2024年3月 3日 (日)

ひなまつり

今日三月三日は楽しいひなまつり。

自分の子供は二人とも女の子だったがついに雛飾りを飾ることもなく済んでしまった。

原因は何だったか覚えていないが、関心がなかったというのが最大の原因だと思う。

飛騨の三月三日はまだ雪のなか、歌にあるように桃の花は勿論、暗い雲の下では華やかさとは遠く離れた存在であり、通っていた保育園でもそんな行事があったか無かったか定かではない。

 

先日も話し合ったのだが、コロナが時代の大きくな転換点になったのではないだろうか。

少子化もあって親類家族も人数が限られ、結婚式や葬式は以前のように華やかに大掛かりなものに戻ることはないだろう。

街中を歩いてみても小さなお葬式会場が乱立ではないかと思えるほどあちこちに目立つ。

病気見舞いも家族以外中々面接することができないでいる。

故人をしのぶ法事や結婚祝い、子供の誕生なども少なくなれば人の心も離れていく、、、、

 

テレビの番組で「昭和は良かった」と懐かしむが昭和の人間がいなくなり明治大正のように歴史の一部になったとき失われた三十年の平成、コロナの令和が良かったとなるかどうか、、、、、まずないと思うけれど

 

華やかなはずの”ひな祭り”の感想にしては、、、、、、、暗い。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

あきれてしまった

今日のワイドショーは朝から大谷選手の結婚話を延々とやっていた。

どの曲もネタが無いようで同じ切り口の話しばかり、画像も同じものを繰り返し繰り返し、、、、ワンパターン、

日本のテレビ界というか報道の底の浅さが知れる見本のようだった。

結果的に物の20分ほど各局のワイドショーを見たあと、あきれてしまってテレビを見るのをやめてしまった。

 

 

 

| | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

2.26

今日は昭和九年に陸軍の一部隊がクーデターを起こそうとして各大臣を襲撃し二人を殺害した日である。

この決起部隊は陸軍上層部の支持を得て行ったのだが、最終的に裏切られ一日で鎮圧された。しかし、この事件を契機にして誰もその行く手を止めることができなくなり日本は大東亜戦争にと突入し多大な犠牲を払うことになった。

この事件をはじめ軍部台頭の反省がないまま今日に至っているわけだが、この事件の遠因の一つとして地方の疲弊が挙げられている。

今日も国会の討論を聞いていて思ったのは、政府は野党の質問にまともに答えようとはせずはぐらかしの答弁に終始していることであろう。

政治の腐敗に対して何とか矛先をかわしやり過ごして時を稼ぐ、、、、、

千年来、上級国民という言葉が出回っていたが、さらにその上に特別国民というものまでがあるとのこと、、、、、国民の政治不信は特別国民に向かっている。

第二第三の安倍元首相が出てこないとも、、、、、

 

 

| | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

「どされ!」テレビを見ていたら久しぶりに懐かしい言葉を耳にした。

自分が就職したころの鉱山は全国から人が集まってきていたので、あちこちの方言が入り混じってどこの言葉か分からないまま過ごしてきたが、前後の流れから大体意味が分かるのでそのまま流行語のようにひろまていったのもあり、そのうちの一言がこれだった。

この言葉は、マグロの一本釣りの漁師が言っていたので多分青森の方だったということになるが、「邪魔だからどけ!」という意味になる。

言葉の前に「ど」が付くのは強調する言葉というのを聞いたことが有るので、優しく言えば「去れ」を強調したことになるか、、、しかし、頭に「ど」が付くとあまりいい気がしないもので、飛騨にも「どぶされ」という言葉があったが、これは早く寝ろというときに使われる言葉で、子供や酔っ払いに対して「ふせて寝ろ」という言葉を強調したことになる。

 

 

| | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

最高値

今朝の新聞によると34年ぶりに株価が最高値を更新したとのことだった。

ここ二~三日足踏みをしていたがアメリカの株価に先導されるようにしての記録だった。

34年前年初からの暴落から失われた30年とか言われてきたが、今回の株価は景気が伴っているようには感じられず株のトレーダーがゲーム感覚で釣り上げたというのが本当のようで、世間は静まり返っているというのが実感である。

こういう風に実態を伴わない株価はカブ関係者の大丈夫だというコメントと別に危うさ感じずにはいられない。

前のバブルとは違うと言いながら、微妙に似ているのが円安で外国から見ると日本人が感じるより株価を低いとみているところにあり、バブルがはじけた際に葉外国の株主は上手に撤退作戦で儲けを持って行ってしまったと先日のNHKテレビは報じていた。

今回の株高も同じように近いうちにハジケ、最近になって新NISAとかで株を購入した素人が大損を見るパターンになると思うのは株を買うような資力のない老人の僻目ならばよいのだが、、、、

 

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

語呂合わせ

ここしばらくの長雨は菜種梅雨を思わせ、まだまだ続く予報が出ている。

道路より低い位置にある畠は水が溜まっていて入れないし、山も滑るからと出勤停止を言い渡され家の中に閉じこもって身動きができない。

 

そこでテレビの子守なのだが、今日二月二十二日はニャンニャンの日と言うことで猫の画面が多かった。

いま日本では犬や猫を飼っている家がかなり多いようで、グッズ関連などかなり大きなマーケットらしい。

我が家では娘が子供ころ、犬や猫をもらってきて気が付いたら家にいるという状態もあったが、自分はどちらかというと猫派のようだ。

そのわけはしょっちゅうじゃれてくる、吠える、散歩について行かなければならないなど面倒なことが多いからというのが最大の理由だが、連れはそれが良いという。

猫に関してもっとも大きな思い出は、鉱山の社宅には戦後の生活苦などもおってか犬猫のたぐいはいなかった。

それが、高校受験のため宿に泊まった夜、盛りの付いた猫たちの鳴き声を初めて聞いたのだがその声の異様さと明け方まで合唱する声に一晩中まんじりと出来ず翌朝眠気のする中受験会場に出かけならねばならなかったことである。

 

今日はニャンニャン。明日は二月二十三日は富士山の日と語呂合わせの記念日なので、いったいいくつこんな記念日があるのかと思って検索してみたら毎日なんだかんだと切れ目なくあるうえ、ほかの読み方などを含めると何百とあるそうで、、、、、、、、、

ちなみに、自分の自動車のナンバープレートも苗字の語呂合わせにしているのだが、、、、、、、

 

 

| | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

これも温暖化?

曇りから雨の予報だったが、一天にわかに晴れ上がり気温はどんどんと上がっていった。

日本南方の高気圧から流れ込む暖気のせいというが25度の気温はあまり急すぎて体調がちょっと追いつかないような気がする。

これも地球温暖化のせいなんだろうか。ソメイヨシノの開花も早まっているそうで「三寒四温」どころか「三温四暑」になりそうで怖い

裏の畠は水浸しなので山の畑でハッサク20kg収穫し、長野に送る。

このハッサクはただで収穫できるが、二月に入ってからあちこちに送り、送料だけで一万数千円は年金生活者にはちょっと響く。

| | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

天国のよう

ロシアでプーチンの政敵と言われたナワリヌイ氏が刑務所内で亡くなったそうだ。

ロシア政府は病死だというが誰もそれを信用しない。

北朝鮮では金正日の叔母の連れ合いで後見人だった張成沢氏が処刑され、母違いの兄も殺された。

中国では習近平の政敵と言われる人たちが汚職の罪を着せられ次々と失脚し独裁体制を確立した。

全体主義国家とはこのように残虐なものである。

 

先の対戦では日本やドイツが徹底的に負けてよかった、もし日本やドイツが負けたしてもそれまでの旧体制が残っていたら今の日本は軍部独裁の強権体制が敷かれ息苦しい世の中になっていたことと思う。

そんなに意味でも旧体制を理想とする右翼の台頭には心して向かわねばなるまい。

旧軍の時代もそうであったが、権力者の汚職はすべて隠蔽され話題にも上がらなかったことだろう、それを思うと政府不信の今の世の中だが、政府批判をはじめ思ったことが口に出せるだけ天国のような気がしてならない。

 

 

| | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

任期いっぱい

いろいろな不祥事と鈍感な人柄もあって岸田内閣の支持率は16%第二まで下がっているとのこと、こんな状態になっても動じないということは就任当時「聞く耳は持っています」と言うことの真逆でしかない。

と同時に、自民党の若手と言われる代議士連中からも何の音さたも聞こえてこないのは「物言えば唇寂し、、、」とはきのない姿勢が垣間見られる。

いっとき、河野、小泉代議士がもてはやされたこともあったが、今回に関してはどちらもほとんど反応していないのはどうしたことだろう。

次回の選挙ではこの体たらくにお灸をすえなきゃならないのだが、、、、国民の方も認知症になっているのかすぐに忘れてしまうのが味噌なので、岸田首相としてはなるべく次の選挙を遅らせようと任期いっぱいを目指していると思う。

 

 

| | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

そんな大事?

最近かなりモテているのだ。

「少々血圧が高くなって」と連れが電話するとみんな心配して「病院に行ったらとか」「身体に気を付けて」と言われるそうだ。

原因としてここ一か月弱のあいだにハッサクをあちこちの親戚や友人に100kg近く送っていることにあるようだ。

今年のハッサクは、生り年にあたるうえ完熟するまでおいていたためとても美味いようで来年も送ってと必ず付け加えた電話がは入る。

つまり、病気になって来年山に行けなくなるとハッサクが届かなくなることを心配してようだ、、、、

テレビのCMで出川哲郎がバカボンのパパ役をしているのがあったが、その中で「そんな父さんがだいじなのかい?」と聞くと「お家割りで家族がお得だから」という返事と同じようなので苦笑いをしている。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧