2023年10月 1日 (日)

ニコヨンのころ

Img_0050-6 

幾分涼しくなったのかなと思っていたら温度計は31度を指していた。

暑さ慣れしたのか、湿気が幾分少なかったのか、それとも老人性何とかで温度の感知能力が低くなってきたのか、、、、、

夕焼けもすっかり秋色になってはきて畠を耕しては見たが、まだ種をまく気がしないでいる。

 

今朝の新聞によると建設業につく人がいないので困っているというのがあった。

近頃では建設業だけでなく汚いきついなどのいわゆる3Kと言われる仕事はにつく若者はまれで机の前に座って楽して稼げる仕事ばかりに目がくらんでいる。

せめて現場で汗して働く人の給料がもっと多ければ違うのになとおもっているのだが、、、、、

 

昭和30年代初め一ドルが360円だったころ、ニコヨンと言われる失業対策労働者がいた。

ニコヨンとは二百四十円の略で当時の最低賃金であった。今時給の最低金額を千円にという時代になったがその伝で行くと当時のニコヨンはいまでなら八千円くらいになる。

そのころ自分が勤めた鉱山では一日千円を稼げれば「坑内夫も一人前と認められる」と聞いたことが有るが、ニコヨンの四倍強という数字であり今の金にして三万円ほどと言うことになった。

これだけ出せば、かなり危険な職種でも就職する人がいるだろうし、当時の30年勤続者は飛騨から遠く離れた鬼怒川温泉に招待され会社役員が接待したのだが、当時の部長クラスの人が「まだあんたがたの給料に到達していない」と言ったとか、、、、

一人前の日給が千円だったとすると、勤続30年の表彰者の中にはかなり高額所得者がいたに違いない。

「大工(坑内夫)三年すりゃ よろけ(珪肺)になる」と言われたのは江戸時代のこと、それから職場環境もいくらかよくなった当時でも、珪肺はなくなっておらず坑内負の寿命は短いということで厚生年金の資格も15年で得られ55歳で満額貰えた。

また、坑内夫には四年に一年の加算が付くという制度があったため、五十五歳定年時に勤続五十年という人がいて「お前いくつから坑内に入とったんや」なんてからかわれた人もいた。

 

そんな昔の話しも今では夢のなかだが、汗して働く人をもっと大事にせな国がダメになってしまう。

 

 

| | コメント (0)

2023年9月27日 (水)

ファンクラブ

Img_0115-1

故郷は遠きにありて思うもの」ということばがあるが、この歳になると中々行けなくなって思いだけが夢のなかで行っている。

故郷を離れてもうすぐ四十四年になり、人生の半分以上は静岡に住んでいるのだが、こちらに来た当時は東名高速道を小牧で降りて国道四十一号線をひたすら北上する道が最短で八時間くらいかかった。

この時は「帰ってきたな」と感じるのは数河峠の上り道で、ほっとするのは寺林から二十五山がちらほらと見える頃からだった。

そして、今は松本から平湯経由で帰るのが最短で五時間弱で行けるようになり、これまた故郷の帰ったと思うのは平湯から見る笠ヶ岳であり、ほっとするのが麻生野あたりから見る大洞山が見え始めたところあたりになる。

石川啄木も読んでいたが、故郷の山川はいつ帰ってきても穏やかに迎えてくれて、ただただ有り難い。

 

近々故郷納税が返礼制度が変わるそうだ。

もともとの発想は世話になった市町村に少しでお礼をしたいという意欲をかなえさせるために始まった制度と思っていたが、返礼品目当てのため知りもしない自治体に送るのが主体になってしまった。

そのため返礼品で釣ろうと自治体側もあの手この手で競争を始めてしまった結果がこのような規制を設けなくてはならなくなってしまった。

自分らのように年金生活者にとっては消費税を除けばわずかな税金しか収めていないので故郷納税はしたくても出来ない。

先日飛騨市のホームページを見ていたら飛騨市ファンクラブなるものあったので早速申し込んでみたが、せいぜい飛騨市を紹介したり、もし帰ることが有るなら飛騨神岡の宿を利用しいくらかでも、、、、なんて考えている。

 

     まあ年寄りに出来ることは限られているんだけど、、、、

 

 

| | コメント (0)

2023年6月17日 (土)

今日も暑かった

Img_4073-2

空の入道雲は真夏を現しているかのようににょきにょきと高く舞い上がる。

昨日に比べれば幾分湿気が少ないものの暑い日差しが降り注ぎ昨日に続いてエアコンの厄介になった。

 

テレビを見ていたら、福井県のソールフードとしてへしこ鯖なるものが写っていた、

自分らが子供のころ食べていた米糠イワシによく似ていたので変な名前だな?なんて思っていた。

若いころ言われた言葉の一つに「へしこが何言うか」っていうものがあってこの場合は半分見下げた言葉であり、語源はカタクチイワシを干した煮干しを”へしこ”と言っていたと思う。

そのくらい魚の中でも細かいもの、屑みたいな意味合いでつかわれていた。

 

ちなみに、この米ぬかイワシを同級会に行った折「なつかしいたべものだった」と言って富山県在住のものに頼んで送ってもらったが、、、、

それこそ塩辛くて塩辛くて食べるのに苦労した。

洗えば小糠の中に入った唐辛子が抜けてしまうし、当時は味噌汁もそうだったがこんな塩辛いものが当たり前だったんだなと変な感想をもったものだ。

 

 

| | コメント (0)

2023年6月 9日 (金)

雨に咲く花

Img_0005_20230609204101

警報級の雨が降るとテレビは言っていたが、自分の予報はそうでなかったため自動車の避難はせず朝を迎えた。

結果的には自分の予想の方が当たり、裏の川の水位も50センチ程度の増水でおさまった。

あさ起きてみると、名残りの雨に打たれてタチアオイの花が優雅に立っていた。

花びらの色が薄めのピンクだったことがそんな印象を強くさせたのかもしれない。

しかし、この空模様では何処へも行くことができないようだったので終日家に閉じこもっていたのだが、午後になって薄日もさすようになるとじっとしていられなくなり、玄関から外に出たり入ったりと落ち着きのないことおびただしいと自分ながら思ってしまった。

 

昭和三十五年と言えば成人式の翌年であるが、「雨に咲く花」という歌が流行っていた。

”及ばぬことと あきらめました、、、”で始まる失恋の歌であったが、成人式の翌年である自分もようやく二つ三つ目くらいの恋をしていた。

なにしろ、男女七歳にして席をおなじゅうせず」の時代がまだ色濃く残る世相もあったなか男子校の青春は色恋沙汰は皆無、おまけに諦めるのが早く相手の雰囲気だけで退いていたため最近の男のようにしつっこく付きまとうなんて夢のまた夢でもあった。

ただ後になって思うと、いくつかのモーションに気が付かなかったこともあったようだ。

とにかく、この雨に咲く花はそのころの自分にとっては軟弱、女々しいという印象しかない歌だった。

 

 

 

| | コメント (2)

2023年3月 7日 (火)

寒干し大根

Img_0490-3

先日テレビを見ていたら山の村の寒干し大根を知っている人が作っているのが映し出されていた。

二月の寒のさなか畑から掘り出した大根を輪切りにし、茹でた後外に出して凍らせて水分を抜きカラカラになるまで干したものを大根のない時期にまた煮て食べる保存食である。

こどものころ、父親が山の村へ行くと大抵これをもらって帰ってきたが、子供心には美味い食べ物ではなかった。

それが美味いと思ったのは、静岡に来てからだった。(ひょっとしてこれも大人の味?)

懐かしの味を思い知らされたという感じで、神岡の帰るたびどれだけか持って帰るのが習慣になってしまったが、コロナでそれも途絶え、今では味は違うがこちらでも作ることができる切り干し大根でしのぶことにしている。

今日は裏の畠に行くと、取り残した十数本の大根が薹を立て始めていたので、全部抜き地中にあった白い部分で切り干し大根づくりで午後を過ごした。

ぬくとうて春もすっかり定着した感じ、、、、、、

 

 

 

| | コメント (0)

2023年1月14日 (土)

ガッシャン

Img_0023-3_20230114210701 

ガッシャン、と一撃のもとに消えていった。

断捨離というわけでもなかったが台風の浸水被害からこっち、家具なんかをはじめとしていろいろなものを処分してきた。

しかし、一番邪魔なものと思っていたが捨てきれなかった皿や茶わんなどの陶器類が捨てきれなかった。

我が家は新宅のため家財道具もほとんどない状態から始めた家なので、これらのものは母親が買い集めたいわゆる形見でもあった。

むかしはなんでも家で行ったため、皿や茶わんだけでも十人前くらいを幾そろいも買いそろえていたうえ、昭和30年代に入ってから「趣味の会」などの箱入りセットなどがあちこちにあった。

最近までは「自分が死んでから好きなようにしてくれ、これらは処分しない!」と言っていたが、さすがに荷が重すぎた。

仕方ないので先日来、仕分けをしていたが出したり入れなおしたりをした結果、まず木製のリンゴ箱一杯をごみ処理場に持っていった結果、処理場の職員が一切の感情をこめず、箱ごと持ち上げて中身を一気に投入口に投げ込んだ。

がッシャンという音と共にすべてが一気に吹っ飛んだ感じがした。

 

昨夜から激しくはないが雨が降り続いた。

何日ぶりだったろう。

この雨で、地面が潤い野菜類も息を吹き返しはるをまつしんたいせいにはいるんだろうな。

 

 

| | コメント (0)

2022年12月 5日 (月)

さざんか

Img_0250 

山茶花の真っ赤な花が咲き出して冬の入り口が開いた。

山茶花と椿はよく似ていてその区別は咲く時期が早いもの、花びらがばらばらにおちることぐらいしか、、、と思っていたがそれも怪しくなって境い目がつかないらしい。

子どものころの唱歌にあった”さざんか”という歌、今の子供たちには意味が分からないのではないだろうか。

今頃そこらで焚火などしたらさっそく通報されて消防自動車がわんさかと集まってくるため、焚火など見たこともない子供が多いはず。

余談だが、キャンプに行っても火を使い慣れていないので火起こし道具さえあるそうだから、、、

また、歌詞の中にある”しもやけお手手がもうかゆい”なんて言葉も死語だろう。

 

そういえば、子供のころ毎年歌っていた”蛍の光”は難解だった。

まず、”蛍の光 窓の雪”は中国の古典を知らなきゃわからない。

つぎの”文読む月日”を音節通りにすると、”ふみよ むつきひ”となりこれまた分からなかった。

その後も分からない歌詞があったが、一番最後に”うとうな~り”のところでクラスに成彬という子がいたので力を込めて歌った。

”うっとい な~り”とね。

”うっとい”がわからない?  それじゃしょうがないね。

 

| | コメント (2)

2022年9月21日 (水)

フランシーヌの場合は

P9151168 

ヤマジノホトトギス。鳥のホトトギスの胸模様が似ている花ということで名づけられたようだが、南方からやってくるホトトギスと入れ替わるようにして花が咲き出す。

ホトトギスには何種類かの花があるが、一番特徴的なのは花の中央に花柱というものを立て蜜はその下にある。

つまり花柱は、飲み屋の提灯みたいなもので、薄暗い藪陰で目立たせる明かりのようなものであろう。

 

きょう東京で、油をかぶって火をつけ自殺をしようとした人がいたそうだ。

幸いというか火は消し止められ、命は助かったようだが「安倍国葬絶対反対」と書いた紙があったとか、、、

このニュースを聞いて脳裏をかすめたのはベトナム戦争反対の意味を持って焼身自殺をしたベトナムのお坊さんとパリで若い娘さんがいたことである。

どちらもそんなことで戦争が終わるわけではなかったが、フランスの若い娘さんの死には日本ですぐに歌ができた。

#フランシーヌの場合は あまりにもお馬鹿さん、、、、三月三十日の日曜日パリの朝に燃えた命一つ、、

世界的にベトナム戦争反対の声が上がる中、フランシーヌはなぜ焼身自殺という方法をとったのか、、

60年安保で亡くなった樺さんの命日にレコードが発売され、折からの世相に反映してヒット曲になった。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

カペッサ カリエンテ

P8091105

クソ暑い空に向かってこれでもかというような勢いでヘチマの花が突き上げている。

その下で暑くならないうちにと朝7時から草を剥ぎ畠に鍬を入れてみたが、一時間余でダウンしそうになり家に帰って昨夜の残り風呂に入って、身体を冷やした。

しかし、一度上がった体温はなかなか下がらないようで、風呂から上がっても本調子にはならない。

そのむかし、アンデスの山中で仕事をしといたとき現地の人がうまく動いてくれないので日本語で怒鳴り声をあげてしまったことがある。

もちろん現地の人は日本など知る由もないが表情でわかったようで「インへ(ニョール)カペッサ カリエンテ」と言ったのを思い出した。

インへニョールは技師という意味で日本人をそう呼んでいた。

続く言葉は「頭が熱くなっている」という意味で、以後しばらくは言うことを聞くようになった。

 

今日は山の日で祝日だそうだ。

もともとは山の育ちだったので、家の周りの山はウサギ狩りやタケノコ採り、そして遠足は今はカミオカンデがある山、池の山と決まっていた。

そして、北アルプスは焼岳に始まり槍穂高が遊び場で、人の二日コースを一日で走り回るのを仲間内で競争していたが、双六岳四ノ沢で怪我をしてしまった。

最後は何度目かの竜爪山で打ち止めとしたが、七十代までは静岡の1,000から2000m台の山を歩き、長野へ行けば浅間山近辺や北八ヶ岳を歩いた。

打ち止めにしたのは、八十歳近いおじいさんが山で遭難したなんて新聞に載ると恥ずかしいから、、、と言われたのが効いてのことだった。

今は時折階段を含めて標高130mほどのところにある山の畑が山登りの限界だが、それでも帰りが遅くなると心配されてしまうようになってしまった。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年6月13日 (月)

水車に思う

Img_0013-2_20220613210801

小さな谷間におもちゃのような水車が回っていた。

なにかに使うわけでなく、ただ回しているだけの水車だが、かなり長く回しているようで心棒の金具なども金属色を失い水にぬれて黒々と溶け込んでいた。

 

宇治の川瀬のみずぐるま 

 なんと浮世をめぐるろう

 

無心に回る水車に人生の流転を重ねて感慨にふける古歌だと聞いた。

 

そういえば故郷飛騨には”鈴虫水車”というものがあって水車の回転で鈴の付いた紐をまわしかすかな鈴の音を響かせていたが、いまでもあるのだろうか。

元祖は、双六川の小学校の退職教員、もしかして校長先生だったかが考案して作ったもので、昭和40年代だったかに町のバスターミナルにも分家があったような気がするが、、、、、、、

 

 

| | コメント (6)

より以前の記事一覧