2018年12月12日 (水)

Img_0017


先日来の暑さのためか稲刈りがとっくに済んだ田んぼが春めいてきた。

切り株から出た二番穂とその周りを取り囲んだ蓮華草の葉っぱが密集し、春と間違えた花があちこちで、淡いピンクの花を咲かせている。

近いうちに降りるであろう霜に負けるのかどうか、柔らかい葉っぱと花ながら意外と環境には負けない強さを持っている。

.

.

今年を表す漢字一文字の発表があり”災”と決まった。

この字を見て今年もあちこちで地震や水害による被害が各地で起きていたが、一番身近に感じたのは気象庁が言った”災害級の暑さ”と言う言葉であった。

暑さに弱い自分にとっては外に出るのが億劫になることしばしば、おかげで運動不足からくる肥満が、、、、食欲は落ちなかったんだな。

人間歳をとると誰しもボケてくるものらしく、ずっと昔のことはよく覚えていて懐かしの歌番組などを見ると、この歌のときあんなことがあったなどと関連して憶えているものだが、最近のことは後先がこんがらがっているのはまだしも、そんなことあったっけなんていうことが多い昨今である。

たしか、北海道の地震と倉敷の水害どっちが先だったかなどといえば、被災者に叱られるのだが、、、、、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

枯れ薄

Img_0015


世界中で貧富の差が拡大している。

富めるものはますます富を集め、一度踏み外すと詐欺や博打でなければ最後まで浮かび上がれない仕組みをどの国の政府も推し進めている。

フランスのようにデモは文化だと認めているところでも、この機に乗じてか、はたまた鬱憤晴らしか略奪に尾ボブ物が出てくる。

しかし、ほとんどの国では、政策に反対するとどの政府も力でねじ伏せよう押している。

その中でおとなしい日本人は”枯れ薄”など歌って自分の身の不幸を嘆いている。

日暮れ間じかの麻機田んぼのわき道、光を失った太陽が種を散らばかそうとしている葦の穂を透かしている。

.

.

拙速といわれ、法案も穴だらけの出入国管理法改正案が参院を通過した、改正と言うからには良くなったかと思いきやその中身は在留資格が審議されただけで中身については、法案を提出した法務省でさえわからないと言うものである。

人手不足を賃金を安く使える外国人に頼ろうとした経済団体の要望にこたえただけとしか見られないことは、劣悪な条件を改正し日本で心地よく働いてもらおうと言う姿勢は一切見えない。

いまの人手不足が何時まで続くと思っているのだろうか、リーマンショックのあとブラジルから入ってきた日系二世三世を説得して帰ってもらったことを忘れてしまっているかのようだ。

実際にオリンピックを終えるとその国は景気減退期に入るのだが、2021年はそうなる可能性が無しとは言えない。

そのときまでのつじつまあわせの法案となりそうで、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

何処吹く風?

Img_2157


暦の上では今日が二十四節季の大雪に当たると言う。

北海道などではその言葉に合わせるように遅めの雪景色になったようだが静岡ではそんなこと何処吹く風と言わんばかりに日中は暖かな日和となっていた。

しかし、雲のかいまから見えた富士山は真っ白に化粧しているようで、今朝方の残り雨は雪だったのをうかがわせていた。

.

.

昨日の夕方のテレビでは、ソフトバンクの携帯電話が通信障害を起こして4時間ほども麻痺していると報じていた。

携帯電話内と生活できない人がかなりいたようで大騒ぎになっていた。

自分の形態はソフトバンクのではないうえ、月に何回かしか使わないので、そんな騒ぎも何処吹く風とばかり気にもしなかったが、一瞬何処かの国あたりからサイバーテロみたいに通信妨害に曝されたのかと思ってしまった。

ところが、今日になって大もとの機械が更新の期限切れに対処していなかったのが原因と聞くと、”なんだアホらしい”というのとあまりにも責任感の無さにあきれていまった。結局は”大山鳴動して鼠一匹”と言うことになったが、もし本当にサイバーテロだったしたらどうなるんだろうな。

文明の弱さが垣間見えたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

四寒三暑

Img_0062


百人一首に山川に”風のかけたるしがらみは 流れもあえぬ紅葉なりけり”と言うのがあるが、裏の川の上流で見かけた風景。

コサギが滞留している落ち葉のたまっている水面に立って小魚を狙っているようだったが、自分が上から見つめているのを知って「小魚なんて知りませんよ!」ってな顔をして突っ立ている。

本来なら警戒心の強いこの鳥は人に見られていると悟った段階で飛び去っていくのだが、そこまでしないのは美味しい獲物を見捨てるには勿体無いとばかり様子見しているのがバレバレである。

.

.

この季節は”三寒四温”ならぬ四寒三温と次第に寒さが厳しくなっていく季節であり、基本的にはそうなのだろうが、二十度越えの日もあって三暑四寒という感じがしないでもない。

当然ひ弱な人間は厚いコートを着たり、セーターも脱いだりと調節に気を使っているものの、つい油断をして体調を壊したり、風邪をひいたりなど得こんでしまう人がいる。

わが家でも若干一名が寝込んでしまい、なれない洗濯や調理を自分がしている。

調理しているというのもおこまがしいのはスーパーで出来合いを買ってきたりが主なためだが、おかゆは米からを作り、シチューは家にあるジャガイモ、人参、タマネギそして隠し味にリンゴを放り込み作ってみた程度。

しかし、なれない男が作ると、どれも量が多すぎるうえ、病人は食欲が無いとかで、結局のところ出来たものを始末するため、毎食おかゆとシチューが出てくる食卓と相成っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

改まらない

Img_0005


野葡萄が紫から青の艶やかに色づき、藪の中で存在感を示している。

子供のころから毒があって食べられないといわれてきたので摘んだことが無かったが、長野の義弟はこれを焼酎漬けにして肝臓の薬だといって飲んでいるといった。

大体薬なんて病気を治すために飲むのだが、”毒をもって毒を制する”みたいなところがあって、あまり飲みすぎると身体にはよくないものが結構ある。

長野で小さな瓶に入ったものは、蔓と葉っぱごと漬け込んだもので、茶色い液体は「そうかいな」と言ったもののあまり飲んでみたいと言う気にはならなかった。

.

.

今日は、自動車の定期点検でディラーに行ってきたが思ったより時間がかかり、済んだときには御昼ちかくになってしまったので、近所の食堂に入った。

丁度昼時とあってほとんどのテーブルは埋まっており、注文して出てくるまでかなり時間がたってから。周りのテーブルはすでに食事に入っていた。

ところが、食べ終わって周りを見ると自分らより15分くらい先に食べだしていた隣の若い衆はまだ食べている。

若いときから「早飯 早糞 芸のうち」なんていわれた時代に育ったためか、戦後の食糧難の時代、人より早く食べないと腹が膨らまなかったためか、、、、、、

とにかく、夫婦そろって同じ時間に食べ終わるところを見ると、我が家の食事時間は短い。

食事の楽しみは会話をしながら、ゆっくり嚙んでと今は言うらしいが、親の教えはその逆だったし、飯の早いものは仕事をしていても手が早いなどといわれた。

そんなこんなで、何人抜きしたかは分からないが、駅伝ではあるまいに我ながら直すに直せないこの癖?はなかなか改まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月30日 (金)

こんなもんさ

Img_0006


今日も穏やかに晴れ上がった小春日和がつづく、北国では行き降りしきる冬に突入したようだが、暖国静岡ではそんな気配は微塵も感じさせず、模様ガラスには太陽の光が跳ね返って宝石箱のように色とりどりの色彩が輝いていた。

.

.

昨日の記者会見で秋篠宮が大嘗祭は宗教色が強いので国費の支出に疑問を感じていると新聞に書いてあった。

先例先例といって新しいことには二の足を踏んでいる、頭の固い宮内庁幹部職員や政府関係者さぞかし慌てふためいてあちこちと走り回っているに違いないと想像してしまった。

なんでも、秋篠宮の意見に対して宮内庁長官が聞く耳を持たなかったことが原因らしいとのこと、大嘗祭はもともと神道に基づく行事なのでこれに対して身内からの批判は堪えることだろう。

我々一般国民は蚊帳の外で決まったことなので分けが分からないが、右よりの考えの人にはショックと言ったところか、、、、、

それにしても、朝のワイドショーはどの局もこのことに対してはなんの論議も見られなかったことは残念である。

とにかく、子供の結婚だけが話題にしていたが、フエィクニュースとまでは言わないが、右よりの人を刺激したくないということがありありである。

ワイドショーなんてこんなもんさ!!!!と言ってしまえばそれまでだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

天高く馬肥ゆる

Img_0015


今日十一月二十三日は勤労感謝の日であるが、もともとは宮中で行なわれた新嘗祭をもとにしている。

新嘗祭は、今年収穫された作物に感謝する意味で行なわれたものであり、西洋のハロウィンに匹敵する行事であるが、あんなに馬鹿騒ぎをしないところに日本の良さがある。

いま、自分の周りには山ほどの秋に収穫が集中している。

先日長野から持ち帰ったものとして、新米を始めリンゴや富有柿、キウイ、干し柿、サツマイモなどなど、、、、選り取り見取りといった状況にある。

それが、手の届くところに山ほどあるということは、果物好きの自分にとっては天国のような居心地であり、やみ雲に手を出すと ”天高く 馬肥ゆるの秋”を通り過ぎ、下手をすると糖尿病になりかねない状況かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

美しい花には

Img_0005


木陰の下でひっそりと咲く濃い紫の花。

その形が舞楽でかぶる兜に似ているところからトリカブトと名付けられた。

花の姿かたちから美人にもたとえられるが、その実、全草猛毒があるといわれ、古来鏃に根からとった液を塗って狩に使ったり、殺人のために使われたりで有名になった。

美しい花には毒がある。の代表的な草である。とにかくこの花は見るだけで手を出さないことが肝要である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

おしゃれ

Img_1756


十一月は七五三のお祝いで、以前より数は減っていると思うが、各地の神社では三三五五両親やおばあちゃんを従えて着飾った子供で賑わっている。

子供たちは普段着でない衣装を着せられて始めははしゃいでいるが、そのうち窮屈な着物姿に疲れてぐったりし始める。

それを騙すため貰った菓子を其処此処場所をかまわず座り込んで、、、、、、、

なにしろ、ハロゥインの延長で晴れ着の意識がないから、、、、、、、、

.

.

家の裏にある貸し農園の畠は、保育園に隣接している。

三日にあげず立ち寄って手入れをしていると、境に金網に子供たちが来て、いろいろと話しかけてくる。「おじさん なにしてるの?」ってのが一番多い。

返事はほとんどが「遊んでいるの」って言うことにしているが、中にはませた子もいて「仕事じゃないの?」ってかぶせてくるので、「楽しみにやっているから遊んでいるんだよ」っていう。

そして、時には「おじさんの頭どうして白いの」っていわれたこともあったので、すこし考えてから「おしゃれだよ、髪の毛の茶色い母さんもいるでしょ。あれと一緒」と答えた。

もし自分が禿げて光っていたら子供はなんて聞いてきたんだろうか、、、、

保育園の子供相手にむきになって返事するんだろうか、、、、、

いろいろな頭を個性だといっても分からんだろうけんど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

ちぐはぐ

Img_0004


なんともちぐはぐな景色。

葉を落とし真っ赤な実を見せびらかしている柿の木の下で、ひまわりが大輪の花を咲かせている。

季節は冬に入っているのだが、ひまわりの夏なのか、柿の秋なのかはっきりしなよって言いたくなる。

久しぶりに行った有東木の標高は600m、平地より寒いはずなんだけれど、、、、、

.

.

安倍第三次内閣は仕事師内閣だと首相本人は言ったが印象に残る仕事はオーム死刑囚の一掃くらいしか記憶にない。

そして、先日組閣した第四次内閣は全員野球内閣だというが、マスコミからは”期待組み一掃内閣”で本来なら資質の無い人を拾い上げた内閣だといっていた。

なにしろ、二十人の大臣のうち十二人が初入閣だというと、どうも後者の言うのが間違っていないのかなという気がしていた。

実際、国会が開かれてみると自分の身の回りの火の粉を払うのが精一杯の片山大臣、官僚から教えてもらわないと何も応対できないオリンピック担当大臣、出した法案の中身が分からない法務大臣等々で審議は進まない。

このほかの大臣はまだこの三人の影に隠れて槍玉に上がっていないが、いずれボロの出そうな人が出てきそう、、、、

首相自体はこの辺のことをどう考えてているのだろうか。

もうやる気がなくてどうにでもして、というのなら潔く辞めてもらいたいのだが、、、

夏のひまわりと秋の柿が実るように、ちぐはぐは国会には必要ないのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧