2020年5月22日 (金)

古いビデオを見る

Img_3200

センダンの木の先が淡い紫色になっていた。

この木は本来なら四国のあたりを北限としていたそうだが、この花を愛でてか庭木などにしたのが野生化してあちこちで見られるようになったそうだ。

そのむかし、この木の名前はオウチと言ったそうで、小さな花のおしべの色からオウチ色という名が作られたと書いてある。

薄紫っぽいその色は昔の人に愛されていたようだが、木そのものは薪にもならないくらい、何の役にも立たず”唐変木”という名前の由来になったと聞く。

秋も遅くなって白い実を地面に落としているが、その前に鳥が群がって食べることもなく落ちた実も果肉がなくてしわしわの皮が種に張り付いて一面に転がっているのを見ると、種が芽を吹くのはよっぽどのことなんだろうなて感じがする。

 

先日、当ブログにたびたびコメントをいただいている岡崎在住さんから自分が小中学校をころ過ごした大津山を写したホームページを転送してもらった。

大津山は、神岡鉱山の一番北側にある池の山鉱床から鉱石を採掘していたが、今では採掘も終わりスーパーカミオカンデやカグラで有名になった鉱山である。

神岡鉱山の鉱床は栃洞坑、円山坑そして大津山坑と大きく分かれていたが、それぞれに地質もかなり違ううえ採掘している人たちの気質も富山県系の人が多かったのでかなり違っているように見えた。

ここに自分がいたのは八年くらい、学校に通う生徒は250人くらいだったから人口はその当時家族を含めて1,000人くらいだったろうか、すべてが社宅住まいのため、定年を迎えるとこの地を去っていくという入れ替わりの激しい場所だった。

そのため、10年もすると知らない人がかなりいてビデをを見てもなかなか知った人が出てこない。

何度も画像を止めてみたりしたがわからない。

唯一、社宅全面移転してから下の茂住に住んでいた〇山▢郎さんが徒歩で上がり、あちこちを棒で示しているのを見ただけであった。

その人もすでに故人となったが正式名称は憶えていないが神岡の歴史研究会に所属し10年ほど前に笈割の祭りで語り合ったのが最後である。

このほかにも、全面移転した際には自分も最後の集会に参加させてもらったが、このあと自分が静岡に来てから、社宅のほとんどがタイミングよく火事で焼けてしまった。

この火事にはいろいろな疑惑があるように聞き及んでいるが、一応原因は漏電ということになっている。

なにしろ、企業城下町では鉱山の承諾なしには動けないところがありそうで、いまの中国を見る思いがする。

とはいえ、しばらくは眺めて新発見が有るか無いか調べるつもり、、、、

 

追:5月25日、2018年のビデオに笈割の祭りを写したビデオがあったが、そこには従兄弟の子供が映っていたが、自分が参加した時の顔触れは動作がしても見当たらなかった。

こちらのほうも、世代交代が進んでいるようだが、参加者も自分が出たときに比べれば酸くなっていることから、いずれ、全てが消え去っていくのだろう。

| | コメント (2)

2020年5月13日 (水)

桑の実熟れた

Img_3205-2

桑の実が熟れかけてきた。赤い実が黒くなると完全に熟れて甘くなる。

その甘い部分を待ちかねたように通称カッチンムシが取り付いていた。

カッチンムシ。はっきりした名称は知らないがコメツキムシのなかまか?

カッチンムシの由来は、この虫を捕まえて仰向けにしておくと横に転がって起きるのではなく胴と羽根の部分を一気に跳ね上げてポンと飛び跳ねて起き上がることから名づけたものとおもわれる。

噛みつくこともないし、臭くもなし、素早く逃げることもないのでので子どもたちの良いおもちゃだった。

子供のころカイコを飼っていたおばあさんの家の向かいにこの木があり、よく登って食べたものだったが、黒い実の果汁が口を紫色に染めるのでごまかしようがなかった。

この木によじ登って食べるころには、鉱山に付属する隣の学校だったので、すぐそばにある生徒たちは赤痢の原因になるとかで食べるのを禁止されていた。

一方、自分の学校周りには桑の木がなくその禁止令がなかったため山から下りてきて食べるのは何の差支えもなかった。

そのため、うらやましさも手伝って、当時の子供のけんか手段である罵声とともに石を投げつけられたものだった。

当時の赤痢は、時々子供が亡くなることもある流行病で恐れられておりその原因の一つが桑の実だと思われていたことからおばあさんのいた集落では子供たちが我慢を強いられていた。

さしづめ、新型コロナウイルスにもそんなところがあるみたいで、他県ナンバーの車に対する嫌がらせや営業しているパチンコ店やそれに群がるお客に対してテレビなの報道が多発しているが、それを見るとその頃の子供と精神年齢はおなじような気がしてならない。

| | コメント (2)

2020年5月11日 (月)

タニウツギから

Img_0007-2 

給に暑くなってものみなボーっとなってしまった。

朝の曇り空から厚くなるという気象情報を信用せずに掛川まで行ったが午前十時で早くも29度となり、自動車のエアコンを動かしてしまった。

午後になって31度、ポットの実生の苗はぐったりと、、、、近所のおばあさんもうだって何もできないとこぼす、、、、

この頃は希少が荒っぽくていけない。

 

そんなか元気なのは山の草木、

ラッパ状に先端を開かせてタニウツギが空に向かって花が咲かせている。

日本海側に多い花木と言われるが、静岡の山中でもごく普通にみられる花である。

ウツギとは漢字で空木とも書かれるのは、木の中心にスポンジ状の白い部分があり中心が空になっているからと言われる。

飛騨ではこの花が咲くと標高の高い山山で根まがり竹の竹の子が芽を出す目安にしていた。

子供のころは、これの1mくらいに伸びたものを取ってきてチャンバラの刀の代わりにしたものだったが、昭和四十年代に入ると山菜取りが流行し我も我もと山に入ってタケノコ取りに励んだ。

その結果、標高1000mくらいの山の村に人が押し寄せ、山を荒らすの集落の人は峠を封鎖して人を入らせないようにし、もめごとが起きるまでになった。

 

先日テレビを見ていたら、長野県北部の人たちはこの竹の子と鯖缶(水煮)を合わせて食べるのがソウールフードで都会から家に帰ってこれを食べるのを楽しみにしている、と言っていたが、飛騨ではシンプルに塩漬けした竹の子を塩出しして煮しめにするのがソールフード、郷土の味である。

一方、テレビの番組を見ていて思ったのは、タケノコに代わって白菜と鯖缶を合わせて煮るのを”ひきづり”と称していたが、鯖缶はどんな山菜にも合うのかもしれないという思いに至った。

 

なんだか、しっちゃかめっちゃかになったが、今日の暑さのせいにしておこう。

 

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

こもどうふ

Img_0049_20200510205901

飛騨全体の土地言葉かどうかは知らないが豆腐のことを”トッペ”と言っていた。

自分のおばあさんも茂住という集落でトッペをつくり、縄で縛って配達しており、自分も何度か知り合いの家まで届けたことがある。

固いとはいえそこは”トッペ” 着ているものに触ってはいけないし地面に触れてもいけない、用心しいしい手をあげて歩くのはすぐにだるくなるし大変な使いだった。

豆腐を縄で縛って、、、、今どきの豆腐はそんなことができないがそのくらい硬かったのが昭和の初めの豆腐であった。

そして、いま、ふるさとに帰ると帰り土産にというより、自分が食べるために買ってくるのものの一つに「菰豆腐」(こもとうふ)があり、どうも飛騨でも高山から北の方しか作っていないような気がする。

その作り方は豆腐を半分に割り、すのこで巻き茹でたものだが、巻き加減が難しく一度木綿豆腐でやってみたが見事失敗した。

出来上がった菰豆腐は固く締まりその中に無数の穴が開いており、煮しめなどに使うとその穴にだし汁が染み込んで懐かしの味わいが出てくる。

 

その菰豆腐をはじめ蒲鉾や黒作りが今日届いた。

思ってもいなかっただけにうれしすぎてついご飯のお代わりをしてしまったが、ご飯のお代わりなんてここ久しくやったことがなかっただけに、満腹感でいま眠くてしようがない。

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

「こころ旅」を見て

Img_0029-2

先週金曜日BSの「こころ旅」という番組を見ていたら神岡から旧上宝村長倉の桂峰寺への道を行くというので見入ってしまった。

気動車とバスを乗り継いで神岡から上宝村へ行くのだが、自分の初めの感覚では高原川右岸の道を走るとばかり思っていた。

この道なら、昨年も法事などで何度も自動車を走らせた道路なので自転車なら緩い上り坂ながら比較的楽に行けるし、自分も六十年くらい前舗装されていないこの道を知り合いの人と途中双六谷まで自転車をこいだ経験があった。

しかし、画面はいきなり相生町の大洞水道脇の道を通り菩提寺である洞雲寺のそばを回る道(写真)を登っていった。

その後も高原川左岸をひた走ったのは自動車が少ない道を選んだのかと思うが道が細く上り下りが激しい道ばかりで、日野正平さんがゼイゼイとあえいでいたのを痛ましく見ていた。

さて、この日の目的は桂峰寺へ行く途中の場所から見える北アルプスの焼岳が奇麗に見える場所だということで向かった。

すぐ下の国道沿いの人も自慢するくらいの場所らしいのだがこの時はあいにくのガスで見ることが出来なかった。

 

この桂峰寺へは自分が自動車免許を取り自動車を手に入れたばかりのころ、伯母さん夫婦を載せて行ったことがある。

どんな用事で行ったのかは覚えていないが不慣れな運転で舗装されていない(当時はどこも未舗装)山道を半道も登っていったのだが、運転に夢中だったのか、余裕がなかったのか、それともこのテレビの時のようにガスっていたのか焼岳は見た覚えがない。

高原川ぞいに何か所か焼岳を望める場所があるが、今度ふるさとの行く機会があったら寄り道をし、この場所まで上がって目に焼き付けたいと思う。

| | コメント (2)

2020年4月13日 (月)

かたくり粉の原料

Img_0095-2

「この葉っぱを摘んでよく食べたもんだよ」っていったら「うそ!」って驚かれた。

いまでの若い人はカタクリは希少品種で食べるものとは知らなかったようだ。

自分も最近は食べていないが、ゆでてお浸しなどにするとホウレンソウによく似た味で結構いける山菜なのだ。

それより驚いたのは、片栗粉にカタクリっていう字がつき疑問を持たなかったことにあり、この草と根っこからできていることを知らなかったことだ。

いまでは、片栗粉っていえばジャガイモの澱粉ぐらいの知識がなかったものにとっては、くず粉やわらび粉の由来も知らないことおびただしい。

戦後のどこかまで、ふるさとの飛騨ではわらびの根っこから作るわらび粉は、お金を持たせてもらえない農家の主婦の良い小遣い稼ぎだったのである。

そういえば、ジャガイモで作った澱粉を少量の水でだまが出来ないように溶き、砂糖をいれ、その後一気に熱湯を注ぎかき混ぜると白濁したゆるいおかゆ状のものが出来たが、いまでいう葛餅みたいになってうまかったのを憶えている。

 

今日は朝から冷たい雨が一日中続いていた。

長野から帰って、茶の木刈りやタケノコ掘り 畑仕事など体を動かし続けていたので良い休養になると家に閉じこもっていたが、しばらくすると退屈し買ってあったポテトチップスをひっぱりだし食べてみた。

すると、これが旨くてなかなか止まらない。

ここしばらく肥満防止のため間食はしないように努めていたのだが、こんな日は絵にかいたようなカウチポテト族になってしまっていた。

| | コメント (2)

2020年3月12日 (木)

オオバライチゴ

Img_0033-3 

オオバライチ後の花があちこちとこぼれたように咲いている。

花の直径は2センチは越えているので、野生のイチゴとしては最大で4センチ程度までのかなり大きいイチゴが五月過ぎには実るであろう。

この花を見ると、今では成人した孫たちを連れていちご狩りをしたのはついこの間ことのだったように思い出される。

甘さは栽培されているものより控えめなうえ、種が固く舌に触るが、そのまま食べたりジャムにしたこともあったげな、、、、。

今日の暖かさでミツバチも交配の手伝いに来ていた。

 

今日も例によって、今月四回目の茶の木伐採。

先月まではつまった途切れたりでヘタな啼き声を出していた鶯も練習のかいあってか、かなり上手に囀り始めた。

ひょっとして、このあたりで巣を作りたいと思っていたのかもしれない。

そうなると、鶯の縄張りの木を伐採してしまうのは結構えげつないことかもしれない。

地主には聞いていないので、伐採した後どうなるのか知らないが、小遣い稼ぎが鶯など野性性動物いじめることにならないように、、、、、、

 

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

地こすりの季節

Img_0048-2

昨日に続いて今日も雨降りながら十六度と気温の高い日だった。

子供のころ今の時期は朝夕の気温の差が激しく、前の日があったかいと、夜気温が下がって雪の表面が凍り、輪かんじきやスキーでなくても足がめり込まなくなる(これを称して”ごぼらなくなる”といった)ので普段は藪などで歩けない場所でも好きなように走れた。

ただ、気をつけなくてはならないのは”地こすり”という雪崩も起きて国道筋ではトラックが川に持っていかれるという惨事さえあるほど強烈な雪崩が発生した。

向かいの山で谷筋を掘り起こしながら茶色くなって雪崩れる音は春の兆しでもあるが、見ていておっかないものがあった。

一般に雪崩のことを、飛騨では”のま”と言ったがこれは飲み込まれるという意味があったのかもしれない。

そして、地こすりに対して真冬に起きる表層雪崩を”アワ”といったが、これは急斜面にドカ雪が降ったとき起きる表層雪崩で、淡雪というと優しい感じだが、アワは猛スピードで流れ下るため時として数10kmにもなるため、もみの大木でさえ押し倒し直径15cmほどの枝を付け根からむしり取って丸太にしてしまうほどの威力を持っている。

暖冬で雪の少ない今年ではあるが、山では怖い季節を迎えているに違いない。

 

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

啓蟄

Img_2822

咲き出した菜の花にモンシロチョウが戯れる。

今日は啓蟄、これから地面があったまってくるとほかの虫たちも花に群がり、花粉を仲介するに違いない。

 

昭和30年代、自分が働いていた鉱山の食堂では昼飯時になるとオイチョカブでにぎわっていた。

オイチョカブとはいま、ゲーム機器で名をはせている任天堂が出していた花札を使って行うゲームで、しばしばお金をかけて行うものもあったが、小さな食堂で行われたオイチョカブはたばこをバラにして行う他愛もないものであった。

親を決めるとそれぞれに札を配り、9に近い数字を作るもので最初は一枚づつ配り、二枚目で子が判断し三枚目を要求するかどうかを決め、同じように自分の札をひいた親と数字の多いほうが勝ちとなりたばこを取り合うというものであった。

ただ、親は二枚目で勝負する相手を決めることができ、危ういと思うものにはもう一枚引いて勝負することができた。

そのほかに、シッピンクッピンは親の総どりとかアラシは親もだが子も作れば勝ちとなるなどの特殊ルールもあった。

花札には絵柄などから特殊な呼び名があり、0はブタ 1はピン 2はニゾウ 3はサンタ 4はシホウ 5はゴケ 以下ロッポウ シチケン ハッポウ カブとつづき、シッピン クッピンは4と1 9と1を言い、アラシは同じ札3枚をそろえた時でシッピンクッピンに比べるとなかなか難しかった。

このようにして親には有利な仕組みだが、親の札が0 すなわちブタになった場合などは賭けたばこをすべてに払わなければならないので、始める前には2~3箱は用意しなければならなかった。

そんなこんなで何回も同元を務めたが、わりあい勝ち運が強くて一時は大きな袋に賭けたばこを持っていて上部一の大親分なんて言われた時もあった。

蛇足として、ピンからキリまでというのは花札の絵柄一月が松なのと十二月が桐ということからつけられたものである。

そのほかにも”思案ロッポウ”というのは最初の二枚を合わせた数字の一桁が6になったとき、もう一枚要求するかどうか迷うときに使うのだが、任天堂がゲーム機器会社になった今では死語になり、再び出てくることなないんだろうな。

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

ネコネコオンボ

Img_0019-3 

ネコヤナギの花が先端からつぼみを開かせ始めていた。

厚いコートの毛皮を脱ぎ捨て、もうこれから寒いとは言わせないというかのように薄い黄緑の穂をのぞかせる。

下の枝の穂は「大丈夫かな?」とでも言いたげに上を眺めて様子見をしている。

飛騨では、この時期のネコヤナギを”ネコネコオンボ”と言って子供のおもちゃにしていた。

とうぜん、この名前は日本中の共通語だと思っていたらそうではないと、飛騨言葉を紹介している「佐七」という人の多分同年代か少し上の人の解説に載っていた。

そして、ネコネコオンボは木の枝に抱かれた猫からきているのではないかとあった。

しかし、自分の小さなころからの思い出としては、猫のしっぽという解釈で過ごしてきたので、、、、

飛騨では今年は特に雪の少ない年だったそうで、積雪もすくなかったようだが、思い出すのは雪に押さえつけられた木の枝がもう少しすると雪をビシッとはねのけて雪の上に小さな花芽をつけた猫柳を思い出してしまう。

まるで、江戸時代、権力に押さえつけられた飛騨の百姓一揆のど根性のような感じがして、、、、。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧