2022年7月 6日 (水)

小暑

Img_0038-2_20220706205501 

今日は小暑、戻り梅雨のように雨が時たま降るものの厚さはあまり衰える様子はない。

大暑を前にしての小暑であるが、いつもと違うのは毎年この時期に大規模災害をもたらす長雨や線状降水帯が少なかったことから、今のところ大災害が発生していない。

静岡でも昨年は、熱海の伊豆山で大規模の土石流があり数多くの命が奪われた。

この事故は、盛り土業者に対して熱海市や県の不手際(及び腰)が起こした事故で全くの人災というより仕方がない。

そんな中で不思議なのは、盛り土をした小田原市の業者の会社や責任者の名前が一切報道されないことである。

インターネット上ではすでに判明しているし、近隣では周知の名前であるが、報道では匿名になっているのはどんな理由なのだろうか。

自動車事故などでは、過失でも即座に氏名が公表されているのに、、、、、、

テレビや新聞の記事によると、盛り土をした業者やその土地を買った業者に全くの責任感のない言葉しか出てこないので余計に感じてしまう。

 

今日は、コロナワクチンの四回目の接種日で周代接種会場に行ってきた。

出かける時まで暑い空模様でだったが、久しぶりに市の繁華街に行くので、入れ違いに退院する連れのため何かうまいものでも買ってこようかと出かけてみたが、接種を終わって外に出てみたら空一面に黒い雲と雷らしい音が聞こえ、ぽつぽつと雨粒さえ落ちだすのを見て、わき目もふらずバス停に向かい帰ってきた。

コロナも発生して三年目、一時収まりかけては見たものの最近はまた右肩上がりに増えだした様子、、、

各地に神社には、”疫病終息祈願”の幟が立っているが、なかなか「神様はその願いを聞き入れてくださらない」ようで、、、、

これは、信心が足らないのか、神様の力宵強いのか、、、

神も仏もないと言われるなかでワクチンの方が強かったとすれば、どこかに碑を立てて祭るしかないのだろうか。

 

| | コメント (0)

2022年6月29日 (水)

ギラギラと

Img_0020-2_20220629211001

ギラギラと太陽が、、、、ついに静岡でも気温が36,7度とか。

気象台の百葉箱で測った公式の値だから、実際はもっと高かったのではなかったろうか。

庭の草木や野菜のポットに芽を出した苗はこの暑さにやられて塩たれたようになっていたが、さすがに夏の花、ヒマワリはどこ吹く風と言わんばかりに太陽に向き合っていた。

 

朝7時前に畑に行って紫蘇を取ってきて塩でもみ灰汁を捨てて冷蔵庫に入れ夕方になって干した塩漬けの梅にまぶして梅干しづくりを行ったほか、再度畑に出かけて草むしりを少々した。

夕方になって、少し熱中症の初期症状が出たのか、普段でも悪い頭がもやっとしてきたのでぬるい風呂に入ってエアコンを入れた。

おかげで、いまは完治したようだ。

 

熱中症は、静岡に来て何度か経験しているので、どの程度なのかはだいたいわかるようになっている。

もちろん重症になったことはないので最悪の状態は知らないが、現場の自動車の中で2~3時間寝てようやく帰ってきたこともある。

よく似た経験では、坑内で発破をかけたあと起こした土砂の中に後ガスがあり、一酸化炭素中毒も経験しているが頭のもやもやと体の節々の脱力感は自分が経験した熱中症の比ではなく、完治するまでしばらくかかったものだった。

ただ、どちらも仕事しているときには気づかなくて、いざ帰ろうとした時に症状が出てきて動けなくなってしまうもののようだ。

 

| | コメント (0)

2022年6月28日 (火)

暑い暑いと

Img_3780

先日来ザクロの花の赤さが目立つようになった。

花の大きさは2センチもあるか無いかのラッパ状にいくつも広げていた。

子どものころこの実を食べてみたいと思ったのは、外国の人が好物だと書いてあったh本を見てのことだったが、そのころは目につくところにザクロの木がなかったので、、、、

そして念願がかなったのは静岡に来てからだったが、食べての感想は酸っぱいだけのもので、どうしてこれが、、、、という思いしかなかった。

 

「暑い 暑い!」と口に出しても仕様のないことだが、怪我をして黙って我慢するより痛い痛いと吠えた方がいくらかまぎれると聞いた。

日本男児として泣き言をいうのは恥ずかしいことと教えらて来ているので、今まで「痛い痛い」とわめいたことはなかったが、涼しい飛騨高原で育った自分はいまだに熱いさには慣れないでいて毎年夏になると「暑い暑い」を連発する。

それでも、静岡に来て初めての夏はクーラーを使わず窓を開け放して過ごせた。

何時のころから我慢が出来なくなったのだろうか、、、、そして、今日の未明我慢が出来なくなって今年の初クーラー  リモコンのスイッチを入れてようやく眠りについた。

こんだけ暑いのは地球温暖化のためか、ラ 二ニャーのためか、、、、、、、

物価高も困るが、気温の右肩上がりにも困ったもんだ。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年6月25日 (土)

夏の夜は

Img_0014-14

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

   雲のいずこに 月やどるらむ  清原深養父

 

蒸し暑さを感じて朝方変な時間に目が覚めたら眠られなくなった。

仕方がないので四時過ぎに外に出てみたら空ははや夜明けの様相を示し、月は黄色味を帯びていた。

この季節、これだけはっきりと見えるのは空が澄んでいるのだろうが蒸し暑さは最低気温が熱帯夜の証左である25度ほどあるのだろう。

月を挟んで、同じくらいの距離(?)に明るい星がふたつある。

一つは明けの明星だろうが、もう一つは何だろう。

新聞によるといくつかの星が一直線に並んでいるそうだが、、、、、、、、

 

22日から入院していた連れが、救急救命室から一般病棟に移動することになったと病院から連絡が来た。

移動時間に待っていると、看護師が一人で車いすと荷物台を持ってやってきたので、荷物台の運搬がてら病室までついて行った。

前回もそうだったが、救急救命室では入院時に荷物を持って入ったきりで、その後の入室は一切できなかったが一般病棟もかなりむつかしそうな様子である。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2022年6月23日 (木)

フェイク

Img_0078-2_20220623210801

ノウゼンカズラの真っ赤な花を見ると”夏が来た!”って言うように感じるのは自分だけなのだろうか。

花にかぎらず季節によって変化するものを見たり味わったりするとその時節を感じるのは、言い伝えもあるがそれを初めて見た時の印象も大きいのではないだろうか。

自分にとってノウゼンカズラの思い出は、こどものころ川遊びに行く道端に咲いていて、五分刈りというよりつんつてんの頭に直射日光がじかに照りつけられるのと連動していたから    だと思う。

ノウゼンカズラ、小さいころはこの草に毒があると聞かされていたので、つるや葉に触れないように狭い道で体をよじって通り過ぎたものだったが、、、それが全くの間違いだったと聞いたのは3~40年もあとになってから、、、、フェイク!!!

 

インターネットを見ていると、ロシアのウクライナ進行でロシア軍が散々打ち負かされているかのような投稿が目に付く。

一方で、新聞やテレビではよくて膠着状態もしくはウクライナ東部では一つの州がもはや陥落寸前だとするニュースが流れている。

戦争というものは最前線の戦いとは別にフェイクニュースといわれるもので人を欺こうとする宣伝合戦が繰り広げられてきた。

そんななか、人間は耳に心地よい二ユースの方を信用しようとする。

それにしても、ウクライナ側優勢の情報はどんな人が流しているんだろうか、、、、、

 

| | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

目立つ

P6161050 

真っ赤なカンナの花が緑の草を背景にしてすっくと立っていた。

赤と緑、反対色だけによけいに目立っている。

カンナの花には漢字がない、神無月と共関係ないしと思っていたら、ラテン語なのだという。

この花の原種には”檀特”という字が充てられているのに人にいじくられてできた花には感じがないとは不思議な花である。

これから暑い太陽にもめげず勢いよく次から次へと花を咲かすたくましさに、夏の暑さがひときわ身こたえる自分は見習いたいものである。

 

参議院議員の選挙日程が決まり、静岡県では当選者二人に対して7人が立候補するというので、さっそく投票用紙が送られてきた。

しかし、今回の参院選は投票したい人が全然いないのである。

自民党はもちろんであるが、前回民主党で当選した人は早々に離党し自民党寄りの活動をはじめ、補欠選挙で当選した人は国民民主党に会派入りをし予算案などで自民党寄りの姿勢を示していたばかりか、当選したとたん女性問題が浮上したがだんまりを決め込んでいる。

ある人が言っていたが、「静岡選出の国会議員は女性問題で脇が甘すぎる!」とのこと、、

ここ5~6年だけでも青山議員、山崎議員、そして吉川議員と3人も出ている。

前者二人は議員になる前だったので、わかっていれば投票しなかったが、最後の一人は成人前の女性と酒を飲み一晩4万円を渡してホテルに入ったとか、、、、

説明責任も果たさず雲隠れをするということは議員としては資質に欠けることで辞職は当然と思っていたが、自民党離党はしたが議員は続けるそうだ。

国会にも出席しなかったそうだから、歳費と政治活動費併せてただもらいする気らしいが、妻子がいる身でいつまでも雲隠れをしていると、家族が選挙区で住みにくいことになるのは目に見えている。

 

一面緑のなかで、真っ赤な花をすっくと立たせるのは、本当に目立つものである。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年6月18日 (土)

あまいはうまい

P6161056

雨の合間を縫って蜜蜂が金糸梅にやってきていた。

これも梅雨時の花、細かい雄蕊を糸に見立てて金糸梅と名付けたそうだが、どんな花にも桜や梅をかぶせるのは日本独特のものようだ。

ともあれ、蜜蜂は足に大量の花粉をつけ嬉しそうだった。

 

今日テレビを見ていたら、卵焼きにはまった外人の女性が東京と京都で卵焼きの作り方を見学し、習っていた。

自分も卵焼きは好きで、よく作って食べるのだがあんなに手の込んだものは作ったことがないし、市販のもの、特に寿司屋のものは砂糖が入っていて食べたくない。

卵はしっかりと焼いて固くへらで押したものが一番なので、前に流行った”ふわとろ”ってのも二度と食べたくない。

食べ物というものは、子供の時の嗜好が大半を決め、いわゆる”おふくろの味”ってものが中心に来るので、嫁さんはこれに苦労するという。

少し前に外人タレントが砂糖の宣伝で「あまいはうまい」とコマーシャルで流していたが、漢字にしたらどう書くのだろうか。

「甘いは旨い」か「甘いは美味い」なのか「あまいは甘い」なのか、、、、、、、甘いものは幼児性が強く大人になるにしたがって苦み、辛みなどにうまさを感じるようになる。

 

いずれにしろ塩っ辛い味が好物の田舎人にはあまり好ましくない。

| | コメント (0)

2022年6月15日 (水)

タチアオイ濡れる

Img_0008-2_20220615210301

タチアオイの赤い花に水滴がついて艶めかしく感じさせた、今日一日の時候。

成長の早いタチアオイ、もう自分の身長を超え大きいものは2mに達しようとしている。

アジサイとともに梅雨時の花の代表、、、、、、

 

個人経営の店などをコロナ禍から救済しようと始めた持続カ化給付金の詐欺が起きている。

以前申請してもなかなか申請が通らず支払いが遅れてしまったことを批判されて、拙速と言われようが審査を簡単にして支給を速めた結果だから、こんなことがあってもある程度仕方がないくらいに思っていたが、いざ、10億円単位で詐欺にあったと聞くと心穏やかならざるを得ない。

しかも主犯格に国税局職員がいたとなるとこの国はどうなっているんだと思ってしまう。

当の職員にしても、いずれは分かってしまうとは思わなかったのだろうか。

せっかくむつかしい試験を受けて公務員となったのだが、この状態は副業でなく詐欺という立派な犯罪となり、懲戒免職、刑務所そして次の仕事をしようにも救ってもらえるところがないような生活になってしまうということに頭が回らなかったのだろうか。

また、名義貸しをして確定申告を出した人たちも安易にお金がもらえればという程度の結果だとすると、これまた寂しい。

 

あぶく銭は身につかないと昔から言われている。

手遅れになったのだが、もう少し先を見つめてほしい。と思うのは働くしか能のなかった年寄りの当たり前すぎる繰り言か、、、、

 

 

| | コメント (0)

2022年6月14日 (火)

梅雨入り

Img_0005-23 

午前も遅くなってから雨が降る予想だったので朝早く農道の補修と先日熟れ切っていた梅がまだ残っていれば収穫したいと思って山の畑に行った。

ところが、農道について間もなく梯子を付け直しているときに早くも雨が降り出したので、梅の木のもとに行き手当たり次第に収穫したのがこの梅。

背負っているリュックにいっぱいにして帰ってきたのだが、汗をかいてうち外から作業委を濡らしての帰宅となった。

当然のことながら、雨が降ってもすぐに帰らなかったので叱られた。

 

先日、関東甲信越が梅雨に入り、それより南の地方が入らなかったが、今日東北地方をのぞいて一斉に梅雨入りをした。

空は一面の雲に覆われ暗い一日となり、これだけで気分は憂鬱、、、、、、、

 

 

| | コメント (0)

2022年6月12日 (日)

家付きは

Img_0087-2_20220612211701

午後になって雨が降った。

ここ2~3日、同じようなパターンで雨が降るのだが、梅雨入り間近なこの時期特有なものかもしれない。

湿気が多く、そのせいか身体が何となくだるいような気分にさせる。

あまり快適な気候とは言えないが、カタツムリなどにはよい季節と見えて動きが活発になっているためかよく見られるようになった。

同じ仲間でもナメクジは嫌われ、見つかり次第塩をかけられたり足で踏んづけられたりするが、カタツムリの方はそっと見守られて手を出す人が少ない。

どちらももともとは巻貝から進化したものだそうだが、家付きとそうでないだけのことでこんなにも待遇が違うとすれば、、、、、、、

 

カタツムリと言えば25年位前会社の団体旅行のとき、パリで食べたことがあるがオリーブオイルと塩コショウで味付けしたものだった。

一口食べてみると塩コショウの味がよく歯ごたえも同じ巻貝のナガラミなどとよく似たものであった。

なので、食べづ嫌いの仲間のものまでもらって食べたものだったが、そんな人たちからはゲテモノ食いの印象を持たれてしまった。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧