2022年5月11日 (水)

過ぎたるは

Img_3103-2

庭のニオイバンマツリが咲き出し芳香を振りまいている。

いまはまだ数が少ないので芳香だが、全盛期になると芳香を通り越して悪臭になりかねない。

エレベーター内で香水をつけすぎた人と同じである。

とはいえ、花の盛りは短くて一週間くらいが山場でなかろうか。

後はけろりと何事もなかったかのように、、、、、、、

 

岐阜県選出の元国会議員山下八州夫が新幹線をほかの代議士の名前を使いただ乗りして捕まった。

なんとも情けないことである。

彼は、元社会党代議士であった楯兼三郎の秘書をしているとき自分は労働組合の専従のとき会ったことがあるが、自分より年下ながら温厚そうな人柄と正義感も相まって好感を感じていた。

その後、自分が静岡に来てから楯代議士から地盤を受け継ぎ国会議員に選ばれたそうで聞けば衆議院議員4期、参議院議員3期とかをこなした大ベテランとなっていたようだ。

その彼が逮捕された時の言い分が「むかしが懐かしくて」と言ったとか。

永田町の常識は世間の非常識といわれているが、長い間国会議員をやっていればみんなこんな風になってしまうようだ。

こんな風になれば国民の声なんか届かなくなるのは当たり前のことと思う。

岐阜県選出の元大物代議士に大野伴睦という人がいたが、彼の名言の一つに「サルは木から落ちてもサルだが、国会議員は落選すればただの人になる」というのがあるが国会議員を一度したことがある人は、特権待遇を受けたことでその座を必死になって持ちこたえようとする。

 

ちなみに、この伴睦さんであるが、岐阜羽島駅に銅像(?)が立っているが、これは新幹線のルートを捻じ曲げて岐阜羽島駅を作った功績によるものであり、同じように、東名高速道路を捻じ曲げて、静岡県吉田町の自宅近所にインターを作ったのが、大石千八さんであると言われており、銅像こそ立っていないが代議士になるとこんなこともできる見本だと言われている。

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

アヤメ

Img_0029_20220418211301

全国的にはあったかい春の日差しを受けているようだが、どうしたことは静岡を中心にここいら一帯だけ日差しがなく小雨が降り続いていて、今日で四日間日差しがゼロである。

先日までが暑かったせいもあるが日差しがないというだけで肌寒さを感じ、しまった石油ストーブを出そうかとも考えたがエアコンの暖房で我慢することにした。

ちょっとしたSDOgといったところか、、、、

人間の体感温度は低いが、自然界はそうでもないようで田んぼの周りにはアヤメの花が咲きだしていた。

いずれがアヤメかカキツバタというようになかなか区別がつきにくいが、西洋流にアイリスで一緒くたにしてしまうのもちょっと味気ない。

最低限の区別として、花びらの付け根に文目(綾目)があるのを目安としている。

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

春色一色

Img_2820-2

暖ったかさを通りこして熱いくらいの一日になった。

麻機沼もすっか新鮮な黄緑色の衣装に着替えをして春色一色になった。

午前中は裏の畠に里芋を植えてきたが、二時間が精いっぱいで立ち眩みを起こしそうになったので、展望台に水筒を持っていき麻機沼をボーッと見わたした。

沼を吹き渡る風に身を任していると瞼が重くなる、、、、

ウクライナの人やミャンマーの人たちには申し訳ないが、すべてを無にして過ごせるありがたさ、、、、

 

 

| | コメント (0)

2022年3月31日 (木)

キジ

Img_2815

近くの田んぼでキジのなく声がした。

目を凝らしてようやく見えたのが蓮華畑に潜むちっぱな雄である。

こんな派手な色をしているのに、なかなか見つからないのはどうしてなんだろう。

それにしても、人間なら化粧という方法でその人の個性が出せるのだが生まれついてのこの配色、お相手になるメスとしてはどこに魅力を感じて受け入れるのだろうか。

そんなことを思いながら、雌の近寄るのを待ったがその傾向はぜ~んぜん

こちらに気づいたこのキジはそそくさと草の繁みに姿を消した。

| | コメント (2)

2022年3月22日 (火)

三角関係

Img_0028-13

冷たい雨の降る一日にだったため、もういらないと思っていた石油ストーブの燃料を買いに行った。

どうかこれが今季最後の灯油であることを願って、、、、、、

この時期一番困るのは、夏日と冬日が交互に来ることである。

夏の装いと冬の厚着を繰り返すのだが、重ね着で補えるものではないため、両方を箪笥から引っ張り出しているため家の中がシッチャかメッチャかになり叱られる。

 

裏の麻機沼では、あれほどいたカモ類の冬鳥も繁殖地の北国に帰って行ったようでガラ~ンとしていた。

そんななか、向こうの方から三羽のヒドリガモが近寄ってきたが、人間を見てきたのではなく番いを求めて雄同士がメスを中に挟んでの争いに夢中になってのことのようだった。

伴侶がいなければ故郷に帰っても仕様がないとでも思ってのことだろうか。

むかしの自分たちの若いころを思い出してしまった。

 

 

| | コメント (0)

2022年3月17日 (木)

山に来た 里に来た

Img_0030-13

春が来た春が来た どこに来た

  山に来た里に来た 野にも来た

童謡の歌詞そのままの情景が麻機沼に出現していた。

黄色い花は雑草化した辛子菜の花で、その上には薄緑に萌え出てきた柳の花と葉っぱ。

少し強めの風が薄いコートを突き抜け、肌に心地よく感じる。

 

一昨日の夜、なんだか揺れている夢を見て、明日の朝テレビで確かめようとふたたび眠りに入ったが、朝すっかり忘れていて調べもすることもなく忘れていた。

しかし、テレビも新聞も何も言わなかったようだから、あれは地震ではなかったようだ。

おして、昨夜11時半ころ地震があり、静岡県でも震度4のゆれがあったそうだが、寝入りばなだったかもしれないが全然知らずにいた。

どうやら震源地も近いことから、11年前の東北地震の余震ではないかと言われている。

余震というには期間が離れているという人もいたが、地球45億年からするとほとんどわずかな差であるという。

人間わずか50年からいうと10年は大きいのだが、、、、

 

| | コメント (0)

2022年2月24日 (木)

花に囲まれて

Img_0035-9

五分咲き程度だと思うが、紅梅に囲まれて狛犬が喜んでいるように見える。

梅の花は開花期間が比較的長く、古来日本人から好かれてきたが、近世になってソメイヨシノの華やかさに王座を奪われてしまった感がある。

ともあれ、濃い桃色の花は艶やかさでは、ソメイヨシノを圧倒する色気がある。

 

ついに、ロシアがウクライナに侵攻を始めた模様である。

戦を始めるには自国民に向かって大義名分を説明する必要があるのだが、「もともとロシアとウクライナは同じ民族である」というものもあるようだ。

かってドイツがオーストリアを併合した時も同じ言葉を使ったようだが、この時も国際連盟に加入していた欧米各国は言葉で非難したものの手出しをすることなく第二次世界大戦に突き進んでいったが、今回はどうだろう。

第三次世界大戦ともなると、大量殺人兵器の桁が違うだけにその犠牲者の数もけた外れになりそうだ。

プーチンの昔の夢(旧ソ連)を実現するために犠牲になる人はたまったものではない。

新聞では、ウクライナの首都に攻め込んで現政権を崩壊させるのが目的だそうだが、プラハの春の時のように一時は占拠できても人の心までは抑え込めない。

そして、これを見過ごせば、中国も同じことを始めそうだが、国連の安保理はこうした際には何の力もないことが分かった。

 

| | コメント (0)

2022年2月18日 (金)

柳にうっすらと

Img_0008_20220218212901

麻機から望んだ北の方角に新東名の高架がが見える。

そして、手前の高架は新東名のインターに通じる取付け道路である。

写真では平行に走っているかのように見えるが、取り付け道路はおおきく右のカーブを取ってトンネルをくぐった先にあり、自動車で5分とはかからない距離にある。

先日の雨に誘われたのか、手前の柳の木の先端がわずかながら若緑に染まりだしたのが春の兆しと見えて、寒い風の中でも温かみを感じてしまった。

それにしても、今年は例年より少し遅めの春になるようだ。

 

一月十七日から郵貯までもが硬貨の出し入れに使用料を取るようになって、硬貨をたくさん扱う神社や小売店などが困っているそうだ。

日銀の低金利が長く続いている中で、金融業は採算を合わすためとしているが、流れをキャッシュレスに持っていきたいための方策ともとられかねない動きである。

しかし、神社のお賽銭に紙幣を放り込むほど個人的には儲かっていない人も多く、静岡で見る限り地方銀行や信用金庫などは儲けているように見られる。

「笑ってにこにこ現金払い」がモットーの自分としては、なるべく小銭をためないようにしているので、当分というか生きている限りこの方法を続けたいと思っている。

 

 

 

| | コメント (2)

2022年2月 9日 (水)

ちらほらと

Img_0020-12

河津さくらがちらほらと咲き出した。

本家河津町の桜まつりは始まっているそうだが、まだ新聞にはどんな状況かの報道はない。

ソメイヨシノにくらべれば幾分ピンクの度合いが強いものの、緋寒桜や冬桜に比べれば花の大きさや色合いは春が来たという感じを強くさせる。

 

コロナ禍の中、外食はなかなかしづらいものがあるが、あまり内にこもっているのも何なんだし連れを散歩に引っ張り出した後大衆食堂に寄ってみた。

おもにラーメンを主にしたチェン店だったが、結構人が入っていてみんな同様なんだなと思ってしまった。

注文の後、食事が出てくるまでマスクはしたままでいたが、そうなると話しもしづらいし手持ちぶたさに先客の食事風景を見るともなしに目が行くと、若い夫婦の握り箸を見てしまい「ここにもいた」と思い幻滅を感じてしまった。

最近、ユーチューブなんかで見ると外人が結構正常な箸の使い方しているのに、日本人で箸の使い方がなっていない人を見かけることが多い。

自慢するわけではない、ごく当たり前の箸の持ち方は親指と人差し指そして中指の三本で鉛筆を持つようにつまみ、もう一本は親指の付け根から薬指にかけて固定して使うものだが、誰に教えてもらったという覚えはない。

「箸の上げ下ろしにもうるさい」とはむかし、姑が憎い嫁に些細な事にも文句をつけたことから言われて言葉だが、日本には食事中の箸の使い方にもいろいろと見苦しいと注文を付けた。

映画なんかでよくやる茶碗を口に当て搔き込んでた食べる搔き込み箸をはじめ寄せ箸、指箸、叩き箸、突っ立て箸 等々何十種類もあるがそのすべてを知っているかと言われると自信がないが、それぞれ意味あってのことでお向かいさんを不快にしてはいけないということから始まって言っている。

 

しかしこの調子ではいずれの日にか外人さんに笑われる時代が来そうである。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年1月18日 (火)

重いコートが脱げない

Img_0037_20220118210401

重いコート脱いで出かけませんか

      もうすぐは~るですね

 

そんな歌があったよな。

麻機の一角に樹齢30年を優に越したこぶしの木があり、毎年見に行っている。

しかし、今日の冷たくて強い西風に会い、毛羽だった花鞘を少し脱ぎ掛けたものの迷っている風に見えた。

 

オミクロン株の急速な拡大により、感染者は3,2万人越えとこれまでの最高値を6,000人も更新したそうで、静岡でも昨日までの二日間は400人台だったが今日は600人越えになってしまった。

この調子だと重傷者も増えていき危機的状況に再びなってしまうのは明らかであろう。

先日来全豪オープンでテニス界一のジョコビッチ選手がコロナ対策を取らないとして、オーストラリア政府は入国拒否した。

テニスフアンと出身国セルビアは反発しているそうだが、「ルールに例外を認めず」とする方針を貫いた。

もし日本国ならどうだったのだろうか。

オリンピック時のバッハ会長に対する態度から見て、強いもにはなびいてしまい忖度をモットーにし、特例の処置をとった可能性が強いような気がしてならない。

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧