2019年6月12日 (水)

タチアオイ

Img_0033_5 

朝目覚めたばかりのタチアオイ。

やっとこの間芽吹いたと思っていたがもう背丈を越え、2mに届かんばかりの勢いである。

雄しべの花粉を花びらの内側に振りまいて虫を誘っている様子は、西洋料理で、皿に盛った料理の周りに点々とたらしたソースを思い浮かばせる。

.

.

国会は、犬や猫に対してマイクロチップを埋め込むことを議決した。

この先何年かすると、野良猫や野良犬はほとんどいなくなる可能性がある。

今まではあまりにも人の都合でペットを殺すには忍びないとして捨てていたのが変わってくると思うのだが、どうなんだろう。

 

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

頭の上が境

Img_0059_3

連れの付き合いで朝の散歩をしている「今日で五日目だから三日坊主とは言わせないよ」って言うけれど、朝五時半に家を出るのは久しぶりである。

昨日は傘をさしての近回りだったが、今朝の天気は北側の山々は霧もかかり雨模様の様子、そして、丁度頭のうえあたりから南側は雲も少なく晴れて太陽が顔を出している。

そのため、日の当たるタチアオイの背景は雨の竜爪山となる。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

清明

Img_0025

 

今日は暦の上では「清明」であり、啓蟄も過ぎて桜が咲き春爛漫と言った感じの時期に当たる。

それからぬか、昨日までの寒さも何処かへ去り、昨日まで来ていたパーカーでは暑く感じられ、急遽チョッキを取り出して羽織ってみた。

.

キンクロハジロ、カモの中では比較的小さなほうであるが、オスの白黒のパンダ模様が良く目立つので良く知られているカモである。

この時期になるとシベリヤのほうに帰って子育てをするため次第に数を減らしていく鳥であるが、その前にペアを組む相手を探しておかなくてはならない。

そのお見合いが成功したのかどうか分からないが麻機の遊水地にはこの二羽だけが残り静かに遊弋していた。

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

蓮華草

Img_0006_7

 

田んぼが蓮華草でピンクに染まった時期もあったが、いまではとんと見かけなくなった。

我が家の近辺でもいまが花の盛りだが、この花も種をまいたのではなく、前に撒かれた種が生き残っていたもので、最近では、人の手が入らない土手や畦の縁で種をつないできたものの子孫である。

「やはり野に置け蓮華草」が別の意味で当たっている。

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

柳は緑に

Img_0012


麻機沼周辺のやなぎの木が一斉に芽吹きだし、気の先端から若緑に染まって来つつある。

「柳は緑に 花はくれない」と言う言葉があるが、自然に、ごく当たり前と言うことらしい。

病気になって始めて健康と言うことが身にしみるし、水が汚れてありがたみを知る。

すべて、現在が当たり前と思っている自分があり、毎日の退屈さをまぎらわすため、山に行き、自動車を走らせ、裏の畑に種をまく、、、、、これが出来なくなって「あんときゃよかった」って言うんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月28日 (木)

猫柳膨らむ

Img_2424


”春に二日の晴れ間なし”とはよく言ったもので、天気予報をみても、ここしばらくはその時期に入ったようだ。

昨日も麻機の野良道をあるけば、猫やなぎの花芽も膨らみその薄い毛羽立った穂先は暖かな熱を吸い込み今にも弾けそうに見えた。

近くの藪からはウグイスのつたない初音も聞くことが出来、もう以前のような冷え込みは無いと教えてくれているような気がする。

この冬は暖かかったようで、暖房の灯油はいままでのところ18Lタンク六本使ったのみである。

.

今日BSテレビの「英雄たちの選択」で飛騨の百姓一揆を取り上げていた。

十九年にわたる幕府代官の悪政と闘って多数の犠牲者を出した大原騒動の顛末を最終的に百姓の勝利としたが、実際にはこの問題の発端になった検地で増えた増税はその後も続いていくことになる。

幕府は検地を行なった大原代官とその息子を処罰することで果実はそのままにして百姓を納得させてしまったのは、なんだか今の政治にもそんぐり当てはまるような気がしてならない。

飛騨ではこのあと明治維新に伴って派遣された知事を追放した梅村騒動もあり、飛騨人の根底にはその気風が流れている。

一言で言えばお上に対する反抗心ともいうべき心構えであり、ある母親が子供にたいして「もう少し会社の中で上手に立ち回れんのかね」といったところ、「じいちゃんがあんな人で、父ちゃんがこんなんやろ、どうして俺だけがそんな風になれるんやろか」って答えたそうだ。

飛騨の百姓の頑固でネジベエはいまにつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

見てござる

Img_0011


春は名のみの風の寒さよ、、、と言う時期なのに今日も暖かい一日であった。

天気予報はここしばらく暖かい日が続くとのことであったが、気温は陽だまりに行くと二十度越えとなり、春真っ盛りと言った様子である。

そんななか遊水地で掘削した水溜りにカモが何羽か集まり居眠りの最中であったが、さすが野生動物、犬や猫ののように眠りこけてはいないようで、自分の気配に感じたようで動きはしないものの目を開けてこちらの様子を探っていた。

鳥の種類はヒドリガモかマガモみたいだが、いずれもオスではないようだ。

この時期になるとペアが出来て、雌の周りにべったりと雄が付きまとっていると思っていたが、、、、、カモの世界でも晩婚化が進んでいるのだろうか。

これだけは「生めよ増やせよ」と号令をかけても無理なようだ。

.

.

a先日知り合いの山で甘夏を食べたところ、しっかり甘味がはいてt収穫できるほどになっていたので15kgほど収穫し弟のところに送ろうと宅急便会社に持ち込んだ。

そのとき受けつけがいつものように「Tカードはお持ちですか?」と聞いてきたので「使いません」と答えた。

いま、かなりの範囲でTカードが使用されているようで、自分もガソリンの現金カードがTカードになっているが、これも使わないようにしている。

先日の報道によるとTカードの仕様履歴は警察がいえば簡単に見せてしまうとのことだったのでこのようなな処置をすることにしたのだが、、、、、、

およそ、購買履歴を含めて、住所生年月日など個人情報の入ったものを安易に見せてしまうと言うのはどういうことなんだろうか。

自分の個人情報としては犯罪に関係していることも無いので見られて困ることはないが、街中の防犯カメラといいカード情報と言いなんだか日本が監視社会化してきたようで不気味で仕様がないのだが、、、、、

そこで、ささやかながら抵抗してみることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

お見合い?

Img_0024


時折ポツリポツリと降る雨は気にならないのだが、何時降り出すかという思いから傘を持っての散歩となった。

天気予報は関東地方に雪が降っているというが、静岡は最低気温が4度くらいだったとか、、、、、、一番雪を見たがっている静岡人にはまたしても見る機会がなかったようだ。

そんななか麻機遊水地のほとりでは、ダイサギ二羽が寄り添ってディートを楽しんでいた。

雄雌の区別は出来ないが春に向けてお見合いなんだろうか。

.

史上最強クラスの寒波が北日本のほうに来ているとのことだったが、その放送の中で北海道の留萌でマイナス13.5度だといっていた。

ウソだろう。自分が体験した最低気温は飛騨神岡でマイナス20度というのがあるが、寒暖計で確認できたものなので、もっと寒く感じた経験がある。

マイナス20度の世界とは、息を吸い込むと鼻毛が凍り息を吸い込むとき蓋をしたような感じがする。

飛騨でさえそうなら北海道はもっと寒い気温が確認されていて当たり前と思っている。

その伝からいうと留萌の13,5度は何も驚く数字ではないはずなんだが、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

辛夷咲くあの丘

Img_0014


最低気温が五度だったから、氷雨と言うほどの冷たい雨ではなかったが曇り空のせいでいつまでも暗い朝になり、体感温度も寒々とした感じで温度計よりも低く感じてしまった。

その雨も午後の三時過ぎには青空が見えてくると気温は十六度にも達し、家の中でごろごろと過ごしていて気が滅入ってきていたので散歩に出かけた。

行くさきは例によって麻機田んぼの先、遊水地の高台である。

ここには早咲きの辛夷があり、今ごろになると毛で包まれた鞘を脱ぎ捨てて白い花が咲き出しているからである。

行ってみると予想にたがわず咲き出しており、朝昼とワイドショーで見たいやな世の中のことを忘れさせてくれる。

休憩も入れて一時間半の散歩は精神衛生によい効果があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

霧たち上り

Img_0036


個の冬一番ではないと思うが厳しい寒さの朝であった。

遊水地にするため新たに掘削した池に浮かんだカモたちが、水と気温の差で発生した霧の中にもやっていた。

そんなに大きくない池だが対岸に茂っているはずの草っ原が見えないところを見るとかなり濃い霧である。

ここしばらく雨らしい雨も降らず、湿度も2~30%と砂漠並みに乾燥した中にあってこう言う霧はなんだか喉の奥に染み渡るような気がして、寒さより潤いのほうに気が向いてしまった。

.

.

先日の新聞などによるとTカードの買い物情報が警察の要望があれば開示していると言う話しだった。

いままで、この種の情報は裁判所の許可が要ると聞いていたし、そのつもりであったがこのカードを扱っている会社は積極的に応じているとのことであり、今後、協約に大きく明記するとのことである。

Tカードはかなり大きなシェアー持っているそうでその数6,000万枚とかこれと街角の沢山あるカメラと組み合わせれば、警察は膨大な資料を持つことになり、日本も監視社会になっていると言わざるを得ない。

別に悪いことをしなければ関係ないといわれるかもしれないが、国情の変化があれば恐ろしい国になりかない要素が多分にある。

そう思って沢山あるカードを調べてみたら、ガソリン購入の際に使うカードにTマークが付いていた。

このカードでよくガソリンを入れていたが、ポイントがどれだけ溜まったのかなんの音沙汰もないので知らない。

とにかく、このカードを廃棄するか、使用は出来るだけ控えることにしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧