2007年9月13日 (木)

辞め時ってのは

Img_0071 雨蛙が茎だけになったアレチノハナガサに思案顔で掴まっていた、カメラを向けると面倒くさそうに視線はそらすものの、その位置からは動かない。

もう繁殖期は済んだはずだから、そろそろ今年のねぐらについて考えているのだろうか。ちょうど、勤めをやめた後の我々のように、この先どうしようかと、、、

私も、最後の仕事は自営だし、後継者がいないのでどんなたたみ方がいいのか前から想定していたが、厚生年金の受給年齢に達していたのと仕事の量が薄くなったことで踏ん切りをつけられた。

勤め人には定年というものがあって、年齢でどんなに丈夫で働けたとしてもこの日でという決まりがあるので踏ん切りをつけるもつけないも、その時点までに考えなければならない。しかし、自営の場合、倒産したとき以外、その後をどうするのかは自分の判断で決めるしかなく、ずるずると時を過ごして辞めるに辞められない事態がきて、後悔している人がいる。本当に辞め時というのは難しい。

そういえば、パチンコ。これも辞め時の難しいゲームだね。何処が上限か分かる方法がないものかしら、、、、、、

,

今日は朝からテレビは安倍総理のことで騒ぎ立てている。

辞職の弁のひとつに、小沢委員長が会ってくれなかったというのがあったが、まるで子どものようだとか、第二次安倍内閣を組閣し、所信表明演説をした翌日に飽きた玩具を放り出すように捨てたお坊ちゃんだとか、日ごろ私が思っていたことを含めて国会議員やら、評論家といわれる人がテレビの中で、ワイワイガヤガヤとやっていた。

首相のしたことは、あまりにもでたらめなことだが、話をしている人を見ているといずれも、酒場のカウンターに並んで上司の悪口を言って喜んでいるサラリーマンのように見えたのは僻目だろうか。それこそ、テレビ関係をはじめマスコミに玩具を与えてしまったような感じがする。

首相は辞め時を間違えた、参院選惨敗で辞めいればもう少し評価が上がっただろうが、今後何時までたっても優柔不断な在職中の不祥事とともに、このことを言われ、再び芽が吹くことは無いと思う。

「運命の女神の後ろ髪は捉まえられない」ということわざがあるが、まだ若いだけに将来悔やむことがあるだろう。民主党の前原代表ともどもまた戦後生まれの代表は、その未熟さゆえにしばらくおあづけになるのかもしれない。

なにしろ、金銭感覚が麻痺し、自分の権益に汲々とし、国民の生活環境やどう思っているのかが分からない政治家は、これからも淘汰されていくしかないのだ。

,

今日の花。左、クコの花、 右、ホウヅキ、何れも薬草として使用される。

Img_0015 Img_0051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

留守の付けは庭に

Img_0076 8日の夜は岐阜で、九日は愛知で泊まり重ねて来たが、何れも夏の暑さは格別な所という意識があったので仕方ないと言う気持ちがあったが、静岡に来てからも同じような暑さが続く。

夏は夏らしい天気が続かないと良くない、と言われるが、しばらく留守にした付けが庭に出ている。”冬枯れ”という言葉があると同様に、水撒きをしなかった鉢物はしおたれ、”夏枯れ”の影響は深刻なようである。

昨夜は、遊水地で花火大会もあり、来ていた孫たちと見物に行ってきたがその帰り「あしたは早起きしてカブトムシ探しをしよう」と約束させられたが夜更かしが過ぎてか今朝ほどは目が流れてしまい起きられなかった。

ようやく10時過ぎに帽子を被って出かける孫のお供をした。案の定クヌギの木をを廻ってみたが何にもいない。

帰り道、小さな水溜りで目高取りをしようとタモを入れたら幾つかの目高とともになまずの稚魚が捕れた。はじめは、おたまじゃくしかと思って捨てようとしたくらいおたまじゃくしに似ている。

「おたまじゃくしは蛙の子 鯰の孫ではないわいな」って歌があるけど、髭がなきゃ区別がつかないほどである。「じいじ、髭があるよ。なまずだよ」ってんで、さらにかき混ぜたら五匹も獲得。意気揚々と家へもって帰った。

きっと明日、友達に「城北じいじん家で捕って来た」ってんで自慢するんだろうな。でも、餌が大変だよ。

.

先日、テレビを見ていたらタレントを交えた原爆討論会をやっていたが、その中で前によくテレビに出ていたケント ギルバードが「原爆にあったのは運命だ、、、」と言っていた。

アメリカの学校の教育では、原爆投下は「戦争を早く終わらせ犠牲者を少なくした」と言っているそうだが、上手な日本語を操り、最初の来日がモルモン教の宣教師とかと聞いたことがあるのでかなり日本人の気質を知っている人(知日家)かと思っていたが、やはり、アメリカ人だったのだなと思い知らされた。

「アメリカにも落とされてもそう思うか」という質問に「そう思う」と言っていたが、それでは、9,11の連続テロでは国中パニックになって、訳の分からない戦争を仕掛けたの何だったんだろう。「運命だ!」なんて悟りきった言葉が出る国とは思えないんだけど。

おたまじゃくしは蛙の子 鯰の孫ではないわいな

それがなにより証拠には いまに手が出る足が出る

.

今日の花。左、藪萩(ヤブハギ)盗人萩によく似ているが森の中で背丈も低く花も少ない、しかし、眼鏡状の実は同じようにくっつく。右、姥百合、花が咲くころには葉が枯れることから、姫が嫁に行くころには歯がなくなって乳母が姥になるという駄洒落みたいな説があるという。

Img_0015 Img_0059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

梅雨時の露草づくし

Img_0023_5 露草。今どきの野山で目立つ花のひとつだが、別に梅雨とは関係なく露が似合う花という意味らしい、そのため梅雨の季節が済んでも毎日毎日花を咲かせ続けている。

露草は、子どものころ女の子に人気があったように思う、花を集めてつぶすときれいな青色で水が染まりままごと遊びの道具にもなっていた。

この時代、露草といえばこれしかなかったが、最近では幾種類も露草の名前を使ったものが増えてきているようなので、調べてみたら今では野草化した感のある常盤露草はブラジルから、紫御殿はメキシコ、紫露草はイギリスが原産地だそうだ。

植物の世界ではグローバル化が進んで、立派な日本語の名前を持っていても、原産地が各国に散らばり、私どもの目に留まるころは日本語しか話せない二世三世の外人みたいになって、日本の風土に定着しきって鉢から路地へ、路地から山へと進出している。

しかし、露草にかぎって言えば、在来のもが一番愛嬌があってきれいに見えるのは、身びいきだけだろうか。

よく見ると、二枚の(本当は三枚だが、、)青い花びら、長く突き出したオシベ。奥まった所にある黄色いメシベは丁度なにかの顔と言った風情がある。

Img_0120 それに比べると常盤露草は白い花弁に白いオシベとメシベなんだか全体がボやっとした印象を受けるし、他の二種はいかにも目鼻立ちがはっきりして”園芸品種です!”とバタ臭い主張しているように感じる。

左、紫露草  右、紫御殿

Img_0019_7 Img_0009_7                 

そうそう、もうひとつ忘れていた。名前を丸葉露草(マルバツユクサ)というものがある。

Img_0017_9 一寸見には一番上の写真の露草と区別しにくいが、名前の通り葉が丸っこく緑色が一寸薄い所。そして、花が一段と小さくて、可憐に見える、しかし、これが案外の曲者で繁殖し始めると、駆除に大変だとのこと。

これは、本家も同様である。

今日は、静岡の清水さんの縁日なのか、午後から花火の音がドカンドーンと聞こえ、夜になって遠目ながらはじけたり、枝垂れたりする様子が見える。

昨日は、午後から家に来ていた孫と、去年の残りの線香花火で楽しんだが、いよいよ、花火が似合う季節になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

白山吹は実を付ける

Img_0034_4 七重八重 

花は咲けども 山吹の 

実のひとつだに

     なきぞ悲しき

この歌は、兼明親王の歌であるが、落語の”大田道灌”が世に広めたことで有名になった歌である。

山吹は、実を付けないか?、上の写真はシロヤマブキの実である。黒光りした可愛い実は何時までも枝からはなれず、葉が落ちてから奇妙に目立った存在になるから面白い。

Img_0031_1 しかし、花の時期になると、一見、山吹によく似た花と葉を付けるのでそんな名前が付いているが、よく見ると花びらは山吹の場合5枚なのに、シロヤマブキは4枚。葉の出かたも違うことで、別の種類と分かる。

結局は、な~んだで終わる話だが、花の名前は見た目でつけるため、同じ仲間でも違った種類の名がついたり、まったく関係ないのによく似た名前が付いたりと難しい

.

今日は「穀雨」という。雨が多くなり田畑が潤って穀物が発芽する季節に入ったことを意味するそうで、昨日出かけた相良町でも、早いところは田植えが済んで稲の苗が整列をし、そこここでかえるの合唱が始まっていた。

また、Img_0011_1 天気予報を見ていたら、ここ一週間はお日様が顔を出す日が少ないとのこと、こんな時期が一番植物の生育する時期なので、次の晴れ間にはまた緑の世界が一変、あちこちの茶畑では八十八夜にあわせて、年増の茶娘が手を激しく動かしているだろう。

昨日から、静岡の茶市場も取引が始まったそうだが、例年同様、ご祝儀相場とはいえ1kg8万8千円の値段が付いたお茶があったと聞く。そんなお茶はどんな味がするんだろう。

せいぜい気張った所で、100g二千円とといわれるお茶を農家から貰って(本当にロハ)飲むことがあるが、私たちではお湯の管理などが難しくて、さも美味そうに呑んで見せるが、よく分からないのが実態である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

近くば寄っては目にも見よ

Img_0065_5  米粒詰草(コメツブツメクサ)詰草はいわゆるクローバーとして古くから親しんできたが、この花は今日始めて知った。

道路の縁に小さな黄色い花が咲いているという認識はあったのだが、念のため写真にして調べてみたら、上のような名前だった。

アップにしてみると確かに詰草の格好に似た花である。しかし、花の大きさは2~3ミリがいいところ、色もこんなだし葉の格好は少し違う。とにかく細かい花が一面に広がっていなければ分からない存在であろう。

Img_0073_4 鎌倉時代の武士のように「や~や~ 遠からん者は音にも聞け、近くば寄っては目にも見よ、我こそは、、、、」とでも言わなければ分からない花は、左の「スズメノエンドウ」(左写真)も同様だが、全てのちっちゃい花は小さくても神様は手抜きすることなく花の美しさ、機能を充分に充たしている。

,

明治の初め、軍楽隊の音楽として入ってきた西洋音楽が大衆化され、宣伝広告のチンドン屋とかサーカスで使われた郷愁を誘い、物悲しい音楽にジンタというものがある。

語源は、ワルツのジンタッタ ジンタッタのリズムから来たと聞いた。

その代表が、空に囀る 鳥の声 峰より落ちる 滝の音、、、で始まる「美しき天然」であろう。この歌の最後に神の御手の尊しやとあるが、八百万の神を信仰し、草木、石にさえ精霊を感じる島国の民にとっては、こんな小さな花にさえ精魂を作って花さかせる神はただただ敬うべきものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

とにかくあったかい

Img_0059_2 あったかくなるとは言っていたが、本当にあったかくなった。

普段なら、「春とは名のみにて、、、」なんて書き出しで手紙を書かなきゃならないはずなのに、4月並みの気温だって、おかげで、梅は一斉に開いてしまって、山辺に咲く花は桜と見間違うばかりに艶やかに色づいている。

上の写真は、毛虫ではない柳の花なのである。銀色のネコネコオンボから黄色い小さな花を開かせている。

もうすぐは~るですね。なんて言っていると置いていかれそうなので慌てて咲き出したというカンジ~(このごろ物事をはっきりさせずに語尾にカンジ~というのを付けるのがはやり)

Img_0074_2 そして、家に帰ってくると、桜草に蜜蜂が蜜を集めにきていた。しかし、桜草という奴は色が綺麗だが蜜も花粉も少ないらしく、せっせとあちこちを訪問しているが足に花粉も付かないし、蜜も無いと見えてすぐに他の花に移っていく。

なんか、豪邸の立ち並ぶ所へ集金に来たのに、どこも手持ちの金が無いからと言って門前払いを食わされている、営業の人に見立ててしまった。

第一生命が今年もサラリーマン川柳の応募から百句を発表した。

これも、今では20回となり、その時その時の世相を反映した風物のひとつとして定着した感がある。

いずれも、そうそうとうなずいたり、くすっと笑わせたりしたものがあるなかで、一番共感できたのは「おれだって 診断結果は チョイ悪だ」であろうか。

しかし、サラリーマンとしたことに原因があるかと思われるが、家族や、社内のことばかりで世間に対する風刺が無いように思う。

そのため、その時かぎりの句が多く、さて去年のはどんなのだっけと印象が薄いものになる。

古川柳に「役人の子は にぎにぎを よく憶え」「泣き泣きも よい方を取る 形見分け」なんてのはいまだに使われているが、こんなのは何万にひとつなんだろうな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

四葉のクローバ

Img_0058_3 道端の青草の中足を踏み入れた年配の女の人が何か探していた。「なにしてるの?おとしものでも、、、」と聞くと「いえね、孫が昨日、四葉のクローバーを見つけると幸せになるって探したけど見つからなかったので、見つけてやろうと探してるだよ」とのこと。

「あったかね」「いやまんだひとつだけ、けんど探してるとあるもんだに、幸せもこんなに簡単に見つかるといいんだけんどさ」といって笑っていた。

今日は、気温も高くなるという予想だったが、午前中は雲が多く日が差さないためそれほど暖かい感じは無かった。やはり、太陽から直接来る輻射熱に勝るもの無い、気分まであったかくなる。

Img_0029_1 そこから少し行った先で、今度はジョウビタキが此方の様子をうかがっている、経済的排他空間に侵入させないように見張っている。

茎だけになったセイタカアワダチソウに両足を踏ん張り、そのいでたちは頭に銀色のしゃぐまを被り、胸から腹にかけてはオレンジ色、目から首背中へと黒く染め、羽に白い紋所をうってこちらを見ている。

なかなかダンデイな姿で、鳥の貴公子だという人もいるが、自分には鎧武者を想像する。

この鳥、縄張り意識が強いため、群れを作るということは無い、以前、山でトラックを駐車させ昼弁当を食べてていたら、サイドミラーに映る自分を侵入者と間違え何回も攻撃を加えていた。

小さな声でヒッ ヒッ ヒッと威嚇しながら、飛び来たっては突付くが、鏡の中のジョウビタキも同じ行動を繰り返すので、困惑している様子が見えて面白かった。

しかし、つぐみ科のこの鳥もあと少しで、北の国に帰り繁殖するそうで見かけることが出来るのもあと少し、送別会でもしてやろうかと言ったら飛び去った

孤高の貴公子は、そんな招待を受け付けんもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

冬ここに至れり

Img_0105_1  今日は冬至である。当然のことながら自分のところではお日様が朝寝坊している。昨夜あんなに早く寝たのに、、、、年末も迫って疲れているんだろうな、雲の厚い布団にくるまって何時までも起きてこない。

「おおい、朝だよ。何時までもぐずぐずしてると眼が流れてしまうよ」って、そのうち「まだかい、早ようせんと遅れるがな、、」「なんに遅れる?」半分夢の中で聞いているんだろうな。

先日、早起き(といっても日の出が遅くなって七時近くでないと顔を出さない)して、旭日を拝もうと出かけてみた。

「朝日を拝もうなんて、年だね」と心につぶやいて、、、外は放射冷却で冷え込んでいる。まぶしい太陽が少し顔を出した所で振り返れば、道路上に足長おじさんが仰向けに寝そべっていた、長い長い道路の上に足の長い長いおじさんが、何も語らず、、、。

Img_0043 早いもので先日つけた朝鮮漬けが漬かり始めた。(写真は漬け込んだときのもの)

今年は、白菜が安く手に入ったので、少し多めに漬けてみたが暖かい静岡では、すぐに発酵して酢っぱ味が出てくるので、一月前半までに食べきらなければならないだろう。

雪国は冬になると農作業も屋内で出来るものしかなくなり、行動の自由を奪われるので囲炉裏やストーブ、炬燵を囲んで話しの花を咲かすのが日課となり、今日はあの家,明日はこの家と渡り歩いて酒の肴に漬物を賞味しながら語り合う。

女の人は当たり障りのない世間話や料理の話しが多いが、男同士になると政治や仕事の話から下ネタまで広範囲におよび、耳学問まで入り混じると口角泡を飛ばす状態になり、皆いっぱしの弁士になってしまう。

こうした付き合いを自分たちは”漬物文化”といっていたが、この漬物文化に一番遅く入ってきたのが朝鮮漬けだと思う。

これを始めて漬けだしたのは、昭和30年代朝鮮から戦争中に徴用されてきた人たちに習ったもので、いまのキムチのようにゴタゴタと何でも入れると言うものではなかった。そのため自分ではいまだに朝鮮漬けと呼んでいる。

日本は、先日も書いたが”葷酒山門に入らず”を守ってかニンニクの匂いを嫌う風習があったが、朝鮮ではニンニクを多用している。

仏教と儒教のちがいだけなんだろうか、気候風土の違いなのだろうか。いまだに分からない。

くどいようだが冬至の夜は、冬至かぼちゃに柚子の風呂!暖まった所で床に入れば風邪知らず。(ノロウイルスにも効くといっていた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

酒は駄目だが煙草は、、、

Img_0015 先日来、目をつけていた野蒜(ノビル)を採ってきた。

田んぼの脇に肥料が効いてか、太いのがでていたのでシャベル持参の散歩道。

慎重に掘ったつもりだが、石があったり、意外と根が深かったりで、膨らんだ根が上手く掘り出せなかったので、安物のシャベルに当たる「もう少ししっかりしてたら良いんだけど、すぐ曲がってしまう」と、、、

野蒜とは、野にある蒜という意味だが、さすがに野生の猛々しさというか、強い匂いと刺激のある辛味を持っていて、味噌で和えて口にすると、最近酒量が減ってきている自分でも「いつもより余計に飲んでいます」状態になってしまう。

蒜とは葱(ネギ)の仲間を言いネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョを含めて五葷というそうだ。

禅寺の山門の脇によく「葷酒山門入不許」と石柱が立っているが、ネギ類はその匂いゆえに修行の邪魔になるとして避けられた。

しかし、ネギの類は身体を芯から暖めるので、これからの時期ぜひ取りたい食品なのだが、それを匂いだけで禁止したとするとお釈迦様はなにを見ていたのだろうか。(暑い国の人だから身体を温める必要はなかった)

先日、長野の法事で会った和尚さんが言っていたが、天台宗でもそうだという。もっとも、此方の方が本家だったのだが、、、。

しかし、酒は駄目だが、タバコは禁止されていないので、修行を積んだ坊さんの中にもヘビースモーカーがいたという。

最近の情勢から言って、タバコのほうが身体に対して害が大きいので、おかしいような気もするが、その和尚さん曰く、「御釈迦さんが生きていたころは酒はあったが、タバコは無かったためでしょう」ということだった。

今世界的に、煙草をたしなむ人が減ってきている中で、JT(旧日本たばこ産業(株))がイギリスの煙草会社を2兆円もかけて買収するという。

ただ、大きくなればいいのだろうか、自分から見ると将来煙草関連は発展する可能性の少ない分野である上、アメリカに見られるように訴訟の対象にされかねない分野ではないだろうか。となると、手放しこそすれ買収すればリスクを大変なものになる可能性がある。

今日は、野蒜からだんだん横道に行き、どこに行ってしまうのか分からないのでここで止めることにしよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

いよッ太っ腹

P1010053 静岡 横田町の西宮神社で恵比寿講の祭りがあり、昨夜は宵祭り、本祭りが今日だということで午前出かけてみたが、屋台もほとんど取り壊して”後の祭り”を見た。

恵比寿大黒福の神というが、恵比寿さんは商売繁盛の神として、商人から熱い支持を受けてきた。

自分の父親も、小間物屋をやっていた時期があった。手先は器用だったが、商売の方は才能がなかったらしく、自分が小学校に入るころ、徴用(戦争中軍需工場で働く)に取られ、以後、店をたたみ勤め人になった。

しかし、商売への未練があったのか、いつまでも恵比寿講の日には、灯明を上げ小さい鯛と普段は高くて食べられない魚が夕食に出てきたのを憶えている。

恵比寿さんは、七福神の中で唯一日本生まれの神さんだそうだ。しかし、語源をたどれば、中国で言う東の後進国の人、野蛮人という意味の東夷(エビス)からきているようなので、なんだか居直ってしまった神さんみたいな感じがしないでもない。

ところで、恵比寿さんといえば大きな鯛を小脇に、釣竿を高く掲げた像がトレードマークであるがその腹のでかいこと布袋さんと並んで「いよッ 太っ腹」と言ってあげたい。

かなり前になるが中国へ行くと、腹の出ている人は金持ちに見られるので注意してと、ガイドが冗談半分に言ったことがある。事実、物売りが太り気味の方に多くたかっていたようだ。

町中を見回しても、肥満体の人が少なく、理由として「辛いものなどを取ると肥らないんだ」など食生活をあげていたが、その中国も最近では子どものうちから肥満体が増え社会問題になっていると聞くと、食べるものが違ってきたのか、量が多くなってきたのか、、、、

ともあれ、「腹のでかい人が太っ腹」というのは、外見だけだが、神経質な人、胃腸の悪い人はなかなか肥れないし、注意が身体の方に向くためかしょっちゅうしかめっ面をしていては、見るからに太っ腹タイプではない。やはり、何を食べても肥れると言うのは何事にも動じない 寛大な人でないと、、、。

言い換えれば、無神経でずぼらな人となるか。

自分も、メタボリックシンドロームを脱却し、なんとかと正常に戻したいと思っているが、男性に多い太鼓腹は解放させてくれない。

そして、腹が大きいことすなわち”太っ腹”ではないことを、わが身で証明している。しかし、「いよッ 太っ腹」といわれるようなことをしてみたいと言う願望は無いこともないのだが、するだけの余裕がない。

ザンネン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧