にといってよいのか、長風呂をしすぎてボーっとしているような気分になっている。

そんなさなか、あまりの暑さに耐えかねてかアマガエルが陶器の蛙の左ひざに朝からじっとしていた。

アマガエルにとっては、陶器の蛙を同類と認識していたわけではなく、陶器の冷たさと膝元が陰になっていたことから選んだのだと思うが、、、、、、、

触って追い出すまでもないと思いそのままそっとしておいた。

 

夕方になって雷が鳴りひびき、七時すぎに雨が降り出したが、文字通り”焼け石に水”

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

メダカを飼いはじめた

Img_0074 

「飼っとると案外可愛いもんやぜ」といって先日弟から貰ったメダカ。

生まれて間もないやつを百匹ばかし持ってかえって二週間になるが、まだ一匹も死なずに育っている。

この間、指を入れてみたら何の警戒もしないで指をつついてきた。

弟はメダカを飼いはじめて五~六年かもっとになるので、何世代かにわたって買われているため、人を恐がらない遺伝子でもあるのかもしれない、と思いながら言われたとおり可愛げは増してくる。

何のとりえもない小魚と思っていたが、小さな水槽に密集していながら争うようなそぶりも見せずそれぞれが何の脈絡もなく干渉し会うことも無く優雅に泳いでいるのを見ていると、すぐに人間に置き換えてみてしまう。

 

先日来、何か仕残しているものがあるような気がしてならない。

それが何なのか全然見当がつかないためちょっとイラつき、気持ちが安定しないでいる。

越中八尾の盆踊りの歌の合いの手に#浮いたかひょうたん軽そに流れる 行く先や知らねどあの身になりたや。と言うのがある。

メダカを見ていると生殺与奪は人間に握られているものの、そのことを意に介しいないように見えてうらやましい気がしてしまう。

| | コメント (2)

2019年8月19日 (月)

サボテンの花

Img_0001_20190819211301

苦節十年、やっと家の庭に植えたサボテンが花をつけた。

本来ならこんなに掛からなかったはずだが、最初に植えたところが悪かったようだ。

というのは三年前日当たりの一番いいところに植え替えたのを機にサボテンは年々1メートル位の速さで伸び、今年初めての開花にもぎつけた。

花は、月下美人によく似ていて一夜花というところもおんなじである。

このあと年に何回か咲くのか、来年はどうなのかわからないのだが、親になった木は大きくなりすぎて切られたとか、、、、、、、、、

 

いま日本と韓国は最近居なく険悪となっていて、観光客も激減しているそうだ。

弥生時代というのは、朝鮮半島経由の人が入ってきて文化を作り上げて日本人の主体になったそうだから、二千年前には同族だったことになり、その前にいた縄文時代の人とは争ってきた形跡がほとんどないそうだから、今になって会い争う必要はないと思うのだが、、、、、

むかし言葉に「隣の貧乏鴨の味」と言うのがあるが、案外近所と言うことが根に持つ原因なのだろうか。

日本人から見ると韓国は日本に対して無茶の連続であり、韓国から見れば反省のない国にという刷り込みを政府、マスコミは煽っているような気がしてならない。

先日も、日本に在住している韓国の人と話す機会があったが、一般の人は反日ではないのだが、周りが許さないので意思表示がしにくいとのことであった。

ほかにもいろいろと新しい話しが聞けたので何時の日にか書いてみたいのだが、自分の意見を自由に言えないのは民主主義社会ではない。

そういう日本も、名古屋の展覧会などを見ると、近いうちにそうなりそうな気配は充分にあるのだが。

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

たまんないね

Img_0017_20190724210501

一気に梅雨が上がったようでじりじりと暑さが脳天を襲い耳の内外で蝉が啼きだした。

わかいころ、鉱山で使った鑿岩機と発破で痛めた耳はその後職業性難聴となり、高音から聞こえにくくなると同時に蝉が居ついているようで”ジィー”と言う音が静かになると聞こえてくるようになった。

 

人間は生まれ付いての地の気温に慣れてしまうと言う話しがあったが、自分の生まれて飛騨の山地は夏涼しく冬は雪に覆われてそんなに寒気の厳しくない土地柄だったので、暑さにはまったく弱い。

そのため今日のように真夏日を越えてくると実の置き場がないくらい辛い時期になる。

今年は、梅雨明けが遅かったためか、今日の暑さはきわめて身にしみる、、、これは自分だけではないようで、隣の家にきたヒヨドリも口をあけて体内の熱を逃がしているようだが、羽毛の上着を着ていたのでは、、、、

もう想像するだけで        たまんないね。

| | コメント (2)

2019年6月22日 (土)

クチナシの花は

Img_0035_20190622211001

今日は夏至。一年でいちばん昼時間が長い日だという。

あさからほんの少し感じられる程度の雨がつづき、その時間の長さを感じることが出来なかったが、関東地方の猛烈な雨のニュースを見ていると、こちらは上々の天気である。

先日来クチナシの花が咲いて、庭中に芳香というよりきつめの匂いをを撒き散らしている。

この花は麻機の田んぼの脇に咲いていたものだったが、八重の大きめの花がかなり目立っていた。

七~八年前まえになるか、遊水地として摂取されることに決まったとき枝を折って挿し木をしておいたものだった。

持ち主が誰かは知らなかったが、木を移転する気配も無かったので、手折ったのは10cmほどの枝葉を二本持ってきて鉢で育ててきたものだが、鉢から下ろしてから急に成長早まり今では背丈を越えるまでになってしまった

| | コメント (0)

より以前の記事一覧