2019年2月16日 (土)

見てござる

Img_0011


春は名のみの風の寒さよ、、、と言う時期なのに今日も暖かい一日であった。

天気予報はここしばらく暖かい日が続くとのことであったが、気温は陽だまりに行くと二十度越えとなり、春真っ盛りと言った様子である。

そんななか遊水地で掘削した水溜りにカモが何羽か集まり居眠りの最中であったが、さすが野生動物、犬や猫ののように眠りこけてはいないようで、自分の気配に感じたようで動きはしないものの目を開けてこちらの様子を探っていた。

鳥の種類はヒドリガモかマガモみたいだが、いずれもオスではないようだ。

この時期になるとペアが出来て、雌の周りにべったりと雄が付きまとっていると思っていたが、、、、、カモの世界でも晩婚化が進んでいるのだろうか。

これだけは「生めよ増やせよ」と号令をかけても無理なようだ。

.

.

a先日知り合いの山で甘夏を食べたところ、しっかり甘味がはいてt収穫できるほどになっていたので15kgほど収穫し弟のところに送ろうと宅急便会社に持ち込んだ。

そのとき受けつけがいつものように「Tカードはお持ちですか?」と聞いてきたので「使いません」と答えた。

いま、かなりの範囲でTカードが使用されているようで、自分もガソリンの現金カードがTカードになっているが、これも使わないようにしている。

先日の報道によるとTカードの仕様履歴は警察がいえば簡単に見せてしまうとのことだったのでこのようなな処置をすることにしたのだが、、、、、、

およそ、購買履歴を含めて、住所生年月日など個人情報の入ったものを安易に見せてしまうと言うのはどういうことなんだろうか。

自分の個人情報としては犯罪に関係していることも無いので見られて困ることはないが、街中の防犯カメラといいカード情報と言いなんだか日本が監視社会化してきたようで不気味で仕様がないのだが、、、、、

そこで、ささやかながら抵抗してみることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

お見合い?

Img_0024


時折ポツリポツリと降る雨は気にならないのだが、何時降り出すかという思いから傘を持っての散歩となった。

天気予報は関東地方に雪が降っているというが、静岡は最低気温が4度くらいだったとか、、、、、、一番雪を見たがっている静岡人にはまたしても見る機会がなかったようだ。

そんななか麻機遊水地のほとりでは、ダイサギ二羽が寄り添ってディートを楽しんでいた。

雄雌の区別は出来ないが春に向けてお見合いなんだろうか。

.

史上最強クラスの寒波が北日本のほうに来ているとのことだったが、その放送の中で北海道の留萌でマイナス13.5度だといっていた。

ウソだろう。自分が体験した最低気温は飛騨神岡でマイナス20度というのがあるが、寒暖計で確認できたものなので、もっと寒く感じた経験がある。

マイナス20度の世界とは、息を吸い込むと鼻毛が凍り息を吸い込むとき蓋をしたような感じがする。

飛騨でさえそうなら北海道はもっと寒い気温が確認されていて当たり前と思っている。

その伝からいうと留萌の13,5度は何も驚く数字ではないはずなんだが、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

辛夷咲くあの丘

Img_0014


最低気温が五度だったから、氷雨と言うほどの冷たい雨ではなかったが曇り空のせいでいつまでも暗い朝になり、体感温度も寒々とした感じで温度計よりも低く感じてしまった。

その雨も午後の三時過ぎには青空が見えてくると気温は十六度にも達し、家の中でごろごろと過ごしていて気が滅入ってきていたので散歩に出かけた。

行くさきは例によって麻機田んぼの先、遊水地の高台である。

ここには早咲きの辛夷があり、今ごろになると毛で包まれた鞘を脱ぎ捨てて白い花が咲き出しているからである。

行ってみると予想にたがわず咲き出しており、朝昼とワイドショーで見たいやな世の中のことを忘れさせてくれる。

休憩も入れて一時間半の散歩は精神衛生によい効果があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

霧たち上り

Img_0036


個の冬一番ではないと思うが厳しい寒さの朝であった。

遊水地にするため新たに掘削した池に浮かんだカモたちが、水と気温の差で発生した霧の中にもやっていた。

そんなに大きくない池だが対岸に茂っているはずの草っ原が見えないところを見るとかなり濃い霧である。

ここしばらく雨らしい雨も降らず、湿度も2~30%と砂漠並みに乾燥した中にあってこう言う霧はなんだか喉の奥に染み渡るような気がして、寒さより潤いのほうに気が向いてしまった。

.

.

先日の新聞などによるとTカードの買い物情報が警察の要望があれば開示していると言う話しだった。

いままで、この種の情報は裁判所の許可が要ると聞いていたし、そのつもりであったがこのカードを扱っている会社は積極的に応じているとのことであり、今後、協約に大きく明記するとのことである。

Tカードはかなり大きなシェアー持っているそうでその数6,000万枚とかこれと街角の沢山あるカメラと組み合わせれば、警察は膨大な資料を持つことになり、日本も監視社会になっていると言わざるを得ない。

別に悪いことをしなければ関係ないといわれるかもしれないが、国情の変化があれば恐ろしい国になりかない要素が多分にある。

そう思って沢山あるカードを調べてみたら、ガソリン購入の際に使うカードにTマークが付いていた。

このカードでよくガソリンを入れていたが、ポイントがどれだけ溜まったのかなんの音沙汰もないので知らない。

とにかく、このカードを廃棄するか、使用は出来るだけ控えることにしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

群雀

Img_0011


”群雀”雀が群れているさまを言う言葉だけだと思っていたら、そういう名前の花があり春の季語だという。

小鳥のほうから来た言葉なのに、、、、、、、、

午後の麻機田んぼは風もなく耕作放棄地に冬枯れのイネ科の草が茂っていた。

その一角に餌になる種を求めてスズメが数十羽群がっていた。

最近では競争相手のムクドリに体力負けをしてかなり数を減らしているとのことだが、さらに食物が減る時期を前にして少しでも腹を膨らませ体力を保持しておきたいと言う気持ちからであろうか、大集団を作っていた。

用心深い鳥のことだから、こんなに集まらなくても危険を察知する目はあるはずなのだが、人間が近寄るたびに過半数は飛び立って近くの電線まで避難する。

しかし、残りの何羽かは餌に未練があるようで、こちらの様子を窺いながらぎりぎりまで草むらから離れないでいる。

.

.

ジンゴベージンゴベーとクリスマスは去っていき、今年も後わずかになった。

娘たちが学校を卒業してから、クリスマスの行事は我が家から遠ざかっていき、半ば強制的に買わされたクリスマスケーキを捨てるようにして持ってきてくれた人も今ではいなくなって、普通の日になってから早幾年、、、、

今日は、仏壇の掃除を済ませ、正月を迎える準備の第一歩が始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

鳥の心 我知らず

Img_0003


ほとんど夏日だった昨日の午後、麻機の遊水地で見かけたアオサギ。

口をあけて杭の上に立っていた。

こんな光景を見たことが無かったので検索してみたら、鳥には汗線が無いので口から熱を放射して体温を下げているとあった。

夏の暑い最中でも見たことが無いので、、、、、、、鳥も冬毛になっていて熱が身体にこもってしまっていたのだろうか。

水の中に入っていれば良いようなものだけれどとなんて思ってしまったが、そうは行かない何かがあるんだろうか。

鳥の心 我知らなず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

今日も暑かった

Img_0033


台風25号が呼び込んだ南方の気団が暑さを頭の上から押し付けるように気温を上げている。

昨日も三十度越えで暑かったのに今日はさらにその上を行く三十四度だと言う。

おかげで、久しぶりにエアコンのスイッチを入れてしまった。

その暑さに誘われたかもしれないホテイアオイがちらほらと麻機沼に花を咲かせていた。

ホテイアオイは薄紫と青の色でさわやかな感じの花を咲かせ、名前の由来となった葉っぱの付け根に楕円の浮きをつけることで水面に浮かぶことから、園芸店などで売られてきたが、その繁殖力の凄まじさから、他の水草を駆逐し、その枯れた草が大量のごみとなることから、外来植物として処分されてきた。

麻機沼でも沼の改修とともに処分されt来たが、なかなか仕切れないでいる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

朝日を受けて

Img_0034


朝露を含んで稲がすくすくと伸びている。

むかし、飛騨の国は”下下の国”と言われたそうだが、その意味は高冷地にあって水が冷たくなかなか水稲を育てるには困難であり、米を上納することができなかっためであると聞いた。

そして現在、気温上昇と品種改良は当時とは様変わりして稲の限界点はどんどん北上していき、今では北海道の米が美味いと言う評判さえ聞くようになった。

そんなことを思いながら朝の散歩。

稲の先端に張った蜘蛛の巣は朝日をうけて輝いていて、一瞬獲物をしとめるための罠であることを忘れさせてくれる。

.

.

昨日携帯電話にメールが入っていて「アマゾンの代金未払いについて、、」と言う文字が入っていた。

すぐさま新手の詐欺と見破り削除した。

なぜなら、つねに「藁ってニコニコ現金払い」しかしていないので、アマゾンはもとよりテレビショッピングなどしたかことが無いからだ。

これで、何度かでも携帯などを使って取引をしていれば「はて?」と考えて染むのだが、、、、、、、、、。

詐欺屋さんもとんだメールを送ったもんだと連れに言ったら、「そんなメールなら、わたしんとこには三年も前から来ている」だって、、、、、

お粗末でした。         ハイさようなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

お茶しませんか

Img_0015


Img_0023ヤブカラシの花に沢山のシロスジチョウが集まってパーティーを開いているような状況を目にした。

生命力が強く、畑や家の周りに生え出すとなかなか根絶やしにすることができなくて困るつる草で、その花もいたって小さくシンプルである。

そんな花のどこが良くて集まって来ているのかわからないが二十匹(蝶は頭でかぞえるらしいが)花に掴まっては飛び上がり、またつかまる。

なんだか、人間流に言うと「そこの喫茶店でお茶しませんか」とでも言っているかのよう、相手をとっかえひっかえ戯れていると、自然にカップルが成立するようで、メスのほうが尻を持ち上げてオスを誘い始めた。

何処の世界でもメスのほうが主導権を持っているようでオスはご機嫌取りに精を出すしかない。

.

.

連日、湿気の強い猛暑で外に出たくないと身体が言う、雨が降れば散歩など行けるはずが無い。などとさまざまな理屈をつけてエアコンを入れた室内でお籠もりさんの毎日。

ただ、先日雨のために行かなかった畑では、キュウリが巨大化して食べにくくなってしまったので、畑だけは毎日行くようにしている。

大雨で被災した人々は、この猛暑の中片付け作業をしている映像を見るとただただ気の毒としか言う言葉しか無い。

ひるがえって食っちゃ寝~の自堕落な生活をしていると「いつか罰が当たる」んではないかと肝を冷やしているが、暑さに弱い自分は、、、、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

風に煽られて

Img_0010


昨日から日本海に入った台風は雨台風だと言われていたが、その割には雨が降らなかった。

しかし、台風の中心が能登沖から佐渡沖に向かう午後になって風がつよくなり、麻機のレンコン畑では大きな葉っぱが風にあおられて裏返し状態に、開花した花は花びらがもげてしまっている。

そのなかで、明日当たり開花するであろう大きな蕾はかなり首をかしげて耐えている。

三十センチほどに伸びた水田の稲は、目に見えない風をとらえて右に左に道筋を示していた。

.

.

昨年、県立総合病院に入院する際、いろいろと書類を書かされた。

いわく、医療行為に対する同意書、緊急連絡先、そして保証人などなど、、、さすがに翁病院は面倒くさいことを書かせるもんだ、とおもっていた。

ところが、昨日の新聞によると医療機関の65%がこれ以上のことを要求し、場合によっては受け入れ拒否さえしているという。

その内容は、入院保証人、入院費の支払い者、緊急連絡先、債務保証、遺体遺品の引き取りなどがあるそうだ。

まったく世知辛い世の中になったというか、医療費などを払わない、もしくは払えない人が多いためだろうか、と思ってしまう。

しかし、身寄りの無い人などは入院を拒否されて野垂れ死にするしかなくなってしまうのだろうか、

憲法25条に国は社会福祉、釈迦保障、公衆衛生の向上の増進に努めなければならない。とあり、こんな風に寓されるとは書いてない。

裏返しの葉っぱを見ながら考えた、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧